Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

エポスカードを5年以上利用して感じたメリットとデメリット

エポスカード

エポスカード

丸井が発行するクレジットカードで、赤いカードでお馴染みのエポスカード。

私もカードを作ってからもう10年以上経っていて、今はゴールドカードの方を利用しています。

今回は、そんなエポスカードについて、メリットとデメリットをまとめてみましたので、これから作ってみようと思っている方や、作ってみたけど、放置してしまっている方なんかに改めてどういう特徴があるのかを理解してもらえるきっかけになればなと思っています。

エポスカードの基本情報

まずは、エポスカードの基本情報をおさらいしておきます。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:あり
  • 電子マネーへのチャージ:あり

エポスカードは、初年度だけでなく2年目以降も年会費が0円のクレジットカードです。

クレジットカード払いした額に対して0.5%分がポイントとして貯まるので還元率は基本0.5%となります。

エポスカードのメリット

ここからはエポスカードのメリットについて紹介していきます。

マルイをはじめとした丸井グループ店で10%割引

マルイやモディでは年に4回エポスカード保有者限定のセールを行っています。

セールの内容としては、EPOSカードで支払うと商品代金から10%割引が行われるというもので、非常に人気があります。

人気がある理由として、マルイやモディ店舗内にあるユニクロや無印良品といった人気ファストファッション店でのショッピングでも10%オフとなるからです。

www.zbuffer3dp.com

www.zbuffer3dp.com

年会費無料のゴールドカード

エポスカードには、上位ステータスカードとしてゴールドカードとプラチナカードがあります。

その中でも国内と海外の空港ラウンジが利用できるゴールドカードは、一般的には年会費が有料ですが、なんとエポスゴールドカードは年会費無料で持つ事が出来ます。

それも初年度だけでなく、永年無料でゴールドカードを持つことが出来るのです。

 

ただ、エポスゴールドカードの年会費を永年無料で作るためには条件があり、それは、インビテーション(招待)を受ける必要があることです。

エポスゴールドカードへのインビテーションを受けるには、エポスカードを保有していて、一定金額を利用する必要があります。

私の場合は、一ヶ月間に30万円以上利用した途端にインビテーションが送られてきました。

www.zbuffer3dp.com

インビテーションが送られてくる条件は公表されていませんが、エポスカードを長年利用していて、30万円以上利用した人や、年間で50万円から100万円程度利用した人に送られてくることが多いです。

 

尚、インビテーションを受けなくてもエポスゴールドカードは、年会費を永年無料に出来ます。

それは、エポスゴールドカードをいきなり作って、年間で50万円以上利用することです。

初年度だけ5000円の年会費が発生しますが、次年度以降の年会費は無料となります。

インビテーションを受けるまで待っていられないという人は、いきなりゴールドカードを作って、年間で50万円以上利用してしまうという方法もありです。

エポスゴールドカードのメリット

エポスゴールドカードとエポスカードで大きな違いとして、以下の5点が挙げられます。

  1. 空港ラウンジが無料で利用できる
  2. ポイントの有効期限が無くなる
  3. 自分で指定した利用において還元率を3倍の1.5%に上げることができる
  4. 年間利用額に応じてボーナスポイントが貰える
  5. 保険金額のアップ

兎にも角にも、年会費無料のゴールドカードでこれだけの特典を受けられるので、お得度が半端ないです。

家族カードも無料で作れてしまう太っ腹

そんなお得度が半端ないエポスゴールドカードですが、最近になって、更にオトクなサービスが始まりました。

それが、エポスファミリーゴールドです。

 

これは、家族内で一人エポスゴールドカードを持っていれば、二等親以内の親族に対して、年会費無料のゴールドカードを新たに発行できるというものです。

これまで空港ラウンジを無料で利用しようとすると、ゴールドカードを持っている自分一人だけしか無料で利用出来ませんでしたが、家族向けのゴールドカードを発行することで、家族みんなで空港ラウンジを無料で利用できるようになります。 

