Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

1stレンタルサーバのWindows VPSサーバをRDP接続して半年間利用してみて

24時間稼働しているWindwosサーバの仮想環境を、月額700円からと最安価格で利用できる1stRentalServerのWindow VPSプラン。
このプランを半年間利用してきたので、ここまでの使い心地についてレビューします。

support.1strentalserver.com

どんな人が利用しているのか?

1stRentalServerのWindows VPSプランはどんな人が利用しているのでしょうか?

VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説

 

私が考えるに、以下のようなケースで利用する人が多いのではないかと思います。

  1. Macを利用しているが、Windows環境が必要な人
  2. 自宅のPCとは別に、24時間稼働させられるPC環境が必要な人
  3. 別のIPアドレスで作業する必要がある

特に2番目の理由で利用する人が多いかと思います。

私も、以前MT4を利用したFXの自動売買ソフトを24時間稼働させるのにお名前.com デスクトップクラウド や、使えるネットのVPSプランを利用した事がありました。

 

24時間稼働させるソフトウェアを自宅のPCで運用することも出来ますが、PCの発熱や、接続部分の問題等により火災のリスクがあります。

特に、出張や旅行などで家を不在にする時も稼働させておく必要があるので、こういったリスクを考えると、24時間稼働させるソフトを自宅のPCで使うのはリスクが高すぎます。

また、停電によってソフトウェアの稼働が停止してしまうリスクもあります。 

1stRentalServerのWindows VPSプランを選んだ理由

過去にWindowsのVPSサーバを利用した事がある中で、今回改めて利用しようとした理由は、Googleやヤフーの検索順位チェックツールのGRC を日々稼働させるためです。

GRCはWindows OS用のソフトなので、Linuxサーバでは利用することが出来ません。

最近ではクラウド型の検索順位チェックツールも登場していますが、既に買い切りで購入したGRCを持っていたので、これを有効活用したいなと思いました。

WindowsのVPSサーバプランについて各社の費用を比較検討してみると、1番安価だったのが、月額700円から利用できる1stRentalServerだったのです。

過去に利用したことがある、お名前.comのWindows VPSサービスは月額2400円からとなっていて、使えるネットのVPSプランも1600円からの費用となっているので、半額以下で利用できます。

スペック

月額700円から利用できる1stRentalServerのWindowsサーバのスペックをここで確認しておきましょう。

月額700円からと低料金のパーソナルプランは、OSが少し古いWindows Swever 2008 R2となっています。

そしてCPUは仮想1コアでメモリも1GBと必要最低限のスペックとなっています。

1stRentalServerのwindowsサーバのスペック

1stRentalServerのwindowsサーバのスペック

詳細スペック情報

OS Windows Server 2008 R2 standard edition
CPU 仮想1 core
メモリー 1GB
SSD ディスク容量 SSD 60G+60G(バックアップ)
独自IP 1個
最大IP 5個
RDP(リモートデスクトップ) 1
データバックアップ 1スナップショット無料
バックボーン 10,000Gbps
UPS(無停電発電装置)
Raid10

 

使い心地

1stRentalServerのWindows VPSプランで一番安いパーソナルプランを2017年8月から2018年3月まで半年以上利用してきました。

1stRentalServerで一番安いパーソナルプランを2017年8月に契約

1stRentalServerで一番安いパーソナルプランを2017年8月に契約

利用用途としては、先程紹介したようにGRCを毎日稼働させるためですが、これに関しては問題なく利用出来ました。

それに対して、ブラウザでのウェブ閲覧などは若干重い感じです。

これは仮想コアが1個なのと、メモリが1GBしか割り当てられていないので仕方ありません。

このような事から、パーソナルプランを利用する場合は、完全に自動でプログラムを動かすためだけに利用するのが良いかなと感じました。 

契約から利用までの流れ

1stRentalServerを利用する流れですが、下記リンクからWindows VPSプランの申込を行います。

レンタルサーバーなら1strentalserver

 

