広告

セゾンポケットとセゾン投信の違いを分かりやすく解説

セゾンポケットとセゾン投信の違い
セゾンポケットとセゾン投信の違い

セゾンポケットセゾン投信の違いについて出来るだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

セゾンポケットとセゾン投信の違いの表でまとめてみた

セゾンポケットとセゾン投信で取引できるサービスの内容の違いについて比較した表が下になります。

サービス名セゾンポケットセゾン投信
個別銘柄のつみたてできるできない
ETFのつみたてできるできない
投資信託のつみたてできる
取扱数2商品
できる
取扱数3商品
セゾンカードの必要有無必要
最短5分で発行可能セゾンカードの詳細
必要ない
ポイント投資できるできない
クレジットカードによる購入できるできない
一般NISA及びつみたてNISA対応対応
公式サイトへのセゾンポケット詳細を見るセゾン投信詳細を見る
セゾンポケットとセゾン投信の違いを表にまとめた結果

表を見ていただければ分かるようにセゾン投信に比べてセゾンポケットの方が利用するメリットが多いです

カードで個別企業株を買えるのはセゾンポケットだけ

セゾンポケット

永久不滅ポイントも勿論投資に使えます

セゾンポケットはクレジットカードで個別銘柄のつみたて投資が可能

セゾンポケットの特徴
セゾンポケットの特徴

セゾンポケットが他の金融サービスと異なるのが、クレジットカード(セゾンカード)で個別銘柄やETFのつみたて投資ができる点です

年会費無料 最短5分で発行できるセゾンデジタルカード

クレジットカードで投資信託を買える証券会社は楽天証券やSBI証券など複数ありますが、これらは投資信託のみが対象になっています

証券取引所に上場している個別企業の株をクレジットカードで購入できるのはセゾンポケットだけです

クレジットカードによる投資で永久不滅ポイントが貯まります

セゾンポケットはカードやポイントで個別株のつみたてができる
セゾンポケットはカードやポイントで個別株のつみたてができる

セゾン投信はセゾンカードが無くても利用できるが手数料が高いのがネック

色々とメリットがあるセゾンポケットですが、利用にはセゾンカードが必要となります。

セゾンポケットを使って感じたデメリット6個をブログで解説

一方でセゾン投信は、セゾンカードを持っていなくても口座開設して、投資信託を購入することができます。

セゾン投信で取り扱っている投資信託は以下の3つです。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • セゾン共創日本ファンド

このうち1と2の投資信託はセゾンポケットでも購入できます。

一方で、セゾン投信で購入できる投信はこの3つだけで、一般的な証券会社で購入できる投資信託と比べると種類は圧倒的に少ないです。

また、投資信託の手数料も一番安いセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで年率0.56%ということで、ネット証券で買える低コストインデックスファンドに比べて見劣りします。

セゾン投信の投資信託は、リバランス等を行う関係でインデックスファンドよりもコストが高くなってしまいます。

これらのため、敢えてセゾン投信の口座を開設する必要はありません。

カードで個別企業株を買えるのはセゾンポケットだけ

セゾンポケット

永久不滅ポイントも勿論投資に使えます

-スマホ証券