読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

AirPodsが行方不明になったのでiOS10.3の機能で探したけど見つからなかった理由とは

スポンサーリンク

AirPodsを使って早4ヶ月。

AirPods3ヶ月使用レビュー 音切れや遮音性はどうだったか

しかし、ここ数日AirPodsの行方がわからなくなって困っていました。

どこかで噴出した覚えはないのですが、自宅で調べても見つかりません。

そこで使ってみたのがiOSの10.3で追加されたAirPodsを探す機能です。

しかし、結局この機能では見つけることが出来ませんでした。

そこで今回はAirPodsを探す機能で出来る事、出来ない事を紹介します。

iOS10.3で追加されたAirPodsを探す機能とは

iOSの10.3で追加されたAirPodsを探す機能は、iPhoneを探すアプリやiCloudから利用出来ます。

iPhoneを探す

iPhoneを探す

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

https://www.icloud.com/find

AirPodsを探す機能で出来ること

まずiOSのマップアプリの地図情報上にAirPodsの大まかな場所が表示されるので位置を把握することが出来ます。

iOSのAirPodsを探す機能

ただ、あくまで大まかな位置なので、例えば建物内のどこにあるかなんかは分かりません。

そこで、音を鳴らすことでAirPodsがどこにあるのかを探ることが出来ます。

AirPodsを探す機能で音を鳴らしているところ

iPhoneを探すアプリやiCloudで「サウンドを再生」を行うと、AirPodsから「ピピピッ」という音が発せられます。

因みにAirPods使用中は、「片方または両方のAirPodsが現在使用中の可能性があります。続ける前にAirPodsを両方とも耳から外しておくようにしてください。大きな音が再生されるので耳に付けていると不快に感じる可能性があります」という警告メッセージが表示されます。

f:id:Uranff:20170416183810j:plain

 

AirPodsを探す機能で出来ないこと

先程はAirPodsを探す機能について紹介しました。

しかし私のケースではAirPodsから音は発しませんでした。

これはなぜかというと、イヤホンがケースの中に入っている状態だったからです。

AirPodsのケース

ケースの中にイヤホンが入っている状態で紛失すると、大体の位置は位置情報が最後に送信された場所から大体は分かりますが、音はしないため、見つけ出すのに苦労します。

逆にイヤホンがAirPodsのケース内に入っている場合でも、下の写真のように蓋が空いている状態であればiPhoneとブルートゥース接続しているので音は鳴ります。

f:id:Uranff:20170416184819j:plain

元々この探す機能はイヤホンの片方を紛失してしまった場合などを想定して作られているのだと思います。

そういったケースであれば、iPhoneからブルートゥースが接続できる距離まで近づけば、「ピピピッ」という音でどこにあるか探し当てることが出来ると思います。

 

今回私の場合は、普段あまり着ないジャケットのポケットにケースごと入れていたために音が鳴らず発見にかなり時間がかかりました。

もし自宅などでAirPodsが行方不明になった場合で、ケースに入れたままの状態の時は、自力で発見するしかありません。

以上、AirPodsを探す機能で出来ること、出来ない事の紹介でした。