ワイモバイル

ワイモバイルでeSIM開通までに要する時間を実際に確認してみた

ワイモバイルでeSIMが利用できるようになりました

そして、eSIM単体の契約でも1万円相当のPayPayがもらえるということで、実質3ヶ月間はタダでワイモバイルが利用できるので、早速eSIMでMNPして契約してみました。

PayPayボーナス特典付きでワイモバイルを申し込む

eSIMは、物理SIMの発送を待つ必要が無いため契約後するに利用できるのがメリットです。

しかし、ahamoなど各社システム上の都合かeSIMの受付時間やプロファイルのダウンロード時間が決められているため、eSIM申込後開通までに要する時間が異なります。

ahamo(アハモ)でeSIM開通までに要する時間を実際に確認してみた

ワイモバイルのeSIM開通までに要する時間の見込み

ワイモバイルのeSIM開通までの時間は、申し込み形態によって異なります。

新規契約及びソフトバンク系列以外からのMNP乗り換え

新規契約またはドコモやauといったソフトバンク系列以外からのMNP乗り換え利用者の場合、10時から18時までに申し込みが完了すると、約1時間でeSIM利用開始手続きの案内メールが届きます。

18時を過ぎて夜の時間帯に申し込みを行った場合は、翌日の10時過ぎにeSIM利用開始手続きの案内メールが届くので、当日中に申し込みからeSIMの回線開通までを完了したい場合は、18時までに申し込みを完了する必要があります。

ワイモバイルのサイトへ

ソフトバンク及びLINEMOからの乗り換え

ソフトバンクまたはLINEMOから乗り換え利用者の場合、9時から20時までに申し込みが完了すると、約1時間でeSIM利用開始手続きの案内メールが届きます。

20時を過ぎてからの申し込みだと、翌日の9時過ぎにeSIM利用開始手続きの案内メールが届きます。

ソフトバンクまたはLINEMOから乗り換え利用者が、 当日中にワイモバイルのeSIMを開通させたい場合は、20時までに申し込みを完了すれば良いと思うかもしれませんが、20時までに申し込みを完了しても、当日中に回線を開通できる可能性は低いです。

eSIM利用開始受付時間に注意

申込後の審査を通貨するとeSIM利用開始手続きの案内メールが届きます。

このメール内にeSIM利用開始手続きのURLが記載されているのですが、 eSIM利用開始手続きが出来るのは20時30分までなので、それまでにeSIM利用開始手続きの案内メールが届かないと当日中に回線を開通させることはできません

実際にワイモバイルのeSIMを申し込んで回線が開通するまでに要した時間

今回実際にワイモバイルのeSIMを申し込んで、回線が開通するまでに要した時間についてレポートしていきます。

eSIM申し込み完了までの流れ

今回私の場合は、ドコモのahamoからMNPでワイモバイルに乗り換えました。

eSIMの申し込みが完了したのが夜9時過ぎでした。

申し込み時はスマホのカメラを使ったeKYCによる本人確認があります。

スマホカメラを使った本人確認
スマホカメラを使った本人確認

SIMタイプをeSIMを選択し、プランは7000円のキャッシュバックがあるシンプルMを選択しました。

PayPayボーナス特典付きでワイモバイルを申し込む

ワイモバイルのeSIMを申し込み
ワイモバイルのeSIMを申し込み
ワイモバイルの申し込み完了画面
ワイモバイルの申し込み完了画面

eSIMの申し込みが完了するとメールでも連絡があります。

ワイモバイルからeSIM申し込み完了のお知らせメール
ワイモバイルからeSIM申し込み完了のお知らせメール

PayPayボーナス特典の付与時期お知らせメール

ワイモバイルオンラインストアのヤフー店からワイモバイルのeSIMを申し込むと、7000円から1万円相当のPayPayボーナス特典が付与されます。

ワイモバイルオンラインストアのヤフー店

この付与時期についても、eSIM申し込み完了と同時にメールでお知らせがあります。特典対象になっているかどうか分かるので安心ですね。

ワイモバイルのeSIM申し込みによるPayPayボーナス特典
ワイモバイルのeSIM申し込みによるPayPayボーナス特典

eSIMのプロファイルダウンロードから回線開通まで

ワイモバイルのeSIM利用開始手続き
ワイモバイルのeSIM利用開始手続き

私の場合、21時過ぎにeSIMの申し込みを行ったため、 eSIM利用開始手続きの案内メールは翌日の10時20分に届きました。

ワイモバイルからのeSIM利用手続きメール
ワイモバイルからのeSIM利用手続きメール

このメール内にeSIMのプロファイルダウンロード先などの情報が記載されています。

ワイモバイルのeSIMプロファイルダウンロード
ワイモバイルのeSIMプロファイルダウンロード

eSIMの利用手続きの流れは以下の流れとなっています。なおeSIMを利用するにはスマホのSIMロックが解除されている必要があります。

  1. メール内のリンクを開き、案内に従いワンタイムパスワードをEメールまたは自動音声で受け取ります。
  2. ワンタイムパスワードを入力し、eSIMプロファイルダウンロード用のQRコードを表示します。
  3. eSIMを利用する端末でQRコードを読み取り、eSIMプロファイルをダウンロードします。
  4. (のりかえの場合)切替ボタンを押して回線切替を実施します。
  5. 端末を再起動してAPN設定を完了させてください。

eSIMの利用について不明な点については下記公式サイトで解説されています。

Ymobile eSIMの利用ガイド

MNPの場合は、 回線を切り替えるボタンをタップする必要があります。これをしないといつまでも開通しません。

MNPの場合回線切り替えボタンを押さないと開通しません
MNPの場合回線切り替えボタンを押さないと開通しません

手続き完了後、スマホを再起動して15分ほど待てば回線が開通します。

回線が開通するとワイモバイルからSMSが複数届きます。ymobileメールの設定やヤフープレミアム会員の設定など初期設定を行いましょう。

ワイモバイルの回線を開通すると届くSMS
ワイモバイルの回線を開通すると届くSMS

以上でワイモバイルのeSIMを使った回線開通が完了です。

日中であれば、申し込みから開通までは当日中に2時間程度で完了できるので、物理SIMを利用する場合と比較すると圧倒的な早さです。

月末でもMNPで乗り換える事も可能です。

ただ、24時間いつでも開通できる訳ではなく、夜申し込む場合は翌日以降の開通手続きになりますし、開通作業も夜8時30分までに手続きをする必要がある点には注意が必要です。

-ワイモバイル