motogpを見る方法とhuluのネット配信と見逃し配信について

motogpを見る方法ですが、録画且つハイライトとなる地上波か、全クラス生放送でネット配信されるhuluで視聴する方法があります。

世界最高峰のバイクレースであるmotoGPは、これまでスカパーやケーブルテレビなどでしか生放送を見ることが出来ませんでした。

しかし、2018年からhuluでも見れるようになり、2023年も引き続き全戦を生配信で見ることができます。

hulu motoGPリアルタイム配信

motoGPを見る方法全て

HuluでmotoGPを見た感想を書く前に、そもそも日本におけるmotoGPを見る環境をおさらいしておきましょう。

地上波とBSは録画放送なのがネック

motoGPの放送は2017年まで関東ローカルの地上波で録画放送が行われていました。

これが2018年から地上波での放送は基本的に無くなり、BSで放送されるようになりました。

開幕戦のみ地上波放送があったりします。

BS放送への以降によって全国で視聴することが可能となっていますが、BSを視聴できる環境が必要ということになります。

また録画放送という点は変わりません。

生放送はCSと海外のネット配信

これに対してmotoGPの生放送を行っているのがスカパーなどで視聴できるCS放送の日テレジータス(G+)です。


堺雅人 スカパー!CM 「MotoGP」篇

日テレジータス(G+)ではmotoGPの年間全てのレースを生放送しています。

もちろん解説や実況も日本語です。

ネット配信のビデオパスは英語実況

また、ネット配信はmotoGPを運営しているドルナによってサービスが提供されている「ビデオパス」があります。

www.motogp.com

こちらも生放送で、日本人でも利用できるのですが、実況や解説は英語となってしまいます。

因みに、日テレジータスもビデオパスも有料放送です。

HuluでmotoGPをネット配信で見た感想

映画や海外ドラマにアニメ作品をネット配信していることで馴染みがあるHuluですが、2018年から2023年現在までmotoGPの全てのレースにおいて予選と決勝を生配信しています。

早速決勝レースをHuluで見たのですが、実況や解説を含め放送内容は日テレジータスとまったく同じでした。

2023年からhuluだと予選は日本語の実況と解説がなく、国際映像が流れるだけです。英語実況もありません。土曜日のスプリントレースは日本語実況と解説があります。

huluでmotoGPを視聴
huluでmotoGPを視聴

HuluでmotoGPを見る手順

huluでmotoGPを視聴する方法
huluでmotoGPを視聴する方法

HuluでmotoGPを見る方法ですが、メニュー一覧にあるライブTVという項目を選択するか、下記リンクからアクセスも出来ます。

さらに詳しく

次にリアルタイム視聴できるチャンネルの一覧が表示されるので、その中からmotoGPを選択します。

motoGPの放送における日テレG+とhuluの違い

motoGPの放送において日テレG+で放送される内容と、huluの放送内容で異なる点もあります。

1つが、予選の日本語実況と解説の有無です。

huluは2023年から土曜日に行われるmotoGPクラス及びmoto2とmoto3の予選をライブ配信しますが、日本語の実況解説が無くなりました。英語による実況解説もなく国際映像が流れるため純粋にバイク音だけ楽しむことができます。

その変わり、motoGPクラスのスプリントレースの日本語実況解説があります。

日テレジータスの方は予選もスプリントレースも日本語による実況と解説があるので、ここは大きな違いです

2つ目は、huluだと各バイクがコース上の何処に位置しているのかが分かるライブトラッキングを見ることが出来るのと、各バイクに取り付けられたオンボードカメラに空撮カメラによる映像を切替ながら楽しむことができることです

motoGP、huluのライブトラッキング映像
motoGP、huluのライブトラッキング映像
huluのオンボードカメラ映像(motoGP)
huluのオンボードカメラ映像(motoGP)

