プリペイドカード

みんなの銀行は怪しいのか実際に使って感じたデメリットとは

危険や怪しいといった口コミの原因は紹介コード

みんなの銀行には「怪しい」とか「危険」といった口コミがあります。

また、Google検索の予測検索ワードにも出てくるので気になりますよね。

この 「怪しい」とか「危険」 といったワードが出てくる要因に紹介コードの存在があります。

みんなの銀行の紹介コードと掲示板やTwitter上の物を使うと無効化になる件

みんなの銀行では、口座開設者が友達などへ口座開設を宣伝してもらう目的で紹介コードを用意しています。

この紹介コードを利用してもらうと、紹介者と紹介された側にそれぞれ1500円がプレゼントされます。※時期によって変動します

そのため、紹介コードをネット上の掲示板に貼り付ける行為が反乱していて、Yahoo知恵袋などにも紹介コードを貼り付けて宣伝する行為が氾濫している状態です

このような行為を見た人が、みんなの銀行は怪しいとか危険といった印象を受けてしまっているのです

このような事が起きているため、みんなの銀行は、掲示板やTwitterなどのSNS上での紹介コードを無闇に掲示することを禁じていますが、状況に改善する気配はなく、紹介コードの無効化などの対処を行っています。

みんなの銀行を使って感じたデメリットとは

スマートフォンが無いと使えない

みんなの銀行は、デジタル銀行なので一般的な銀行と異なり以下のような物がありません。

  1. 預金通帳
  2. キャッシュカード
  3. WEBサイトからの銀行振込や残高確認

預金通帳については、楽天銀行や住信SBIネット銀行のようなネット銀行でもありませんが、キャッシュカードは発行されます。

それに対して、みんなの銀行にキャッシュカードは存在しません。

そして、通常のWebサイトでは口座開設者向けのサービスは用意されていないため、銀行振込や預金残高の確認などをPCから利用できないデメリットがあります。

預金残高の確認や銀行振込といったサービスは全て、スマートフォンのアプリで行うように設計されています。

即ち、みんなの銀行を利用するにはスマートフォンが必須ということです。

そしてネット障害などでインターネットに接続出来ないと、何もできなくなります。

今やインターネットは生活インフラで、ネットに繋がらないとATMも動作しないですし、通常の銀行もサービス提供は困難です。

また、お財布は持ってるけど、スマートフォンを忘れた時なんかだと困るケースがあるかもしれません。

セブン銀行ATMが無い離島や地域では現金の入出金が面倒

前述したように、みんなの銀行に物理的なキャッシュカードはありません。

全てスマートフォンを介した取引となります。

セブン銀行ATMでスマートフォンを使って入出金
セブン銀行ATMでスマートフォンを使って入出金

ATMから現金を出金したり、逆に入金するにもスマートフォンにインストールしたみんなの銀行アプリが必要となります。

対応しているATMはセブン銀行ATMとなるため、離島や一部セブン銀行のATMが無い地域ではATMから預金を引き出せないデメリットがあります

離島や一部地域にはセブン銀行ATMが無いので引き出しが面倒
離島や一部地域にはセブン銀行ATMが無いので引き出しが面倒

このような場合は、みんなの銀行口座からゆうちょ銀行など自分の住んでるところで使えるATMがある銀行に振り込みを行うことで回避できます。

デビットカードもバーチャルカードのみ

みんなの銀行が発行するJCBデビットカード
みんなの銀行が発行するJCBデビットカード

みんなの銀行は、物理的なデビットカードは発行していません。

その代わり、バーチャルデビットカードが口座開設時に発行されます。

このデビットカードはJCBブランドのカードとなっていて、Apple Payに登録して使うことができます。

ネットショッピングやキャッシュレス決済での利用においては特に不便なく使うことができますが、キャッシュレス決済に対応していないお店だと使うことが出来ません。

みんなの銀行のデビットカードを使う方法

また、JCBブランドのデビットカードなので、PayPayなどJCBブランドのカードが使えないサービスで利用できないデメリットがあります

みんなの銀行を利用するメリットも多い

口座開設時に本人確認等の郵便物が一切ない

みんなの銀行の口座開設は全てスマートフォンで完結します。

そのため、本人確認や住所確認のために本人受取限定郵便が家に届くことがありません。

従来の銀行だと日本郵便から本人受取限定郵便の書類が送られてきて、そこにログインに必要なIDやパスワードが記載されていましたが、みんなの銀行にはそういった郵便物が届くことはありません。

そのため、家を留守にしがちな人でもワザワザ不在通知票を持って郵便局に行く必要がありません。

また、口座開設に関して同居している家族に怪しまれることも無いです。

口座開設で誰でもお金が貰える

みんなの銀行は、紹介コードを利用して口座開設すると1500円が誰でも貰える友達紹介キャンペーンが実施されています。

他の銀行のように取引条件あったりしないのがメリットです。

ただ、みんなの銀行はサービスが始まったばかりでこのような広告宣伝費を兼ねてお金を配っていますが、それは永遠に続く訳ではありません。

一定の口座開設者が集まったと判断すれば、友達紹介キャンペーンは終了するはずです。

そのため、少しでも口座開設を検討しているのであれば、今のうちの紹介コードを利用して口座開設しておくことをお勧めします。

前述したように、面倒な郵便物が届いたりしないので、口座開設のハードルは低いと思っています。

5万円まで手数料無料でお金を現金で借りれる

みんなの銀行のプレミアム会員になった後に、カバーと呼ばれるサービスに申し込んで審査に通れば5万円まで手数料無料でお金を借りることができます

みんなの銀行のカバーを使って5万円を現金化したみた結果

プレミアム会員は月額600円のサブスクリプションとなっていますが、1年間は無料で利用することができます

メルペイスマート払いやペイディ、B/43といった後払いが可能なお金を借りれるサービスは色んなところでありますが、そのどれもが手数料がかかる仕組みとなっています。

これは当然で、これらのサービスはそういったお金を貸し出すことで利益を得ようとしているためです。

みんなの銀行は、手数料ではなく月額のサブスクリプションで利益を出す考えとなっていますが、今は1年間無料なので非常にお得にお金を借りることが出来るわけです。

そして、 メルペイスマート払いやペイディ、B/43といった後払いサービスと異なるのが現金で引き出せる点です

これらのサービスでは、専用のプリペイドカードで使える残高を借りれる仕組みとなっているため、現金化するにはEメール版のAmazonギフト券を購入して売却する必要がありました。

それに対して、みんなの銀行であれば銀行口座に5万円が入金されて現金化できるので、ちょっと現金が必要なときに重宝します。

-プリペイドカード