Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

dマガジンを解約する手順と解約した理由

長年利用してきた雑誌読み放題のdマガジンを解約しました。

最初普段利用しているiPadのアプリから解約しようとしたのですが、出来ませんでした。

dマガジンの解約は、ブラウザ経由でしか出来ないことがわかったのは少し経ってから。

そこで今回はdマガジンの解約方法について解説していきたいと思います。

dマガジンの解約方法

スマホやタブレットのブラウザまたは、PCのブラウザから下記のリンクにアクセスします。

dマガジン会員の解約 | dマガジン

 

アクセスすると、1番最初に目に飛び込んでくるのが、解約を思い留めるためのdポイントプレゼントキャンペーン。

解約を引き止めるためのdポイントのプレゼント

解約を引き止めるためのdポイントのプレゼント

ただ、プレゼントされるのは通常のポイントではなく、期間用途限定のdポイントなので無視して、アクセスした先の下の方にスクロールすると、「dマガジンを解約する」というボタンがあるのでそれを選択します。

「dマガジンを解約する」というボタンを押す

「dマガジンを解約する」というボタンを押す

すると、dメニュー表示へと変わります。

dマガジンの契約状態を確認

dマガジンの契約状態を確認

 dマガジンの注意事項を読んで、dマガジンの注意事項に同意するにチェックを入れます。

dマガジンの注意事項を読む

dマガジンの注意事項を読む

 dマガジンの解約日を確認して、手続きを完了します。

解約日を確認して手続きを行う

解約日を確認して手続きを行う

因みに、dマガジンの解約日は、基本解約の申し込みをした日になります。

これで解約は完了です。

dマガジンの解約完了

dマガジンの解約完了

 なんだかんだで解約するまで手間が多くかかりました。

ほんと解約手続きを煩雑にするサービスは好きになれませんね。 

解約する上での注意点

dマガジンを解約する上での注意点としては、以下の2点です。

  1. 日割り計算はないので、いつ解約しても一か月分の費用が発生します。
  2. 解約手続きが完了したタイミングで、雑誌は読めなくなります。

費用については日割りにはならないので、可能な限り月末に解約した方がいいですが、忘れないように注意しましょう。

 

また、、解約手続きが完了すると、これまで利用していたアプリを開いても何も出来ず、アプリを閉じることしか出来ません。

解約後はdマガジンのアプリを開いても、雑誌は一切見れません

解約後はdマガジンのアプリを開いても、雑誌は一切見れません

 

dマガジンを解約した理由

もう何年もずっと利用してきたdマガジンを解約したのは、楽天マガジンに乗り換えるためです。

以前までは、dマガジンでないとMONOQLOや家電批評といった私の好きな雑誌は読めなかったのですが、今ではこれら雑誌も楽天マガジンでも読めるようになりました。

そして、僕の好きなautosportやF1速報といったモータースポーツ関係の雑誌はdマガジンでは読めなかったのですが、楽天マガジンなら読み放題で読めます。

楽天マガジンでもMONOQLOや家電批評などお気に入りの雑誌は読める

楽天マガジンでもMONOQLOや家電批評などお気に入りの雑誌は読める

おまけに、dマガジンよりも楽天マガジンの方が年間で1200円安いですし、楽天ポイントで費用の支払いも出来る利点もあるので、乗り換えることにしたというわけです。

楽天マガジン 公式サイト

 

www.zbuffer3dp.com

これで、楽天マガジンでるるぶなどの旅行ガイド雑誌も読めるようになったら個人的には最高なんですけどね~

今の所、るるぶが読み放題なのは、ブック放題とKindle Unlimitedなど僅かなんですよね。。

www.zbuffer3dp.com

www.zbuffer3dp.com