因みに、ライブトラッキングやオンボードカメラの映像を見ている際は実況や解説の声は聞こえない仕様になっていました。

遅延のレベル

DAZNでF1を見た時も感じたことですが、ネット配信という仕組み上huluのmotoGP放送においても遅延が発生します。

実際にCS放送の日テレジータスでmotoGPを視聴しながら、iPadのhuluアプリでmotoGPを同時に視聴してみると、大体30秒程度の遅延がありました。

そのため、Twitterのハッシュタグ #motogp_jpを見ながらhuluでmotoGPを見ていると、結果が先に分かってしまうリスクがあります。

2023年からhuluでmotoGPの見逃し配信が実施

CS放送の日テレジータスに比べてhuluで視聴した場合のデメリットは、録画が出来ない事です。

また、見逃し配信についてはこれまでありませんでしたが、2023年からmotoGPの見逃し配信が行われるように改善されました

ただ、DAZNのようにレースが終わってすぐに見逃し配信が見れる訳ではないので、これは改善して欲しいところです。

見逃し配信期間は約2週間で、下記リンクから視聴することが出来ます。

https://www.hulu.jp/livetv/233

huluのmotoGP見逃し配信ページ
huluのmotoGP見逃し配信ページ
hulu 2023年motoGP見逃し配信
hulu 2023年motoGP見逃し配信

hulu motoGP配信

huluを利用するメリットは巨人戦の影響を受けない事

huluでmotoGPを見るメリットとしては、先程あげたライブトラッキングやオンボードカメラの映像を見ることができる以外にもあります。

それは、CS放送の日テレジータスだと、1年に数回プロ野球巨人戦の影響で、生放送にならないケースがあるのに対して、huluは巨人戦の影響を受けないので確実にリアルタイムで視聴することができるという点です。

G+だと野球中継でmotoGP放送が遅れる時がある
G+だと野球中継でmotoGP放送が遅れる時がある

これはmotoGPファンにとってはかなり大きいメリットです。

BSスカパーや日テレプラスでしか生放送しない時もhuluなら生放送で視聴できる

日テレG+のmotoGP放送は年に数回、生放送されない時があります。

その時は、大体BSスカパー及び日テレプラスで生放送されます。

しかし、年に数回のためにスカパーに加入するのは面倒です。

そんな時はhuluでmotoGPを視聴するのが便利です。

huluならCS放送の日テレG+で生放送しない時も、生配信されます。

直近だと、2020年のサンマリノGPの予選が日テレG+で生放送されませんでしたが、huluなら視聴できました。

日テレG+でmotoGPが生放送されないケース
日テレG+でmotoGPが生放送されないケース
huluなら日テレG+の影響なく常にmotoGPが生放送
huluなら日テレG+の影響なく常にmotoGPが生放送

hulu motoGP配信スケジュール

hulu motoGP最新番組表を確認
hulu motoGP最新番組表を確認

huluでmotoGPを見るのに必要な費用

huluの視聴には、1ヶ月あたり約1000円の費用が発生しますが、初めて利用する場合は、最初の2週間については無料で視聴することができます。

hulu 2週間無料トライアル

また、既にお試し無料体験期間が終了している場合でも、下記記事にて紹介している方法を利用すると、10%から20%視聴料金を安くすることが出来ます。

huluでは、motoGP以外の作品も当然見れるわけなので、コストパフォーマンスは悪くないと思っています。

因みに、huluでは「FASTEST」というmotoGPのドキュメンタリー作品も視聴出来ます。

日テレジータスをネットで見る方法

スカパーで日テレジータスを契約している方は、パソコンやスマホで日テレジータスのmotoGPを視聴できます。

日テレジータスのmotoGPをネットで視聴している状態
日テレジータスのmotoGPをネットで視聴している状態

motoGPをネットで視聴したいという理由でhuluを契約する方もいるかもしれませんが、スカパーの契約でもネットでmotoGPを見ることができます。

スカパーで日テレジータスを契約してネットで見るメリットは、予選も日本語による実況解説付きで見れる点です。

スカパーの日テレG+でmotoGPを見るメリット
スカパーの日テレG+でmotoGPを見るメリット

尚、ネット視聴の場合はhulu同様に遅延があります。

スカパーの日テレジータスをネット視聴する方法ですが、スカパー番組配信というアプリかウェブページにアクセスすることで視聴できます。

スカパーで日テレジータスだけ契約する場合だと月々約1500円になりますが、huluだと月々1000円と500円ほど安いです。

そのため、決勝レースだけ主に見るならhuluの方が見逃し配信もあってお得です

逆に録画したい方や予選も日本語実況・解説ありで見たい方はスカパーに加入して日テレジータスを契約しましょう。

因みにスカパー新規加入月はスカパーの基本料とチャンネル視聴が無料となります。

-モータースポーツ