投資信託の購入でもポイント還元

丸井グループが新たに設立したtsumiki証券を利用すると、投資信託の購入がクレジットカードで可能となります。

www.zbuffer3dp.com

日本国内でクレジットカードを利用した投資信託の購入はtsumiki証券が初めてです。

クレジットカードを利用するので、当然ですが、投資額に対してポイント還元があります。

ポイント還元がある分だけ、現金で投資するよりもお得になります。

tsumiki証券で利用できるクレジットカードは、エポスカードに限定されるので、そういった意味でもエポスカードを持つメリットとなります。

ロイヤルホストなど多種多様な割引優待制度

エポスカードでロイヤルホストが5%割引になる

エポスカードでロイヤルホストが5%割引になる

エポスカードの特徴の1つとして多種多様な割引優待制度があります。

特に人気が高いのがロイヤルホストの会計時にエポスカードを提示することで、飲食代合計額から5%割引になる優待です。

ただ、このロイヤルホストの優待については、残念ながら2018年9月30日で終了となってしまいます。

 

しかし、これ以外にもマックやファーストキッチンなどファーストフード店での割引は引き続きあります。

エポスカードでファーストキッチンの代金が10%オフ

エポスカードでファーストキッチンの代金が10%オフ

エポスカードでの優待が利用できる店舗と利用できない店舗があるので、詳細は、エポスカード発行後に確認してみてください。

エポスカード 公式サイトへ

また、飲食だけでなく、映画館のチケットが300円割引になる特典もあります。

エポスカードなら川崎チネチッタの映画館が300円割引

エポスカードなら川崎チネチッタの映画館が300円割引

更に、サンシャイン水族館や江ノ島水族館、横浜・八景島シーパラダイスなどの割引も充実しています。

エポスカードの利用でサンシャイン水族館が割引

エポスカードの利用でサンシャイン水族館が割引

 

貯まったポイントが使いやすい

エポスカードの利用で貯まったエポスポイントは、1ポイント1円として利用できます。

別途エポスVISAプリペイドカードを作ると、エポスポイントを1ポイントからチャージして利用することが出来ますし、Amazonギフト券にも1ポイントから交換できます。

www.eposcard.co.jp

クレジットカードによっては、ポイントの利用に最低交換ポイント数が決められているなどして使い勝手が悪いカードもありますが、エポスポイントなら1ポイントから利用可能なので使いやすいです。

※一部は500ポイント以上でないと利用できません。 

珍しい後払い方式のバーチャルカードが作れる

バーチャルカードというものをご存知でしょうか?

実際のカードが発行されるわけではなく、仮想のクレジットカードという物になります。

これはエポスカードだけが独自に発行しているのではなく、他にもライフカードのVプリカや楽天カードの楽天バーチャルカードなどがあります。 

www.zbuffer3dp.com

ただ、これらとエポスバーチャルカードが異なる点があります。

それは、他のバーチャルカードが事前にチャージして利用する方式なのに対して、エポスバーチャルカードは、通常のクレジットカード同様に後払い方式なのです。

 

Vプリカや楽天バーチャルカードは、新しいバーチャルカードを発行する度に、チャージが必要となりますが、エポスバーチャルカードは不要なので、気兼ねなく使い捨てのクレジットカードを作れます。

使い捨てのクレジットカードを作れるので、信頼性が低いサイトでの利用に適しています。

エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカード

因みに、ここでは触れませんが、このエポスバーチャルカードを利用することで、色んな裏技を利用することが出来ます。

このようなエポスバーチャルカードをエポスカード保有者は作ることが出来ます。

年会費無料では珍しい海外旅行傷害保険が自動付帯

年会費無料のクレジットカードでも、海外旅行傷害保険が付いているカードはありますが、その殆どが利用付帯で自動付帯となっているカードは少ないです。

利用付帯のクレカは、旅行代金をそのクレカで支払っていないと保険が適用されませんが、自動付帯のクレカは、クレジットカードを持っているだけで、保険として利用できます。

