Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

ふるさと納税で還元率40%のAmazonギフト券を入手すべく申し込んでみた

総務省からの命令によりギフト券などの金券類を返礼品にしたふるさと納税は、今後控除対象外になる予定であることから、各自治体が駆け込み需要を取り込もうとなんでもありの状態になっていて、ついにはAmazonギフト券を返礼品にする自治体まで登場しました。

www.zbuffer3dp.com

ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券が登場

ふるなびにAmazonギフト券がふるさと納税の返礼品に登場

ふるなびにAmazonギフト券がふるさと納税の返礼品に登場

ふるさと納税サイトの"ふるなび"は、家電やギフト券といった今後廃止が濃厚な返礼品を用意している自治体を見つけることが出来るサイトですが、本日から期間限定ではありますが、Amazonギフト券を返礼品とする自治体が登場しています。

ふるなび Amazonギフト券を返礼品にしている自治体

 

www.zbuffer3dp.com

5万円の寄付で2万円分のAmazonギフト券が貰えるので、還元率は40%になっています。

Amazonギフト券は、電子データとしてではなく、カードとして郵送されます。

 

正直、返礼品が返礼品だけにいつまで申し込むことが出来るのか不透明です。

もしかしたら、週明けには消えてなくなっているかもしれません。

そのため、早速ふるさと納税することにしました。

静岡県小山町へふるさと納税してみた

今回Amazonギフトを返礼品にしているのは、静岡県小山町になります。

過去には、HISギフト券を返礼品にしていたこともあります。

そんな小山町へのふるさと納税はふるなびから出来ます。

静岡県小山町へのふるさと納税申し込み

 

Amazonギフト券を返礼品として貰うには最低5万円の寄付が必要となるので、今回は、5万円を寄付することにしました。

Amazonギフト券を貰うためにふるさと納税を申込

Amazonギフト券を貰うためにふるさと納税を申込

因みに、ふるなびを利用してふるさと納税すると、寄付額の1%分が更にAmazonギフト券でキャッシュバックされます。 

www.zbuffer3dp.com

ふるなび経由でふるさと納税する場合、支払いはYahoo公金支払いを使うことになります。

ふるなびを使ったふるさと納税では、Yahoo公金支払いを利用します

ふるなびを使ったふるさと納税では、Yahoo公金支払いを利用します

期間固定Tポイントを使ってふるさと納税

Yahoo公金支払いでは、Tポイントを支払いに利用できるのですが、なんといっても期間固定のTポイントも使えるのが良いところです。

Yahoo公共支払いだと期間限定Tポイントも利用できます

Yahoo公共支払いだと期間限定Tポイントも利用できます

 私の場合、7400ポイントも期間固定のTポイントが貯まっていて、使い道に困っていたのでふるさと納税の支払いに使えるのは非常にお得です。

使い道に困っていた大量の期間固定Tポイント

使い道に困っていた大量の期間固定Tポイント


支払いが完了すると、ふるなびのマイページからふるさと納税した履歴を確認することが出来ます。

ふるなびマイページからふるさと納税の履歴を確認できる

ふるなびマイページからふるさと納税の履歴を確認できる

 

ふるさと納税制度の転換点

まさかAmazonギフト券までもがふるさと納税の返礼品に登場するとは思いませんでした。

旅行券だと、一応ふるさと納税する自治体へ観光に来てもらうのに使うという苦しい言い訳も出来ますが、Amazonギフト券はそんな事も言えません。

もう地産品とか完全無視状態ですね(汗)

ふるさと納税の趣旨からは完全に外れているのを理解した上で、最後のあがきといった感じでしょうか。

ただ、ふるさと納税利用者の立場としては、利用できる物は全て利用するというスタンスでいます。