Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

内藤忍さんが顧客向けメルマガで仮想通貨のアフィリエイト

ネット証券大手のマネックス証券の創業に関わり、日本におけるインデックス投資の普及に多大なる貢献を果たした内藤忍さん。

マネックスを離れて2012年に独立した後は、国内外の不動産投資やワイン投資など多種多様な資産運用を実戦しつつ、その実戦で得られたノウハウや知識を使って数多くの本を出版しています。

内藤忍さんに痛手。ワインファンド「ヴァンネット VIN-NET」が行政処分そして破綻

 

直近でも12月20日に不動産投資に関する新著を出版したばかりです。 

そんな内藤忍さんが代表を務める株式会社資産デザイン研究所では、2013年1月から毎週金曜日にメルマガを発行しています。

メルマガでは内藤忍さんが関わるセミナーや勉強会への参加者を募る営業活動他に、毎週気になる資産運用関係のニューストピックを扱ったり、読者からの質問に答えたりしています。

そんなメルマガは、12月22日時点で251通目に達しており、読者数は2016年7月時点で3万人を越えているのですが、そんなメルマガ中で読者からの質問に回答する形で仮想通貨取引所のアフィリエイト広告を掲載していたのが目にとまりました。

内藤忍さんがアフィリエイトで紹介した仮想通貨取引所

内藤忍さんがメルマガの中でアフィリエイト広告で紹介した仮想通貨取引所がビットフライヤーとコインチェックです。

内藤忍さんのメルマガで掲載された仮想通貨のアフィリエイト

内藤忍さんのメルマガで掲載された仮想通貨のアフィリエイト

両社は現在テレビCMを行うなど、顧客獲得に多大な投資を行っています。

因みにビットフライヤーとコインチェック以外の国内取引所で他に有名なところとしては、ZaifとGMOコインといったところもあります。 

さて、今回こんな記事を書いたのは、別に内藤忍さんが顧客である個人投資家に向けて仮想通貨のアフィリエイトで収益を上げようとしていることを非難することが目的ではありません。

アフィリエイト広告自体はなんら悪い仕組みではなく、価格.comを始め世の中にはアフィリエイト広告で多くの収益をあげている企業もありますし、その結果として無料で有益な情報をネットで私達は得られるわけです。

ではなぜ今回この記事を書こうかと思ったのかというと、内藤忍さんほどの著名な方でも仮想通貨の流行に便乗しようとしているというところです。

それだけ仮想通貨の盛り上がりを改めて考えさせられます。

内藤忍さんは3年以上前に仮想通貨のセミナーを開催

今回最新のメルマガで仮想通貨のアフィリエイト広告を読者宛のメールに掲載した内藤忍さんですが、実は3年以上前の2014年4月に仮想通貨リップルに関するセミナーを開催しています。

asset-design.jp

当時既にビットコインは注目を集めだし、それに気がついた内藤さんは仮想通貨のリップルに注目し、セミナーを開催したのです。

そして、当時のセミナーでは参加者全員に仮想通貨リップルを1000XRP分プレゼントする特典付きでした。

この1000XRPですが、セミナーが行われた時は500円前後価値でしたが、2017円12月時点まで保有していたら30万円以上と600倍以上に値上がりしています。

リップル(XRP)の価格チャート

リップル(XRP)の価格チャート

2014年当時は今のように多くの人が仮想通貨に注目している状況でもなく、また日本における仮想通貨の取引環境も今のように便利なものではありませんでした。

そのため、恐らく当時セミナーに参加された方は1000XRPをウォレットに保有したまま忘れているのではないかと思います。

最近の仮想通貨ブームで、気がついてウォレットをみてみたらちょっとしたボーナスを貰った感覚になるでしょうね。

因みに、仮想通貨リップルはコインチェックから購入可能で、ビットフライヤーでは取り扱っていません。