Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

Android 6.0新機能 通知領域の表示項目をカスタマイズ出来る隠し機能「システムUI調整ツール」を使ってみよう

Android 6.0ではディスプレイ上部のステータスバー(通知バー)やステータスバーから下にスワイプした時に表示されるクイック設定パネルの表示項目をカスタマイズできるようになりました。

Androidのステータスバー

Android 6.0の隠し機能「システムUI調整ツール」を有効にする

Androidの通知領域に表示される項目をカスタマイズするには「システムUI調整ツール」という隠し機能を有効にする必要があります。

システムUI調整ツールの有効化方法

Android 6.0のシステムUI調整ツール有効化

システムUI調整ツールを有効にするには、通知領域を開いて、歯車アイコン(設定アイコン)を長押しします。

長押ししたまま少し待ってアイコンが回転し始めたら指を離します。

そうすると、「システムUI調整ツールを設定に追加しました」と表示されます。

Android 6.0システムUI調整ツール有効化を確認

Androidの設定を開いて一番下にいくと「システムUI調整ツール」が新たに追加されました。

Android 6.0のシステムUI調整ツール

システムUI調整ツールをタップして起動します。

Android 6.0のシステムUI調整ツールは隠し機能

システムUI調整ツールは隠し機能のため、今後で機能変更や機能が非公開となってしまう可能性もあります。

Android6.0のシステムUI調整ツールでカスタマイズ出来る項目

Android 6.0 クイック設定パネルの表示内容を変更する

クイック設定をタップします。

クイック設定パネルが表示されます。

Androidのクイック設定パネル

ここで項目を長押しして、削除までドラッグ&ドロップすると項目を非表示に出来ます。

Android 6.0のクイック設定パネルのカスタマイズ

長押ししてドラッグ&ドロップで配置位置を変えられます。

タイルを追加をタップすると、削除した項目を再度表示出来ます。

Android 6.0 通知領域(ステータスバー)の表示項目をカスタマイズ

ステータスバーをタップします。

Android 6.0のステータスバーカスタマイズ

試しにwifiとモバイルデータを非表示にしてみると

Android 6.0のシステムUI調整ツールでステータスバーをカスタマイズ

こんな感じでステータスバーの表示情報をカスタマイズできるようになりました。

自分の好みに合わせてカスタマイズしてみましょう!