クラウドwifi

モバイルWiFiで縛りなし且つデータ容量無制限のサービスを徹底比較

モバイルWiFiで契約期間の縛りが無い且つデータ容量無制限のサービス一覧をまとめました。

モバイルWiFiサービスは、2年3年と契約期間の縛りがあるサービスが多いのが実情です。

通信回線の品質に不満があっても、契約途中で解約すると2万円近くの解約違約金を支払う必要があります。

そういったサービスはどうしても契約を躊躇してしまいますが、これから紹介する契約期間の縛りがなく、解約金が無料のモバイルWiFiサービスであれば、仮にサービスに不満が生じてもすぐに解約して、別のサービスに乗り換えることが可能です。

データ容量無制限又は100GB以上のモバイルWiFiサービス

ここでは、通信データ容量が100GB以上となる大容量プランにフォーカスして調査しています。

サービス名 データ容量 月額料金 初期事務手数料
FUJI wifi 100GB~無制限 2780円

(キャンペーン適用時)

0円

(キャンペーン適用時)

無制限 3680円

(クーポン適用時)

3000円
STAR WiFi 無制限 3480円

(クーポン適用時)

3980円
D3wifi 300GB 3980円

(クーポン適用時)

4980円

個人的に一番のお勧めは FUJI wifi です。

FUJI Wifiの次におすすめなのは、 です。

SAKURA WiFiは、無料レンタルされる端末がFS030WとFUJI wifiと同じです。

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

9,775円(06/23 18:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

このFS030Wは、同時接続可能台数が15台と多く、固定回線変わりに家で使うのに適しています。

これに対して、STAR WiFiでレンタルされる端末はクラウドSIMのG3000となっています。

昨今どんなときもWiFiや限界突破WiFiのようにクラウドSIMを使っているサービスは、速度の大幅な低下等の通信障害が発生しています。

クラウドSIMのデメリットは、他人の利用状況に左右される点です。

現に、限界突破WiFiでは一部のユーザが4TB以上のデータ容量を使用したことで、キャリアから通信回線の制限を受け、それが限界突破WiFiユーザ全体へ影響をきたしました。

このようなことから現時点ではクラウドSIMを利用したサービスは避けるのが無難です。

最後に紹介するのがD3wifiです。

FUJI wifiやSAKURA WiFiに比べて料金が若干高いのが難点です。

また、データ容量についても無制限ではなく、月間300GBまでを謳っています。

データ容量については、無制限と謳っていても実際には300GB程度の使用で速度制限となるケースがあるので、これ自体はD3wifiのデメリットでは無いと思っています。

D3wifiは、まだサービスが始まって間もないのと、広告宣伝していないため知名度がありません。

そのため、他のサービスに比べて在庫が比較的あるのがメリットです。

他のサービスが在庫切れで利用できない場合の選択肢として記憶しておくといいでしょう。

データ容量100GB以上のSIMカードのみプラン

先程は、モバイルWiFi端末のルーターをセットでレンタルするプランについて紹介しました。

ここでは、端末は自分で用意して、SIMプランカードのみレンタルできるサービスについて紹介します。

サービス名 データ容量 月額料金 初期事務手数料
楽天モバイル UN-LIMIT 無制限 2980円~

最初の1年間は無料

3000円

ポイント還元で実質無料

FUJI wifi 100GB,200GB 2480円~

(キャンペーン適用時)

0円

(キャンペーン適用時)

Nomad SIM(在庫切れ) 100GB,300GB 3600円~ 3000円
Nozomi WiFI(受付停止中) 100GB,無制限 - -
D3 wifi 100GB,300GB 2990円~ 4980円
Chat WiFi-SIM 100GB 2980円 3980円
w/WiFi(ウィズワイファイ) 100GB,無制限 3480円 3777円

SIMカードのみのプランで個人的に一番おすすめなのは、4月8日から正式にサービスが始まった楽天モバイル UN-LIMITです。

楽天モバイル UN-LIMITの魅力

楽天モバイル UN-LIMITの魅力

第4の携帯キャリアとしてスタートした楽天モバイルは、1年間限定で無料で使えます。

データ容量も楽天回線の利用であれば、無制限を謳っています。

もちろん、モバイルWiFiルーターでも使うことが出来ます。

さらに詳しく

楽天回線のエリアは、現状都市部に限定されているのが難点ですが、もし楽天回線エリア内での利用を想定しているのであれば、一番コストパフォーマンスが良いです

さらに詳しく

都市部に限定しなければ、次におすすめなのがFUJI wifiです。

さらに詳しく

4月末までのキャンペーン適用で初期事務手数料が0円なので、他のサービスに対して1ヶ月分以上お得に利用できます。

また、月額料金も一番安くなっています。

在庫が復活した際は、一番の選択肢になります。

FUJI wifi以外は、どこも運営会社が小規模事業者となっています。

そのため、カスタマサポートに不安があります。

SNS上でのやり取りを見ていると、Nomad SIM問い合わせに対して回答しているため、良い印象があります。

しかし残念ながら現在100GBプラン(Basicプラン)と300GBプラン(Proプラン)は、在庫切れで申し込むことができません。

w/WiFi(ウィズワイファイ) は、現在48GBプランと100GBプランの申し込みが可能で、無制限プランとWiFiルータープランは在庫切れとなっています。

ウィズワイファイ100GBプランの在庫が復活

クラウドSIMを使ったクラウドwifiで縛りなしのサービス

クラウドSIMを使ったクラウドwifiサービスで、1年や2年といった契約縛りが無いサービスは3つあります。

それぞれの月額料金と初期事務手数料をまとめたのが下記表です。

サービス名 月額料金 初期事務手数料
クラウドWi-Fi(東京) 3380円 3980円
FUJI wifi(クラウドプラン) 3480円

(キャンペーン適用時)

0円

(キャンペーン適用時)

よくばりwifi 4880円 3800円

 

1ヶ月間しかクラウドwifiを使わないケースで最安なのはFUJI wifiの快適クラウドプランです。

4月末までのキャンペーンを利用すると、月額料金3480円で利用することが出来ます。

契約期間縛りなし

快適!クラウドプラン詳細

速度制限無いクラウドsim採用

ただ、ここまで何回か解説しているように、FUJI wifiは特に人気があるため、在庫切れが多くなっています。

次におすすめなのは、クラウドWi-Fi(東京)です。

さらに詳しく

1000円割引のクーポンコードを使うと6360円で利用できます。

さらに詳しく

ただし、クラウドWi-Fi(東京)を実際に使ってみると月初の1日に契約すれば上記の通りなのですが、それ以外の場合は、翌月分までの契約となるためFUJI wifiに比べて初期費用は高くなります。

また、本記事を書いている時点で、商品の在庫が無く、次回入荷は5月を予定しています。

契約期間の縛りが無いWiMAXプラン

3日間で10GBのデータ容量制限があるWiMAXですが、クラウドSIMやSIMカードでの通信よりも場所によっては安定する場合もあります。

WiMAXは、3年間の契約縛りを設けているところが殆どなのですが、縛りなしWiFiが提供するWiMAXプランは、契約期間の縛りがありません。

契約縛りがあるプランに比べて若干料金が高くなりますが、貴重な存在となっています。

以上、モバイルWiFiで縛りなし且つデータ容量無制限のサービスを比較した記事でした。

在宅ワークやテレワークで通信量が激増しているため、各社商品の在庫が少ない状況で、新規契約が難しい状況です。

在庫がある時を逃さないよう、事前に本記事で目星をつけて申し込むを準備をしておいてもらえればと思います。

-クラウドwifi