Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

バンドルカードの登録から支払いまで実際に使って感じたメリットとデメリットを解説

年齢制限なしで、特に審査も不要で利用できるVISAプリペイドカードがバンドルカードです。

クレジットカードが必要な場面は、色んな場面でありますが、中学生や高校生などの学生だったりするとクレジットカードが作れないケースもあります。

そんな時に便利なのがバンドルカードのような国際ブランド付きのプリペイドカードです。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

国際ブランドというのはVISAやJCBにMasterCardといったクレジットカードで良く目にするブランドです。

これら国際ブランドが付いているプリペイドカードは、クレジットカードのように利用できる便利性がある一方でプリペイドカードなので、事前にチャージした範囲でしか利用できないので、使いすぎの心配がありません。

バンドルカードの特徴とメリット

ここからは、バンドルカードの特徴やメリットについて紹介していきます。

プリペイドカードなのに後払いができる

バンドルカードのポチッとチャージ

バンドルカードのポチッとチャージ

バンドルカード最大の特徴がポチッとチャージと呼ばれるチャージ方法です。

バンドルカードに新機能追加!!「ポチっとチャージ」の申請・支払い方法 | Hello Vandle[ハローバンドル]

 

これは他のプリペイドカードには無い、バンドルカードだけが持つ特徴で、いますぐにチャージするお金が手元に無くてもチャージして、クレジットカードのように支払いに利用できる機能になります。

必ず確認したい注意点

ただ、このポチッとチャージにはいくつか注意点があります。

1つは、利用するのに氏名やメールアドレスの情報が必要になるという点です。

そして1番の注意点が、ポチッとチャージした金額は翌月支払うことになるのですが、この際に手数料がかかるということです

ポチッとチャージの支払いは翌月

ポチッとチャージの支払いは翌月

手数料はポチッとチャージした金額によって以下のようになっています。

  • 3000円〜10000円の場合:500円
  • 11000円〜20000円の場合:800円

 

手数料が発生するので、基本的にはどうしてもチャージできる時間が無いけど、どうしてもカードでの決済が必要な時以外は使わない方がいいです。

多種多様なチャージ方法

 

バンドルカードのチャージ方法は多種多様

バンドルカードのチャージ方法は多種多様

バンドルカードの特徴として、多種多様なチャージ方法が用意されている点が挙げられます。

通常のプリペイドカードだと、銀行やコンビニからのチャージ方法が一般的ですが、バンドルカードではクレジットカード以外にも仮想通貨のビットコインや携帯会社を利用したチャージも出来るようになっています。

 

クレジットカードのチャージは手数料無料

クレジットカードからバンドルカードにチャージ

クレジットカードからバンドルカードにチャージ

プリペイドカードへのチャージで、クレジットカードを利用したチャージだと手数料がかかる場合があります。

例えば、ポイントサイトのポイントをチャージできる変わったプリペイドカードのpollet VISAプリペイドカードでは、特定のクレジットカード会社以外からチャージした場合は手数料がかかります。

www.zbuffer3dp.com

バンドルカードの場合、クレジットカードからチャージしても手数料はかかりません。

 

実際に楽天カードを利用してチャージしてみましたが、手数料が発生しないことを確認済みです。

楽天カードでバンドルカードにチャージしてみた

楽天カードでバンドルカードにチャージしてみた

尚、クレジットカードを利用したチャージでは、3Dセキュアが利用できる必要があります。

ただ、クレジットカードの多くは3Dセキュアが利用できるようになっているので、心配は不要です。

クレジットカードのチャージには3Dセキュアを利用した本人確認が必要

クレジットカードのチャージには3Dセキュアを利用した本人確認が必要

逆に、国際ブランド付きプリペイドカードでは3Dセキュアが殆ど利用出来ないので、バンドルカードにクレジットカードチャージ機能を利用してKyashのような別のプリペイドカードからチャージすることは困難です。

 

ケータイ払い(ドコモのみ)

