Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

Kindle Unlimitedの解約方法

このたび1年以上利用してきたAmazonの本読み放題サービスのKindle Unlimitedを解約することにしました。

解約理由

Kindle Unlimitedを解約する理由は、併用して雑誌読み放題のdマガジンで殆ど事足りる状態になったからです。

元々Kindle Unlimitedを利用してきたのは、るるぶや日経ソフトウェア、モータースポーツ関係の雑誌、そして晋遊舎の家電批評やMONOQLOを読み放題で読みたかったからなのですが、今やるるぶと日経ソフトウェア以外の雑誌はdマガジンや楽天マガジンで読む事ができるようになっています。

観光ガイドのるるぶが読み放題

そのため、月額980円のKindle Unlimitedを止めて、月額432円のdマガジンだけにして月々の出費を抑えることにしました。

解約手続きの流れ

Kindle Unlimitedの解約手続きは簡単です。

まず下記リンクにアクセスします。

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/ku/ku-central?_encoding=UTF8&ref_=ku_cen_cancel_page&subpage=cancel

 

メンバーシップを終了してもよろしいですか?というページが表示されます。

ページには、Kindle Unlimitedの課金のタイミングが書かれています。

私の場合だと次回の課金は10月2日にということになります。

Kindle Unlimitedの解約

このページで、「メンバーシップを終了」を選択してください。

たったこれだけでKindle Unlimitedの解約手続きは完了です。

解約手続きが簡単なサービスは好感がもてますね。

解約後も引き続き利用可能

尚、Kindle Unlimitedの解約手続きをしても直ぐに利用できなくなるわけではなく、次の課金タイミングまでは引き続き読み放題で本を読むことができます。

従って、解約を忘れるのが怖いという方は、思いついた時に解約手続きをすませておくといいでしょう。

Kindle Unlimitedの課金時期

そして、メンバーシップ期間が終了すると、KindleUnlimitedで読めていた本は自動的に読めなくなります。