気象情報

雨雲レーダーを見るとゲリラ豪雨!でもまったく雨は降っていないという不思議な現象の原因

雨雲レーダーを見るとゲリラ豪雨!でもまったく雨は降っていないという不思議な現象が発生しました。

この不思議な現象が発生したのは、2017年3月18日の朝8時50分ごろ栃木県野木町、古河市付近。

雨雲レーダーを見ると、かなり局地的なゲリラ豪雨になっているように見えます。

気象予報士でも間違える雨雲レーダーの不思議な現象とは

雨雲が無いのにゲリラ豪雨状態を示した雨雲レーダー

雨雲が無いのにゲリラ豪雨状態を示した雨雲レーダー


この雨雲レーダーについて、、美人気象予報士の國本未華さんもちょうどTBSのあさチャンで古河市の古河総合公園から生中継した後に、こんなツイートをしています。

私のような素人だけでなく、気象に関する講演も数多く行っている國本さんでも局地的にかなり強い雨が降っているように見える雨雲レーダーですが、この時この場所では雨は降っていません

では何が起こっていたのでしょうか?

原因は、渡良瀬遊水地のヨシ焼きによる灰の影響

どうやら毎年恒例のヨシ焼きによる灰によってレーダーがご認識したようです。

恥ずかしながヨシ焼きを知らなかったのですが、Twitterに挙がっている動画や写真を見るとかなりのもので、地上からの空模様はまさにゲリラ豪雨が来そうな感じに見えます。

知らない人からしたら大規模火災が起きているようにも見えて、焦ってしまいそうですね。

このヨシ焼きですが、栃木市のTwitterを読むと自然保護や火災防止の意味もあるとのことだそうです。

國本気象予報士も、すぐに情報をキャッチして、Twitterで情報を訂正していました。

國本未華気象予報士でもこのヨシ焼きによる雨雲レーダーの誤認は、気付いていない人がいるほど。

雨雲レーダーの精度は年々高精度になっていっているので、こういった風物詩による影響もいずれ見られなくなってしまうのでしょうね。

-気象情報

© 2020 Zバッファ