バンドルカードでは、ドコモ払いによるチャージが利用できます。

そのため、NTTドコモを利用している人は、ドコモの利用代金と一緒にチャージした金額が請求される形となるので、余計な手続きなどが不要です。

 

尚、以前まではソフトバンクやワイモバイルを利用している人もケータイ払いが利用出来ましたが、2018年3月以降は利用できない状況になっています。

 

謎のギフトコードによるチャージ

バンドルカードのチャージ方法で誤解されるのがギフトコードによるチャージです。

これは、バンドルカードがキャンペーン等で発行したギフトコードからチャージできる方法なのですが、Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playカードのコードからチャージできると誤解されているケースが見受けられます。

support.vandle.jp

 

バンドルカードのデメリット

バンドルカードについて、主に他のプリペイドカードと比べた場合のデメリットについて解説します。

リアルカードの発行に手数料がかかる

私が利用しているKyashカードやポレットカードは、カードの発行手数料は無料なのですが、それに対してバンドルカードのリアルカードには発行手数料がかかります。

 

バンドルカードには2種類のリアルカードが存在していて、本人確認不要のリアルカードは300円の発行手数料がかかります。

そして、宿泊施設やガソリンスタンドでも利用できるリアル+カードは発行手数料として600円かかります。

還元率が0%

バンドルカードで支払いを行っても特にポイント還元はありません。

これが同じVISAのプリペイドカードであるKyashを利用すれば、利用額の2%以上が還元されます。

www.zbuffer3dp.com

Kyashの場合は、クレジットカードによるチャージでもポイントが貯まるので、2重でポイントが獲得できる大きなメリットがあります。

チャージ上限額

バンドルカードも他のプリペイドカード同様にチャージできる上限が決まっています。

チャージ上限額は以下のようになっています。

  • 全チャージ上限額:100万円
  • 月間チャージ上限:12万円
  • 1回あたりのチャージ上限:3万円

このチャージ上限はバーチャルカードとリアルカード利用時です。

バンドルカードのリアルカード+を利用する場合は、以下のように大幅に上限は緩和されます。

  • 全チャージ上限額:無制限
  • 月間チャージ上限:200万円
  • 1回あたりのチャージ上限:10万円

 

2種類あるリアルカードについて

バンドルカードには、2種類のリアルカードがあります。

バンドルカードには2種類のリアルカードがある

バンドルカードには2種類のリアルカードがある

出典:https://vandle.jp/specs/

この2種類の違いですが、本人確認が必要か否かが大きな違いです。

リアルは本人確認不要で発行できます。

それに対してリアル+は、宿泊施設やガソリンスタンドでも利用できる点が異なります。

blog.kyash.co

 

バンドルカードをAmazonで使ってみた

バンドルカードをAmazonで利用した履歴

バンドルカードをAmazonで利用した履歴

クレジットカードを利用してチャージしたバンドルカードをAmazonで利用してみました。

1000円チャージしていたので、これでAmazonギフト券を購入してみました。

f:id:Uranff:20181006112920j:plain

 

Amazonでバンドルカードを使えるようにするには、Amazonにクレジットカードとしてバンドルカードを登録してから利用します。

Amazonにバンドルカードを登録

Amazonにバンドルカードを登録

クレジットカードの名義人欄は、VANDLE USERで登録できましたし、支払いもこれで出来ました。

支払いが終わると、若干のタイムラグはありますが、支払い通知が届きます。

支払いを知らせる通知

支払いを知らせる通知

これでAmazonでの支払いをバンドルカードで行えたことを確認出来ました。

バンドルカードの登録と作成

最後にここまで紹介してきたバンドルカードの登録と作成方法について紹介します。

バンドルカードは年齢制限も無いですし、審査も不要なので簡単に作れますが、新規登録時に入力を求められる招待コードが分からない場合があります。

下記記事では、招待コードを利用してバンドルカードを作る方法について解説していますので、参考にしていただければと思います。

www.zbuffer3dp.com

 

今回は、バンドルカードを実際に使って分かったメリットとデメリットを含めた体験談をお送りしました。

これからバンドルカードを利用しようと思っている方の参考になれば幸いです。