因みに、年会費無料のクレジットカードで、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険が充実しているのは、横浜インビテーションカード(ハマカード)です。

横浜に関係無いと作れないと思ってしまうかもしれませんが、誰でも作れるクレジットカードです。

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード

 

保証人不要で家賃を支払えてポイントも貯まる

エポスカードで家賃が払えて保証人不要

エポスカードで家賃が払えて保証人不要

住むところを賃貸契約する際に、面倒なのが保証人の手続きです。

私の場合、社会人になったときには既に親が定年を過ぎて働いていなかったので保証人にすることが出来ませんでした。

そういった時に役立つのが、保証人不要のサービスや、保証会社を利用する方法です。

エポスカード保有者であれば、保証人不要で賃貸契約をすることが出来る「ROOM iD」というサービスを利用できます。

また、家賃をエポスカードで支払うことが出来るので、ポイントもどんどん貯まって口座振替で支払うよりもお得です。

エポスカード|保証人おまかせプランROOM iD|ROOM iD おすすめポイント

 

Amazonなど特定ネットショッピング利用時はポイント2倍以上

たまるマーケットを利用するとAmazon利用時のポイント還元が2倍に

たまるマーケットを利用するとAmazon利用時のポイント還元が2倍に

エポスカードのマイページにログインして利用できる「たまるマーケット」というサービスを利用して、Amazonで買い物をすると、通常のポイント以外にボーナスポイントが付きます。

そのため、通常はポイント還元率0.5%ですが、Amazonでの利用時は1%にすることが出来ます。

これは、Amazonに限った話ではなく、他のネットショップでも同様です。

たまるマーケットを経由するとエポスポイントがUP

たまるマーケットを経由するとエポスポイントがUP

例えば、家電量販店のノジマを利用すると、還元率は2.5%以上にもなります。

ノジマでのポイント還元率は2.5%にもなります

ノジマでのポイント還元率は2.5%にもなります

 

エポスカードのデメリット

ここまでエポスカードのメリットを紹介してきましたが、もちろんメリットばかりではありません。

年会費無料のクレジットカードなので、他のクレジットカードに比べて劣る部分もあります。

ポイント還元率が少し低い

エポスカードの通常還元率は0.5%です。

年会費無料のクレジットカードでもリクルートカードREX CARDは還元率が1.2%にもなりますから、見劣りしてしまいます。

 

個人的には、エポスカードは、ゴールドカード狙いで利用するものと思っています。

エポスゴールドカードをインビテーションで手に入れるまで利用し、それ以降は、リクルートカードなどと併用するのが良いでしょう。

 

尚、還元率2%で人気のプリペイドカード「Kyash」の自動チャージとしてエポスカードを設定しておくことで、還元率は大幅に改善できます。

www.zbuffer3dp.com

 国内旅行傷害保険が無い

 エポスカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯なっている点がメリットなのですが、国内旅行傷害保険については、利用付帯でも付いていません。

そのため、国内旅行傷害保険については、他の年会費無料のクレジットカードで補いましょう。

先程紹介した横浜インビテーションカードでも良いですし、年会費無料で還元率が1.2%を超えるリクルートカードやレックスカードも良いですね。

 

エポスカードに関するまとめ

エポスカードに関するメリットとデメリットを解説してきましたが、還元率を除けばかなりお勧めできる年会費無料のクレジットカードです。

特に年4回ある10%割引のセールを利用できる点や、年4回ゴールドカードを入手できる点は利用しない方が損だと思っています。

まずは、インビテーションを受けられるように一年はメインカードとして使ってみるのをお勧めしますよ。

THEO(テオ)を利用した運用実績と個人的な評価

各証券会社がフィンテックのサービスとして力を入れているのがロボアドバイザーです。

そんなロボアドバイザーで人気なのがTHEO(テオ)です。

 

