FX

「LINE FX」を実際に使ってみた感想と第三者の口コミや評判

LINE FXに口座開設

LINE FXに口座開設

LINE FXの口座開設をして、実際に取引をしてみたのですが、正直現時点では他のFX会社に対して差別化が出来ていないと感じました。

キャッシュバックキャンペーンはかなり魅力的なのですが、継続的に使っていくには、LINEの各種金融サービスとの連携が不可欠です。

LINE FXの詳細

実際に使ってみた感想と批評

ここからは私が実際にLINE FXで取引してみて感じた感想というか批評になります。

LINEとの連携が無い

LINE FXを使ってまず感じたのが、LINEとの連携機能が殆ど無く、相乗効果が何故か無いのです。

現時点でLINEとの連携機能としては、相場の急変や各種経済指標の発表が通知されるくらいです。

経済指標がLINEで通知される

経済指標がLINEで通知される

LINE証券 の場合は、LINEポイントで入金できたり、LINE Payとの入出金ができます。

しかし、LINE FXの場合は、LINEポイントも使えませんし、入金も銀行口座からしか出来ません。

「LINE FX」への入金は銀行口座からのみ

「LINE FX」への入金は銀行口座からのみ

取引単位が1万通貨単位で取引に必要な証拠金が高い

FXの取引単位は旧態依然は1万通貨単位でした。

しかし、今では1000通貨単位で取引できるところが増えていますし、SBIネオモバイル証券のネオモバFXなら1通貨から取引できます。

SBIネオモバイル証券

しかし、そんな中新しく登場したLINE FXの取引は1万通貨単位となっています。

ドル円だとレバレッジ1倍の取引で約110万円以上の資金が必要となります。

FXのレバレッジは最大25倍なので約5万円あればドル円を1万通貨取引できます。

LINE証券が、他の証券会社と差別化して1株から取引できるようにしているのに対して、LINE FXはまったく競合他社に対して差別化出来ていません。

自動売買はできない

FXの取引では自動売買を利用する方が少なからずいます。

自動売買をする上で主流なのがMetaTraderというツールです。

略してMT4やMT5と呼ばれます。

MetaTraderのバージョン4がMT4で、MetaTraderのバージョン5がMT5です。

しかし、LINE FXの取引システムはMetaTraderに対応していません。

また独自の自動売買システムも提供されていないため、2020年4月時点では自動売買はできません。

FX取引の自動売買を希望する場合は、他のFX会社を利用する必要があります。

 

取引手数料にあたるスプレッドは業界最安水準

FXの取引手数料で最も重要視されるのがスプレッドです。

他のFX会社ではドル円のスプレッドが0.3銭というとこもありますが、LINE FXの場合は、ドル円で原則0.2銭固定となっており、業界最安水準となっています。

「LINE FX」のスプレッド

「LINE FX」のスプレッド

ただ、業界最低水準は言い換えれば他の会社でも同様の手数料・取引コストでFX取引ができることを意味します。

また、SBIネオモバイル証券のネオモバFXならドル円のスプレッドは、なんと0銭と取引手数料が完全無料となっています。

ネオモバFXのスプレッドは0銭

ネオモバFXのスプレッドは0銭

SBIネオモバイル証券

1取引で5000円キャッシュバックは魅力的

これが目的で私はLINE FXの口座開設をしたといってもいいでしょう。

LINE FXは期間限定で5000円キャッシュバックキャンペーンを開催しています。

「LINE FX」の5000円キャッシュバック

「LINE FX」の5000円キャッシュバック

FX会社ではよくキャッシュバックキャンペーンは行われているのですが、口座開設後に20万通貨単位や100万通貨単位以上の取引が必要な場合が多いです。

それに対してLINE FXは1万通貨一回の取引で5000円のキャッシュバックを得ることが出来るので、低リスク且つ少ない資金でキャッシュバックを得ることが出来ます。

口コミ等の評判について

ここからは、「LINE FX」の口コミ等の評判について見てみましょう。

「LINE FX」の口コミで1番多いのは、やはり5000円キャッシュバックがお得だというコメントです。

やはり1取引するだけで5000円貰える点に魅力を感じている人が多いですね。

ドル円の取引なら5万円を入金し、一回買って、直ぐに売ればほぼ損なくキャッシュバックを受け取る可能なので、そこに魅力を感じている人が多いです。

それ以外の意見としては、やはり私が感じた事と同様にLINE Payからの入出金が出来ない点に不満を抱いている方がいました。

そりゃそうですよねーといった感じです。

せっかくLINEというプラットフォームを利用しているのに、LINE Payなど他の金融サービスとの連携が無いのは残念です。

 

取引環境については、他に複数のFX会社で取引経験がある自分としては標準的かなと思っていますが、他の方も同様の意見でした。

業界大手のDMM FXと比べても大差ないという口コミが寄せられています。

LINE FXはLINEという巨大なプラットフォームをまだまだ活かしきれていない状況ですが、それだけポテンシャルは秘めていると思います。

今後還元率3%のクレジットカードも発行されますし、ますます金融サービスに力を入れていくことでしょう。

LINEのプラットフォームを活かして、他のFXサービスよりもお得な魅力的なサービスになって欲しいところです。

LINE FXの詳細

-FX

© 2020 Zファイナンス