SWELLがAMPに対応していない理由と他テーマの動向

SWELLはAMPに対応していません

そのため、SWELLを使っているブログでグーグルがWordPress向けに提供しているAMP化用プラグイン等を利用するのは色んな障害を起こすため止めましょう。

ここでは何故SWELLがAMPに対応していないのか?そして他のテーマはAMP対応についてどういう状況なのかも踏まえて解説していきます。

目次

SWELLがAMPに対応しない理由

SWELLのAMP対応を望む声は利用者からもあります。

しかし、SWELLは今後もAMPに対応する予定が無いことを開発者の了さんは明言しています

その理由について了さんは以下のようにコメントしています。

  • SWELLは機能が多いため、そもそもAMP化がほぼ不可能
  • SWELLの機能を制限すれば可能だが、それだとSWELLで実装する意味が無い
  • 個人的にAMP化する必要性をあまり感じない(費用対効果が薄い)
SWELLはAMP非対応
SWELLはAMP非対応

グーグルのAMP優遇は2021年6月に終了

SWELL開発者の了さんがAMPに対応しない理由の1つとして費用対効果が薄く必要性を感じないという話がありました。

これは正にそうで、2021年6月にグーグルは複数あったAMPの優遇処置を終了しました。

これまでモバイル版のGoogle検索において、トップニュースに掲載されるにはAMP化している必要がありましたが、今は非AMPページでも掲載されるように変更されました。

非AMPコンテンツを検索の「モバイルのトップニュース」機能の表示対象とする(google)

また、GoogleのDiscover(Googleアプリ)にコンテンツを表示させるにもAMP化することが要件の1つだった時がありましたが、これも終了しています。また、Google検索のランキング決定要素にもAMPは関係ないことからブログでAMP化するメリットはほぼ完全に無くなりました

アフィンガーもAFFINGER6でAMP対応を終了

AMP対応のテーマとしてアフィンガーを選ぶ方もいます。

ただ、アフィンガーも最新のAFFINGER6以降はAMP対応に関する開発を終了しています。

AFFINGER6でAMP対応の開発は終了
AFFINGER6でAMP対応の開発は終了

AFFINGER5まであったAMP対応に関する機能はAFFINGER6でも利用できますが、今後ワードプレスのバージョンアップに伴って正常に動作しなくなっても対応される事はありません。

AFFINGER6のAMP対応設定
AFFINGER6のAMP対応設定

SWELLはAMP対応しないが高速化の専門家と提携しテーマの高速化を促進

SWELLは、WordPressの高速化を専門とするスキルシェアさんと顧問契約を締結し、高速化に関するアドバイスを受けてSWELLの高速化に取り組んでいます。

高速化のプロ、「スキルシェア」さんと顧問契約を締結しました

その第一段として、SWELLのバージョン2.5でJavaScriptの読み込み処理を最適化したり、画像遅延読み込み処理の見直しなどが行われて、Googleのページスピードインサイトのスコアも改善しています

SWELL – ver. 2.5.0 アップデート情報

今後も、SEOのランキング要素であるコアウェブバイタルを中心にSWELLの改善は進んでいくと思うので、AMPには対応していませんが、ブログの高速化という観点ではより良くなっていくことでしょう。

Googleページスピードインサイトのスコアはページ速度ではなく、高速化の改善度を示す物差しなだけで、SEOには関係ありません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる