ランキング

国民栄誉賞の受賞年齢若い順ランキング

2016年8月18日

総理大臣官邸で羽生善治氏及び井山裕太氏に対する国民栄誉賞の表彰式
総理大臣官邸で羽生善治氏及び井山裕太氏に対する国民栄誉賞の表彰式

2018年2月13日、総理大臣官邸にて将棋の羽生善治氏と、囲碁の井山裕太氏に対して国民栄誉賞の表彰式が行われました。

www.kantei.go.jp

そこで今回は、これまで国民栄誉賞を受賞された方々の中で、若くして国民栄誉賞を受賞した方々を紹介したいと思います。

国民栄誉賞 受賞年齢若い順ランキングトップ13

受賞者・団体受賞時の年齢
1羽生結弦23歳7ヶ月
22011年FIFA女子ワールドカップ日本代表平均25歳8ヶ月
3山下泰裕27歳4ヶ月
4高橋尚子28歳5ヶ月
5井山裕太28歳8ヶ月
6吉田沙保里30歳1ヶ月
7千代の富士34歳3ヶ月
8王貞治37歳4ヶ月
9松井秀喜38歳11ヶ月
10衣笠祥雄40歳5ヶ月
11植村直己43歳
12羽生善治47歳4ヶ月
13美空ひばり52歳

女子サッカーワールドカップのメンバーで最年少は18歳

先日亡くなってしまった相撲の元横綱・千代の富士の九重親方は34歳という若さで国民栄誉賞を受賞されていたんですね。

ワールドカップを制した女子サッカーの日本代表に関しては、国民栄誉賞受賞時の平均年齢が25歳ですが、当時チーム最年少は現在ドイツで活動している岩淵真奈選手で、当時18歳5ヶ月という若さでした。

個人としては、柔道の山下泰裕さんが27歳4ヶ月で最も若くして受賞されています。

オリンピック連覇の羽生結弦選手に国民栄誉賞も

そして、今1番の国民栄誉賞候補としては、2018年冬季平昌五輪で、男子フィギュアスケートとしては66年ぶりのオリンピック連覇を成し遂げたフィギュアスケートの羽生結弦選手ではないでしょうか。

1994年生まれで現在23歳の羽生選手が、もし国民栄誉賞を受賞すれば個人の受賞者としては最年少ということになります。

2018年はオリンピックに加えて、サッカーワールドカップといった世界的なスポーツの祭典が目白押しですから、9月5日の国民栄誉賞の日に向けて、また新たな受賞者が出て来るかもしれませんね。

追記)2018年7月、羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞され、個人としては最年少受賞となりました。

-ランキング

Copyright© Zバッファ , 2020 All Rights Reserved.