1stRentalServerのWindows VPSプランを無料で試す

1stRentalServerのWindows VPSプランを無料で試す

 

私の場合は、まず2週間の無料トライアルを利用して使い勝手を確認してから本契約をしたのですが、最近はその安さに注目が集まっているためか、申込が殺到しているため無料でのお試しトライアルは現在中断されています。

Windows VPSプランは1ヶ月単位で契約可能なので、有料にはなりますが、まずは1ヶ月契約で利用してみるのがいいかと思います。

契約期間は、後でも変えることが出来ます。

無料でのお試しは一時中断中

無料でのお試しは一時中断中

 リモートデスクトップ(RDP)でVPSサーバに接続

申込を行って、手続が完了するとメールにて、接続先サーバのIPアドレスの連絡があります。

Windows VPSサーバへの接続情報

Windows VPSサーバへの接続情報

パソコンでリモートデスクトップを起動します。

リモートデスクトップの見つけ方ですが、Windowsのファイル検索窓で"mstsc"と入力するとリモートデスクトップ接続が表示されるので、そこから選択してください。

リモートデスクトップの起動方法

リモートデスクトップの起動方法

リモートデスクトップ画面が表示されたら、連絡があったIPアドレスとユーザ名を入力します。

VPSサーバへRDP接続

VPSサーバへRDP接続

次に最初はパスワードを聞かれるので、1stRentalServerのサイトへログインした会員ページに書かれているパスワードを入力します。

RDP接続のパスワード

RDP接続のパスワード

次に、下記のようなリモートデスクトップ接続について証明書に関する警告が表示されるかもしれません。

この時は、"はい"を選択します。

リモートデスクトップ接続時の警告

リモートデスクトップ接続時の警告

そうすると、リモートデスクトップ接続に成功して1stレンタルサーバのVPSサーバ内のデスクトップ画面が表示されます。

後は、ここでいつものようにPC作業をするだけです。

1stレンタルサーバのWindows VPSサーバに接続した状態

1stレンタルサーバのWindows VPSサーバに接続した状態

但し、VPSサーバを利用していく上で注意点もあります。

それはソフトのインストールやアンインストール、Windowsアップデートについてです。

Windowsアップデートは基本的に私達ユーザ側で行う必要はありません。

また、初期状態でインストールされているソフトのアンインストールもしてはいけません。

このあたりの注意事項は、契約後に連絡があるメール等に書かれているので、ちゃんと読むようにしましょう。

契約期間の途中変更と解約に伴う返金について

契約期間は途中で変更することが可能です。

例えば、月額費用を抑えるために1ヶ月契約から36ヶ月契約に変更したい場合は、支払い期限の前日午後5時までにサポートチケットで連絡することで変更できます。

但し、注意点もあります。

それは、長期契約を行った場合、途中で解約しても残りの利用残期間に応じた返金はないということです。

長期契約は、月額料金が安いですが、それは長期間利用してくれる事が前提となっているためなので、返金されないのは当然です。

そのため、最初の1ヶ月や3ヶ月など使い勝手に満足できるか判断できるまでの間は短期契約をお勧めします。 

クレジットカードの明細情報

1stRentalServerの利用料はクレジットカードで支払うことになりますが、クレジットカードの明細に書かれる商品名や請求元は「THOMAS OF AMERICA利用国US」となります。

THOMAS OF AMERICA利用国US

1stRentalServerのクレジットカード明細

1stRentalServerは、株式会社トーマスオブアメリカが運営しているサービスで、Windowsサーバはアメリカにあります。

解約方法と手続の期限

最後に解約方法について紹介して終わりにします。

1stRentalServerのWindows VPSプランの契約は自動更新となっています。

そのため、利用しなくなった場合は解約の手続を行う必要があります。

解約方法ですが、メールからは出来ません。

1stRentalServerの会員ページからサポートへの連絡において解約の申請を行います。

この際に注意したいのが、いつまでに解約申請を行う必要があるかということです。

解約の申請は、契約更新日の1週間前までに申請する必要があります。