Zバッファ

ファイナンシャル・プランナー2級の資格を持つエンジニアが実際に体験した内容をもとにしたレビューブログ

Windows10

ノートPCを手軽にSIMフリー化して格安SIMのLTE回線を利用する方法

ピクセラのPIX-MT100をノートPCに挿した状態
ピクセラのPIX-MT100をノートPCに挿した状態

最近WindowsノートPCを購入検討していた際に、パソコン自体にSIMスロットが備わっていて常時格安SIMでLTE通信出来れば便利だなと考え、商品を調べていました。

SIMが使えるノートPC

調査してみてSIMフリーのノートパソコンは非常に数が少ないことが分かりました。

タブレットとキーボードを組み合わせた2in1方式であれば、MicrosoftのSurfaceやレノボの「YOGA BOOK」にDELLのLatitudeなどいくつかありますが、ちゃんとした従来型のクラムシェルPCについては、パナソニックのLet's noteかVAIOにマウスコンピュータくらいしかありません。

格安SIMをUSBに挿して使う方法

そこで登場するのが今回紹介するピクセラ社の「 LTE対応USBドングル PIX-MT100」を使う方法で、USB端子とドコモ回線を使う格安SIMがあれば使うことが出来ます。

ピクセラ LTE対応USBドングル ホワイト  PIX-MT100

ピクセラ LTE対応USBドングル ホワイト PIX-MT100

13,567円(11/16 11:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずは、PIX-MT100の中身を確認していきましょう。

ピクセラ社の「 LTE対応USBドングル PIX-MT100」
PIX-MT100のパッケージ

梱包パッケージ 内には、本体の他にUSBケーブルと取扱説明書に、本体を固定するためのシートが付属しています。

PIX-MT100の付属品
PIX-MT100の付属品

本体のUSB端子は最近のスマホや一部最新のノートPCで採用され始めているType-CではなくType-Aになります。

PIX-MT100のUSB端子
PIX-MT100のUSB端子はType-A

PIX-MT100の使い方

PIX-MT100の使い方ですが、まずは、本体にSIMカードを挿入します。

PIX-MT100のSIM挿入口
PIX-MT100のSIM挿入口

ここで注意して欲しいのが、対応しているSIMサイズになります。

PIX-MT100が対応しているSIMサイズは、最近主流のnanoSIMではなく、それより少し大きいマイクロSIMになります。

そのため、ナノSIMを使っている人はアダプタを利用する必要があります。

nanoSIMにマイクロサイズ用のアダプタを装着
nanoSIMにマイクロサイズ用のアダプタを装着

SIMのサイズを調整するアダプタはAmazonで数百円で購入することが出来ます。

Amazon - SIMアダプタ

APNの設定

本体にSIMカードを挿入したら、PCのUSB端子に挿します。

そして、ブラウザを開いてアドレス欄に192.168.1.0と入力します。

そうすると、設定画面へのログイン画面が表示されるので、説明書に書いてあるユーザ名とパスワードを入力してログインします。

PIX-MT100設定画面
PIX-MT100設定画面

ログインに成功したら、色々なメニューが表示された画面が表示されます。

ここで、ステータスの右にある設定を選択し、次にモデム設定を選択します。

そうすると、下の画像にあるようにAPNの情報を設定する画面となります。

ここに、自分が契約している格安SIMの会社が公開しているAPNの情報を入力して、適用ボタンを押してください。

今回私はmineoのdプランを利用して試したので、画面上にはそのAPN情報が見えています。

適用ボタンを押すと、PIX-MT100の再起動が行われます。

PIX-MT100がネットにつながっているかどうかは、本体のLEDランプの色で判別できます。

オレンジ色が点灯している場合と、青色が点滅している場合は、まだネットに接続出来ていません。

PIX-MT100のLEDランプ
PIX-MT100のLEDランプ

LEDが青色で常時点灯している状態になったらネットへの接続が出来る状態を表しています。

ピクセラのPIX-MT100をノートPCに挿した状態

通信速度

気になる通信速度ですが、当然ですが利用している格安SIMに依存します。

スマホやタブレットで使った時と比べて差は無い感じです。

今回私が利用したのはmineoのドコモ回線プラン(dプラン)ですが、Huaweiの「matebook x」に挿してGoogleのスピードテストで測定したところ、休日の午前でダウンロードが30Mbps前後でした。

mineoのdプランの速度
mineo dプランの速度

参考までに家に引いている固定光回線だと、同じ時間帯でダウンロードは約80Mbpsでした。

エキサイト光回線の速度
エキサイト光回線の速度

 モバイルバッテリーに挿して使う

PIX-MT100は一度APN設定さえ行っておけば、電力供給されているUSB端子があればどこでも利用することが出来ます。

家の中で固定回線の代わりに使うのもありですし、モバイルバッテリーに挿して使うことも出来ます。

勿論今回紹介したようにノートPCに挿して使うのも便利な使い方の1つです。



-Windows10

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.