QRコード決済

amazon payの請求ステータスが処理中になってる案件をキャンセルした話

amazon payのステータスが処理中になっている

amazon payのステータスが処理中になっている

 

amazon payの請求ステータスが処理中のまま3週間経過したので、問い合わせてみました。

日本郵便のクリックポストで料金の支払いにAmazon Payを使ったのですが、荷物を送るのをキャンセルしたために、請求ステータスがずっと処理中のままとなっていました。

amazon payで請求ステータスが処理中になっている要因

今回は私が利用したクリックポストになりますが、クリックポストの運賃をAmazon Payで決済したと私たちが思っている段階では、料金の支払いについて同意しただけで、その時点では決済処理(課金処理)は行われていません。

支払手続き完了後、クリックポストの荷物発送が無い場合には、一定期間を経てオーソリ状態が解除(キャンセル)となるため、キャンセルとなるまではAmazon Pay利用履歴にて請求ステータスが「処理中」と表示されます。

ただし、Amazon Payの支払手段がデビットカード、プリペイド式カードおよびAmazonギフト券になっている場合は、通常のクレジットカードと異なり、一時的に即時決済となるので、請求ステータスが「処理中」となっている状態でキャンセルするには、別途対応が必要とのことでした。

この場合、「支払方法」と、対象の「お問い合わせ番号」または「Amazon Pay注文番号」を併せてサポートに連絡する必要があります。

 

amazon payでアマゾンギフト券を使った決済の流れとキャンセルされるまで

Amazon Payの支払いをキャンセルできた

Amazon Payの支払いをキャンセルできた

アマゾンギフト券を利用したAmazon Pay支払いの請求ステータスが「処理中」となっている状態から、キャンセルとなるまでについて説明します。

Amazonギフト券での決済の流れについては、以下の流れとなっています。

手続き完了(Amazon Payでのお支払手続き)時点

Amazonギフト券をご利用されて手続きを完了された場合、一時的に引落し(予約引落し)がされた状態となります。

この状態はクレジットカードでの予約枠※と同等の扱いです。

※注文時にご利用料金分の決済枠を確保し、商品到着後に確定する場合等

 

課金処理されるタイミング

クリックポストの例だと郵便局での受理(引受)後に重量・サイズおよびあて名ラベルに不備がない場合、郵便局で引受処理を実施いたします。

このタイミングで決済予約の確定処理、すなわち課金が実施されます。

この流れで課金の処理が行われますが、手続きが完了したとしても荷物を差出ししなかった場合には、以下の流れでキャンセルとなります。

引落しデータのキャンセル

手続き完了日から起算して30日後(カード会社により異なる場合がある)に、課金処理が実施されていない引落しデータは、一旦キャンセルされます。

上記のキャンセル処理後、再度引落し処理(一時引落し)が実施されます。

※カード会社の規定によりますが、上記処理を規定された期間(1ヶ月~1年など)だけ繰り返し処理がされることとなります。

上記規定された期間を経過した場合、自動的にキャンセル(予約取り消し)処理が実施されます。

 

ここまで解説した内容を読んでもらえれば分かるように、Amazon Payでアマゾンギフト券支払いをした場合のキャンセルは非常に面倒ですし、時間がかかります

余っているアマゾンギフト券を利用するのにAmazon Payでの支払いは便利なのですが、キャンセルする際は面倒になることを覚えておいてください。

-QRコード決済