私自身THEOを利用していまして、毎月1万円を積立投資しながら運用をしているのですが、他のロボアドバイザーに比べて何が優れていて、何が劣っているのか、実際に利用している身として感じたことをこのブログでお届けし、これから利用してみようとしている方の参考になればと思います。

 

実際に運用して感じたこと

THEOは長期投資を目的としたサービスなので僅か数ヶ月ちょっとの実績でどうこういえるものではありませんが、参考までに私のTHEOでの運用実績を公開していきたいと思います。

運用実績について

THEOの運用実績は、スマホアプリ(iPhoneの場合)とWebサイト上で下図のように見ることができます。

肝心の運用実績ですが、市況が悪化していることもあってドルベースでマイナス4.79%となっています。

THEOでの運用実績

THEOでの運用実績

この運用実績に対して、THEOの競合であるWealthNaviの方はどうでしょうか? 

www.zbuffer3dp.com

こちらも同じくドルベースで見ると、マイナスの7%となっていてテオよりもマイナス幅が2%以上大きくなっています。

WealthNaviの運用実績

WealthNaviの運用実績

どちらも運用指針の設定によって違いは多少出てきますが、概ねTHEOの方が下落局面に強い印象を受けます。

 

なお、上記グラフで急降下している部分は、THEOとの運用実績を比較するために一旦WealthNaviで保有していたETFを全て売却したためです。

www.zbuffer3dp.com

運用実績について、少し補足するとTHEOとWealthNaviは共に海外ETFへ投資するため、為替の影響を受けます。

ここ最近は若干円安傾向にあるため、日本円で算出した運用実績はドルベースでの評価よりもマイナス幅は小さくなっています。

 

手数料について

ロボアドバイザーを利用する上で気になるのが手数料です。

THEOの手数料はどうなっているかというと、資産運用している額に対して年率で1%という標準的な手数料体系となっています。 

www.zbuffer3dp.com

これは例えば、10万円投資している場合だと、1年間で1000円の手数料が徴収されることを意味します。

手数料は1年に1回徴収されるわけではなく月に1回、月初に徴収されます。

THEOから毎月運用報酬という名目で手数料が引かれます

THEOから毎月運用報酬という名目で手数料が引かれます

 

ウェルスナビと異なるETFのポートフォリオ

私の場合、THEOの他にWealthNaviでも運用しているのですが、THEOとWealthNaviではETFのポートフォリオが異なります。

 

ポートフォリオは、各利用者の運用方針によっても変わりますが、投資するETFの銘柄に大きな違いはありません。

 

WealthNaviのポートフォリオを確認してみると、VTIやVWOといった運用資産規模が巨大なバンガードのETFへと投資しています。

ウェルスナビで投資するETFのポートフォリオ

ウェルスナビで投資するETFのポートフォリオ

これに対してTHEOのポートフォリオを見てみると、大分異なります。

 

WealthNavi同様にバンガードのETFへと多く投資しているのは同じなのですが、VOEのように大型株ではなく中小型株銘柄へ投資するETFだったり、VTVのように大型株銘柄の中でも割安と判断されるような銘柄に投資するETFが採用されています。

THEOが投資する株式ETF

THEOが投資する株式ETF

また、WealthNaviとは異なってiシェアーズのETFへも投資しています。

特に異なるのが、台湾やインドといった新興国については、WealthNaviでは新興国全体へと投資するVWOというETFへ投資していたのに対して、THEOでは個別の新興国へと投資するETFを採用しています。

 

ポートフォリオに採用するETFはWealthNaviと異なりますが、双方ともに株式だけでなく、債権や金・銀といったコモディティ関連銘柄へと投資するETFも組み込んでいます。

テオが投資する債権ETF

テオが投資する債権ETF

後、WealthNaviでは不動産投資信託、即ちREITのETFにも投資しているのですが、テオでは今の所そういったETFがポートフォリオには組み込まれていません。

