読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

グーグルアドセンスの新しいページ単位の広告導入によって得られた収益効果を確認してみた

スポンサーリンク

さて今週から新たにテスト導入されたグーグルの新しい広告形態である「ページ単位の広告」。

既にグーグルアドセンスを利用してブログに広告を表示しているブロガーの方でも導入してみた方もいると思います。

グーグルアドセンスのページ単位広告を導入

本ブログでもグーグルアドセンスを利用して広告を表示しているので、早速新しいページ単位広告についても設定して導入してみました。

ページ単位広告とはどのような広告かについてはGoogleがyoutubeで解説動画を公開しています。


Meet AdSense’s next generation ads Page level ads

これを見ると分かるように、広告タイプとしては2つあります。

グーグルアドセンスのページ単位広告は2種類

いずれもモバイル専用の広告でパソコンでは表示されません。

1つはアンカー広告と呼ばれるもので、スマホの画面下に表示される広告です。

オーバーレイ広告とも呼ばれています。

グーグルアドセンスのページ単位広告

Google以外では既によく見受けられる広告タイプです。

Google以外での広告と異なるのは、この広告は毎回表示されるわけではなく、グーグルのアルゴリズムで広告を表示するのが最適だと考えられたタイミングで表示されます。

2つ目がモバイル全画面広告です。

グーグルアドセンスのページ単位広告

こちらは、ウェブページ内のリンクをクリックした時に表示されます。

スマホの画面全体に表示されるのでインパクトがありますが、悪い印象をもたれる可能性があります。

こちらも毎回表示されるわけではなく、グーグルのアルゴリズムで広告を表示するのが最適だと考えられたタイミングで表示されます。

はてなブログへのページ単位広告の導入方法

ページ単位広告をはてなブログに導入するのは非常に簡単です。

グーグルアドセンスのウェブページで発行したコードを、そのまま、ヘッダー部分に貼り付けて変更を保存するだけです。

はてなブログへのグーグルアドセンスのページ単位広告導入

コードはサイトごとに変更する必要もありません。

但し、上記で説明したように広告は任意のタイミングで表示されるため、ちゃんと設定が出来ているかどうかはプレビュー機能で確認する必要があります。

プレビュー機能を実行するには、URLの最後に#googleadsを付けてウェブページを表示するだけです。

Google Adsenseのページ単位広告を導入して得られた収益

グーグルアドセンスのページ単位広告を導入して1日経過したのでグーグルアドセンスのレポートを確認してみました。

グーグルアドセンスの規約上具体的な数値は出せませんが、アンカー広告とモバイル全画面広告合わせて数百回表示されてクリック数は0回でした。

これはもちろん私が管理している複数のブログにおける結果なので、他のブロガーの方は違う結果になっているかもしれません。

尚、モバイル全画面広告の表示回数は一桁だったので表示される機会はかなり限定的のようです。

グーグルアドセンスのページ単位広告のレポート確認方法

現状グーグルアドセンスのページ単位広告のレポートはスマホなどに提供されているグーグルアドセンスのアプリでは確認出来ません。

グーグルアドセンスのウェブページから確認することになります。

www.google.co.jp

手順は以下の通りです。

  1. グーグルアドセンスにログインします。
  2. ページ上部にあるメニュー一覧から[広告の設定]を選択します。
  3. 左側にあるメニュー一覧から[ページ単位の広告]を選択します。
  4. 画面右上の方に[ページ単位の広告のレポートを表示]を選択します。

それ以外では、レポートタイプを[広告の動作]にして、フィルタの追加でアンカー広告とモバイル全画面広告にチェックを入れることでも確認することが出来ます。

 

まだまだ今週から始まったばかりのグーグルアドセンスのページ単位広告。

広告の種類も今後増える予定ということなので、効果のほどについてはもう少し長期的に見ていきたいと思います。