Zバッファ

元システムエンジニア(SE)でファイナンシャルプランナーの管理人がおくるiPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

LUMIX CM10購入使用レビュー 1インチ大型センサー搭載SIMフリーAndroidスマホ 

高級コンパクトデジタルカメラに搭載されるのと同じ1インチという大型センサーを搭載したパナソニックのSIMフリーAndroidスマートフォン「LUMIX CM10」が2月25日に発売されたので、早速購入しました。

パナソニック LUMIX DMC-CM10開封の儀

届いたLUMIX CM10の化粧箱、LUMIXのロゴが光の当て具合によって色合いが変わるようになっています。

カッコイイです。。

パナソニックLUMIX DMC-CM10化粧箱

LUMIX DMC-CM10化粧箱

OSとしてAndroid5が搭載されたSIMフリー端末なのですが、化粧箱にはデジタルカメラと書かれています。

箱の中身は本体以外にUSB-ACアダプターと取扱説明書。

パナソニックLUMIX DMC-CM10一式

本体のデザインは先代のCM1を踏襲した感じになっていて、ライカの高性能単焦点レンズを搭載しています。

パナソニックLUMIX DMC-CM10本体

LUMIX DMC-CM10はSIMフリースマホということもあって、最初からいくつかのMVNO会社のAPN設定が登録されています。

パナソニックLUMIX DMC-CM10APNプリセット

プリセットとしてAPNが登録されているのはIIJmio,b-mobileとパナソニックのSIMです。

パナソニック LUMIX DMC-CM10のスペック

CM10の主なスペックは以下の通りです。

  • 撮影素子:1.0型 総画素数2090万画素 高感度MOSセンサー
  • レンズ:5群6枚 (非球面6面3枚) LEICA DC ELMARIT
    f=10.2mm (35mm 判換算: 28mm) / F値 2.8
  • ISO感度:オート / i.ISO / 125-12800 / 拡張ISO100 / 25600
  • ディスプレイ:4.7型 フルHD
  • 画像フィアル:JPEG(DCF/Exif 2.3準拠) / RAW
  • OS:Android 5.0 Lollipop
  • CPU:クアルコム Snapdragon 801 2.3GHz(クアッドコア)
  • メモリ:2GB
  • 重量:約203g
  • 拡張記録メディア:microSDXC、microSDHC、microSD
  • 内部メモリ:16GB

panasonic.jp

 

LUMIX DMC-CM10の特徴

パナソニックのミラーレス一眼カメラに使用されているライカの「DCエルマリートレンズ」を採用した単焦点レンズと、高級コンパクトデジタルカメラ並の1型大型センサーを搭載して高級コンパクトデジタルカメラ並の写真を撮影できつつ、LTE通信に対応したSIMフリー端末なので、高画質の写真を即座に格安SIMを使ってSNSにアップロードすることが出来るのが最大の特徴です。

最近の高級コンパクトデジタルカメラにはWi-Fi機能が搭載されていますが、これだと一旦デジカメからスマホに写真を転送して、そこからSNSなどのネットにアップするという手間が発生します。

それが、LUMIX DMC-CM10だとAndroidスマホなので、その場でインスタグラムやフェイスブック、Twitterなどにアップできます。

デジカメのような使い勝手

LUMIX DMC-CM10はLTEに対応したSIMフリー端末ですが、カメラでの撮影についての操作性でいえば、デジカメのような使い勝手となっています。

通常のスマートフォンだと、カメラアプリを起動して撮影するという流れですが、DMC-CM10の場合は、CAMERAスイッチをスライドすると、レンズが飛び出して撮影モードになるので、すぐに写真が撮れます。

CAMERAスイッチの横のボタンがシャッターボタンになります。

パナソニックLUMIX DMC-CM10のカメラボタン

背面にあるライカレンズは通常↓のようになっていますが、

1インチセンサーAndroidスマホCM10

先ほどのCAMERAスイッチをスライドさせるとデジカメのようにレンズが少し飛び出します。

1インチセンサーとライカレンズ搭載のAndroidスマホCM10

もう一度CAMERAスイッチをスライドさせるとレンズが収納されます。

AndroidスマホCM10の説明図

出典:日経PC21

豊富な撮影モードと4K動画撮影、RAW撮影

撮影モードにすると、ディスプレイには下のような画面が表示されます。

1インチセンサーAndroidスマホCM10のカメラアプリ画面

一部機能については、レンズのところにあるコントロールリングを回すことで調節できるようになっていて、これはデジカメのような操作性となっています。

AndroidスマホCM10コントロールリング

記録フォーマットは初期値としてはJPEGになっていますが、RAWでの記録も可能です。

AndroidスマホCM10ではRAW撮影可

4K動画も撮影可能です。内部容量が16GBしかないので、動画撮影する場合はSDカードを用意しましょう。

AndroidスマホCM10では4K動画撮影可能

4K動画を撮影していると本体の温度が上昇しますが、ある一定以上の温度まで上昇するとカメラアプリが終了となります。

HDR撮影機能も用意されています。

AndroidスマホCM10 HDR撮影

価格がネックか

旅行や日々の外出でスマホカメラを良く使う人にとっては、高画質で写真をとって、ネットにアップしたいというニーズはあると思います。

しかし、LUMIX CM10は現状9万円以上するので中々気軽に購入できる端末ではありません。

ただ、高級コンパクトデジタルカメラをスマホとは別に買うような方ならば、高級コンパクトデジタルカメラのかわりにCM10を購入することを検討してもいいのかなと思います。

個人的にはASUSのZenFone Zoomのような光学ズームも可能な端末も出してもらえたら、高級コンパクトデジタルカメラのかわりに使えるのになと思うのですが・・

www.zbuffer3dp.com