Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

LINEモバイルの通信速度が遅くなってしまったよ特にお昼時が

MVNOとして格安SIMサービスを行っているLINEモバイル

2016年9月のサービス開始以来、格安SIMとは思えない通信速度の驚速ぶりは色んなブログでも紹介されてきました。

また私自身、サービス開始直後にデータ通信専用プランを契約して、実際の通信速度がとても速いことを確認していました。

その後、LINEモバイルのデータ通信専用プランは解約しましたが、昨年末にメインの音声通話回線をワイモバイルからLINEモバイルにMNPして乗り換えました。 

LINEモバイルにMNPしたのは、先程も述べたように格安SIMの中で通信速度がずば抜けて良いというのが1番の理由だったのですが、今や東京や神奈川といった人口が多い都市圏では状況が変わってきました。

LINEモバイルの通信速度が低下について

2017年1月までは、日中のあまり混雑していない時間帯であれば、スピードテスト測定アプリで最低でも20Mbpsは出ていて、30Mbpsから40Mbps出ることも珍しくありませんでした。

そして1番回線が混雑しているであろう平日の昼間12時から13時にかけても、15Mbps前後は出ていました。

それが2月の2週目以降激変しました。

下記測定結果は極端な結果ですが、職場の昼休み中にスピードテストアプリで通信速度を測定したら、1Mbpsを割るというこれまでLINEモバイルでは見たことがないような測定結果が出ました。

LINEモバイルの通信速度が遅くなった

何回か測定しても2~4Mbps程度で、前述した15Mbpsからは大幅に低下しています。

その後、2017年10月時点でも平日昼間は1Mbps前後のスピードと遅いままです。

LINEモバイルの速度は他のドコモ系MVNOと同等に低下

LINEモバイルの通信速度低下は、私の環境だけでなく各格安SIMの速度を測定比較しているサイトでの結果を見ても同様の傾向が出ていて、楽天モバイルやU-mobile,NifMoなど他のドコモ系MVNOと差がないような状態になっています。

mobareco.jp

もはや、お昼の時間帯で速度が期待できるMVNOはなく、格安SIMで昼の時間帯で通信速を求めるならば、キャリア回線であるワイモバイルUQモバイルの2択という状態です。 

因みに、先日初期費用やSIM発行手数料も無料で最大2ヶ月間完全無料で試せるU-mobileについて、その通信速度をLINEモバイルを引き合いに出して比較していたのですが、今思えば、既にLINEモバイルの通信速度低下が起きていたことで、U-mobileとLINEモバイルが同等の結果になったということだったのかもしれません。

Umobileの速度は遅いのか?評判が良いLINEモバイルと比較してみたら意外な結果

 

スピードテストアプリと画像読み込みで差があるか検証

楽天モバイルやFREETEL(楽天モバイルに買収)はスマホのスピードテストアプリの結果だけ良い数字になる傾向があるということで、LINEモバイルについても同様の事が起きていないかスピードテストアプリだけでなく、画像読み込みも使って確認しました。

 

LINEモバイルの通信速度を画像読み込みで測定

ブラウザー上の画像読み込み時間から通信速度を測定するBNPと、SPEED.TESTアプリともに殆ど同じ数値になりました。

このことからLINEモバイルはスピードテストアプリの表面上だけ取り繕うようなことはしていない可能性が高く、スピードテストアプリの値については信用度は高そうです。

通信速度が低下した理由

LINEモバイルは2016年12月あたりからウェブでの広告を積極的に出すようにし、更にはアフィリエイト広告もスタートしたことで各種ブログなどでLINEモバイルについて取り上げることが多くなりました。

その結果、契約者数が大幅に増えて回線速度の低下に繋がったと考えられます。

要は今までは回線に余裕がありすぎた結果、驚異的な速度が出ていたということだろう思います。

従来のような驚速の回線にすることはコストがかかりますから、他のMVNOの状況も見ながら回線の増強をしていくと予想しています。

定期的な回線増速を約束も速度は遅いまま

LINEモバイルの通信速度低下について、一部ユーザから懸念の声が挙がっており、LINEモバイルの公式Twitter宛に回線の増強について質問が出ていました。

それに対するLINEモバイルの回答としては、回線状況は常に注視して月に2,3回程度の回線増速工事を行っていくと回答を寄せています。

 

しかし、2017年9月時点では、LINEモバイルの通信速度は回復せず、平日お昼12時台は1Mbpsを割り込むような状況です。

LINEモバイルお昼の通信速度

また平日夜20時台でも、僅か2Mbps程度まで通信速度が低下してしまっています。

LINEモバイル平日夜の通信速度

LINEモバイルの代わりとなる格安SIM

格安SIMの利用者が多くなるにつれて、お昼の時間帯においてはどこのMVNOも安定した通信速度を確保するのが困難になっています。

そのため、格安SIMで通信速度の安定性と速度を追い求めるならば、キャリアのサブブランドであるワイモバイルかMVNOでありながらKDDIの子会社という立場でキャリア回線を利用できているUQモバイルを選択すべきです。

UQモバイルとワイモバイルどちらが良いかは、利用者の環境によって変わってきますが、LINEモバイルの3GBプラン利用者ならばUQ mobileの方が良いかと思います。

UQモバイルとワイモバイルは結局どっちがお勧めなのか比較した結果

 

なぜUQモバイル(データ高速+音声通話プラン)の方が良いかというと、下記5点の理由からです。

  1. 音声通話プランの契約縛りが1年
  2. 1月のデータ容量が3GB
  3. 月々の費用がキャンペーンなしでも1680円
  4. 余ったデータ容量の繰り越しが可能
  5. パケットを消費しない低速モードが利用可能

UQモバイルではワイモバイル同様に2年縛りのある音声通話プラン(おしゃべりプラン、ぴったりプラン)が広告宣伝されているため、1年縛りのプランはあまり知られていません。

UQ mobileの音声通話3GBプラン

UQ mobileの音声通話3GBプラン

あまり宣伝しないのは、恐らくUQモバイルにとってあまり利益が大きくないからなのでしょう。

でも私達利用者にとってみれば、あまり通常の音声通話をしないのであれば、こちらのプランの方がいいわけです。

ということで、もしLINEモバイルの速度に不満があるのであれば、UQモバイルへの乗り換えがお勧めです。

私も1年縛りが終わる年末以降UQモバイルをメイン回線にしようかと思っています。