Windows10

Conoha Windowsリモートデスクトップを2ヶ月間使ってみた感想

2020年2月16日

WindowsのVPS環境としてリモートデスクトップ接続できる「ConoHa for Windows Server」2ヶ月間使ってみました。

www.zbuffer3dp.com

今回使ってみたのは、最安のメモリ1GBプランです。

さらに詳しく

実際に使ってみた身として、リモートデスクトップでの接続にはじまり、Officeは使えるのか?FXの自動売買は可能なのかといった機能面のレビューと、使い勝手はどうなのか?といった点について個人的な感想を書いていきます。

ConoHa Windowsサーバへのリモートデスクトップ接続方法

「ConoHa for Windows Server」を契約し、ログインするとVPSサーバに関する管理画面が表示されます。

「ConoHa for Windows Server」の管理画面

「ConoHa for Windows Server」の管理画面

管理画面では、Windows VPSサーバの再起動やシャットダウン、強制終了といった操作が出来ます。

コンソール機能を使うと、リモートデスクトップアプリを使わなくてもブラウザでWindows環境にリモート接続することが出来ます。

「ConoHa for Windows Server」のコンソール接続した様子

「ConoHa for Windows Server」のコンソール接続した様子

ただ、本格的に使う場合は、リモートデスクトップ接続アプリを使います。

リモートデスクトップで接続するには、「ConoHa VPS」の管理画面でネットワーク情報に表示されるIPアドレスを使います。

「ConoHa for Windows Server」のIPアドレスなどネットワーク情報

「ConoHa for Windows Server」のIPアドレスなどネットワーク情報

 

IPアドレスをリモートデスクトップ接続のコンピューター名欄に入力し、接続ボタンを押します。

「ConoHa Windows VPS」にリモートデスクトップ接続

「ConoHa Windows VPS」にリモートデスクトップ接続

 

これで、通常のWindowsパソコンのように操作して使うことが出来ます。

サーバのCPUやメモリ量などのスペック情報

リモートデスクトップ接続して、システム情報を確認してみました。

システム情報を見ることで、「ConoHa for Windows Server」のVPSサーバで使用されているCPUや物理メモリの量といったスペックが分かります。

「ConoHa for Windows Server」VPSサーバのスペック情報

「ConoHa for Windows Server」VPSサーバのスペック情報

CPUはXeonのE5-2640 v4 2.4GHzとなっています。

EXCELなどOfficeの使用について

「ConoHa for Windows Server」では、リモートデスクトップ接続してExcelなどのMicrosoft Officeを使うことも出来ます。

ただし、追加でMicrosoft Office SALのライセンスが必要となります。

Microsoft Office SALのライセンスは月額1800円の料金がかかるので注意してください。

Officeを使うにはSALライセンスの追加が必要

Officeを使うにはSALライセンスの追加が必要

Officeの利用に月額1800円の追加料金は高いと感じると思います。

その場合は、お名前.comのデスクトップクラウドのFor Bizプランを利用した方がいいでしょう。

お名前.comのデスクトップクラウドのFor Bizプランなら、アプリケーションのインストールについて制限は無いと明記されているので、自分自身でアプリをインストールすることが出来ます

お名前.comデスクトップクラウドはアプリのインストールに制限無し

お名前.comデスクトップクラウドはアプリのインストールに制限無し

 

FXの自動売買で必要なMT4とMT5のインストールについて

FXの自動売買ソフトとしてスタンダードなMetaTrader(メタトレーダー)もインストールすることが可能でした。

実際にOANDAジャパンの口座でMT4とMT5をインストールしてみましたが、問題なくインストールして使うことができました。

「ConoHa for Windows Server」にFX用のMT4とMT5をインストール

「ConoHa for Windows Server」にFX用のMT4とMT5をインストール

ただ、リモートデスクトップ接続した先でインストーラをIEでダウンロードすることは出来ませんでした

理由は不明ですが、Windows ServerのイメージでVPSを作ったからかもしれません。

本来、FXの自動売買を行う場合は、「Windows Server for Remote Desktop」のイメージでサーバを作成する必要がありますからね。

ConoHaのWindowsサーバでFX自動売買

ConoHaのWindowsサーバでFX自動売買する場合

Windows ServerのイメージでVPSを作った場合に、MT4やMT5をインストールする方法ですが、普段使っている自分のPCでMT4またはMT5のインストーラをダウンロードし、ファイルをコピーしてリモートデスクトップ接続先でペーストすればインストーラを「ConoHa for Windows Server」に持っていくことができます。

この状態で、インストーラを管理者権限で実行すればインストールすることが出来ました。

ただ、繰り返しとなりますが、FXの自動売買を行う場合は、「Windows Server for Remote Desktop」のイメージでVPSサーバを作成するようにしましょう。

ConoHaのWindows Server for Remote Desktopイメージ

ConoHaのWindows Server for Remote Desktopイメージ

「Windows Server for Remote Desktop」の場合、リモートデスクトップSALライセンスが1個必須となります。

月額料金は1GBメモリのプランで最大で2300円となります。

これを競合のお名前.comのデスクトップクラウドと比較してみると1ヶ月契約よりは安く、6ヶ月契約でほとんど同じとなります。

お名前.comのデスクトップクラウド料金体系

お名前.comのデスクトップクラウド料金体系

「ConoHa for Windows Server」は、初期費用が0円で、最低利用期間といった契約の縛りもありません

それに対して、お名前.comのデスクトップクラウドは、1ヶ月払いでも3ヶ月間の最低利用期間が設けられています

さらに詳しく

また、月の途中で契約した場合は、利用した時間だけしか課金されないので安くなります。

初めて、WindowsのVPSを利用してリモート環境のWindowsを試すならば「ConoHa for Windows Server」の方がお手軽という訳です。

ココがポイント

Windows10のインストールについて

「ConoHa for Windows Server」は、他のWindows VPSサービスとは違ってHyper-Vを標準で利用できます。

Windows VPSサービスにおけるHyper-Vの使用可否比較

Windows VPSサービスにおけるHyper-Vの使用可否比較

仮想化技術のHyper-Vを使うことで、Windows Server上に仮想のWindows 10をインストールすることが出来ます。

Windows Server上に仮想のWindows 10をインストールすることになるので、ホストPCとなるWindows ServerにはメモリやCPUの割当を多くする必要があるため、最低でもメモリ2GB以上のプランを利用するようにしましょう。

利用時間による課金料金と上限について

「ConoHa for Windows Server」の料金は、利用時間による課金制となっています。

「ConoHa for Windows Server」の料金は、利用時間による課金制

「ConoHa for Windows Server」の料金は、利用時間による課金制

利用時間による課金制ではありますが、毎月の上限金額が決まっていて、メモリ1GBプランだと月額1800円が上限料金となっています。

そのため、使いすぎても料金が高くなることは無いので安心してください。

最安の1GBプランを使ってみた感想

今回は、最初にも紹介したように最安の1GBメモリプランを契約し、自分のWindowsPCからリモートデスクトップ接続して使ってきました。

実際に2ヶ月間使ってみての感想としては、FXの自動売買やGRCのようなブログの検索順位チェックツールを24時間稼働させる分には問題なく使えました。

逆に、ネットサーフィンは動きがモサモサするので、向いていません。

これはメモリ量が1GBしか割り当てられていないので仕方ありません。

「ConoHa for Windows Server」は、最低利用期間や初期費用が無料なので、もし最安プランを使ってみて、不満であれば、上位プランに変更するという使い方もできます。

-Windows10

Copyright© Zバッファ , 2020 All Rights Reserved.