THEOが投資するコモディティETF

THEOが投資するコモディティETF

 このようにTHEOもWealthNaviも海外ETFを使って資産運用するという点では共通ですが、ETFの銘柄についてはTHEOの方が多くの種類に投資を行っていることがわかります。

THEOのデメリットとは

THEOは、他のロボアドバイザーに比べて優れている点が多いのですが、実際に利用してみてデメリットだと思った点もあります。

 

1つ目がスマホアプリです。

THEOにはスマホアプリが用意されているのですが、iPhoneやiPadといったiOS用しかなく、Android用のアプリがありません。

日本では世界と異なりiPhoneユーザが多いわけですが、それでもAndroidを利用している人も多いわけで、スマホからの利便性はよくありません。

www.zbuffer3dp.com

THEOを利用するメリットとは?

THEOが楽ラップなど他のロボアドバイザーに比べて優れているところはどこでしょうか?

個人的にTHEOの優れていると思う点を挙げてみると以下の点かと思います。

  • 積立投資が可能
  • 特定口座に対応している
  • ETFの分配金が再投資されて複利効果を得られる

積立投資が可能

ロボアドバイザーは短期的な利益を追い求めるものではなく、長期間(数年以上)での資産運用を前提とした仕組みとなっています。

そして長期投資を行っていく上で必須とも言えるのがドルコスト平均法を用いた積立投資です。

 

積立投資は、毎月決まった額を投資していくというスタイルです。

株式相場が上がっていようが、下がっていようが関係なく毎月決まった額をコツコツと投資することで、長期的に資産運用が効率化されることが分かっています。

年金運用なんかはまさに半場強制的に積立投資になっているわけです。

 

しかし、積立投資を人手で行おうとすると忘れてしまったり、相場が下がっていて絶好の買い場の時なんかは更に投資して損を増やしたくないという心理が働いて投資が出来ません。

それが自動化されていると、忘れることもありませんし、相場状況に関係なく投資することが出来るので、今回このブログで紹介した運用実績のように忘れたころに資産状況を見てみると思った以上にお金が増えているということを経験出来るはずです。 

 

特定口座に対応している

特定口座に対応していないロボアドバイザーを利用すると、確定申告を自分で行う必要があるのでとても面倒です

 

通常の証券口座を利用する場合は、どこの証券会社を利用しようが特定口座にほぼ対応していますが、楽天証券の楽ラップや、マネックス証券のマネラップなど一部のロボアドバイザーはまだ特定口座に対応していませんが、THEOは特定口座に対応しています

www.zbuffer3dp.com

www.zbuffer3dp.com

確定申告の面倒な手続きを無くすためにも、特定口座に対応しているロボアドバイザーを利用するようにしましょう。

 

ETFの分配金が再投資されて複利効果を得られる

長期投資では、投資している株式やETFから受け取る分配金を再投資することで、複利効果を得られ、資産を効率的に増やすことが出来ます。

投資信託の世界では分配金の再投資は仕組みとしてありますが、ETFの分配金を再投資する仕組みは日本では少ないのが現状です。

 

THEOでは、ETFを用いた資産運用を行いますが、投資しているETFから分配金が出た場合は、自動で再投資に回されます。 

 

THEOに対する個人的な評価

THEOで運用をはじめて3ヶ月以上が経過しました。

これまで利用してきたWealthNaviと比べて大きな違いは感じませんが、THEOの方が特定口座に対応しつつ1万円から投資をはじめられるので、投資初心者でも利用しやすいといえます。

 

WealthNaviが、住信SBIネット銀行やSBI証券といった金融関係の会社と連携しているのに対して、THEOはNTTドコモと提携してサービスを提供するなど、これまであまり投資に興味がなかったり、投資について抵抗感がある顧客層をターゲットにしている印象がありますね。