Amazon

Amazonセキュリティ警告のサインインが検出されましたはフィッシングメール

Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました

Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました

Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました

こんなメールが届いている場合は、メール内のリンクを開かないようにしてください。

これは俗にフィッシングメールと呼ばれる詐欺メールで、メール内のリンクを開いてログインIDやパスワード、個人情報を入力してしまうと、その情報が抜き取られて悪用されてしまいます。

フィッシングメールの内容

Amazonを騙るフィッシングメールの内容は以下の通りです。

フィッシングメールの本文

あなたのアカウントは停止されました

誰かがあなたのAmazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。そうでなければ、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。

それ以外の場合、あなたのアカウントは、永久ロック

 

フィッシングメールを見抜くポイント

ここでは、特別なツールを使わずにフィッシングメールを見抜くポイントをお伝えします。

なお、Amazonも公式ヘルプでフィッシングメールを見分けるポイントについて解説していますので、是非一度ご確認ください。

メール本文の挨拶文がおかしい

Amazonのフィッシングメールは挨拶文がおかしい

Amazonのフィッシングメールは挨拶文がおかしい

フィッシングメールと見抜くポイントの1つ目は、挨拶文です。

多くのフィッシングメールでは、冒頭の挨拶文で氏名ではなく、メールアドレスが記載されています。

これは氏名などの個人情報は把握できておらず、入手したメールアドレス宛にランダムにメールを送信しているからだと考えられます。

メール最後のコピーライト表記がおかしい

今回のAmazonを騙るフィッシングメールでは、メール下部のフッター部分に表記されている著作権を表すコピーライト表記がおかしいです。

コピーライト表記がAmazonとは関係無い内容

コピーライト表記がAmazonとは関係無い内容

具体的にどうおかしいかというと、「1 Infinite Loop, クパチーノ」という住所と思われる部分。

これAmazonじゃなくてAppleの元本社なんです。

フィッシングメールを送っている組織または人物は、意図的にAmazonとは異なる情報を記載していると考えられます。

まぁーメール受信者をバカにしてるんでしょうね。

フィッシングメールへの対策

フィッシングメールへの対策ですが、前述した見抜き方を駆使しつつ、Gmailを利用するのがお勧めです。

Gmailは機械学習を利用したAIで迷惑メールを識別しているため、今回の「Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました」も迷惑メールとして弾いてくれていました。

Gmailの迷惑メールフィルター

Gmailの迷惑メールフィルター

Amazonは利用者が多いだけに、今回のようなフィッシングメールが後が絶ちません。

Amazon公式ヘルプのフィッシングメール見分け方を確認するとともに、Gmailを利用するなどして、防御を固めてください。

-Amazon

Copyright© Zバッファ , 2020 All Rights Reserved.