Zバッファ

ファイナンシャル・プランナー2級の資格を持つエンジニアが実際に体験した内容をもとにしたレビューブログ

格安SIM

ワイモバイルのデータSIMプランを使ってみた感想

ワイモバイルのSIMカード

ワイモバイルのSIMカード

新たに始まったワイモバイルのデータSIMプランを早速利用してみました。

www.zbuffer3dp.com

ワイモバイルのデータSIMプランを使い始めるまで

ワイモバイルのSIMでデータ通信するためには、他の格安SIM同様APN設定が必要です。

APNの設定

  • APN: plus.acs.jp
  • ユーザー名: ym
  • パスワード:ym
  • MCC:440
  • MNC:20
  • 認証タイプ:CHAP

なお、スマホ端末によっては最初からワイモバイルのAPNが用意されている場合もあります。

その場合は、予め用意されているワイモバイルのapnを選択するだけです。

初期設定

ワイモバイルのSIMで通信を始めると「Y!mobile利用開始設定のご案内」という件名のSMSが届きます。

Wi-Fi・無線LANで通信している状態だとこのSMSは来ない場合があるので、ワイモバイルSIMの初期設定をするためにも最初はWi-Fiを切りましょう。

ワイモバイルのデータ専用SIM利用開始SMS

 

SMSが届いたら、SMSに書かれたアドレスにアクセスしてSIM申込時に決めた暗証番号4桁を入力します。
ワイモバイルのデータ専用SIM利用開始の暗証番号

Y!mobileサービスの初期登録を行います。

これによってメールサービスなどが利用できるようになります。

Y!mobileメールアドレスを決めます。

アドレスは任意の文字@yahoo.ne.jpとなり、ヤフーのフリーメールである@yahoo.co.jpとは異なります。

また、この@yahoo.ne.jpのメールは楽天モバイルのメールサービスと同じで専用のメールアプリで利用することが出来ます。

play.google.com

しかし楽天モバイルのメールサービス同様にキャリアメールではなく、Gmailと同じただのWebメールなのでNTTドコモやauなどの大手キャリアの迷惑メールフィルタに引っかかって、相手にはあまり届きません。

設定が完了すると下記画面が表示されるので「加入者特典の選択」を一応選択してみてください。

Y!mobileメールアドレス(yahoo.ne.jp)

 

ワイモバイルのデータSIMを使った感想

ここからは実際にワイモバイルのデータSIMを使ってみた個人的な評価についてレビューしていきます。

MVNOとは違いどの時間帯でも通信速度が速い

初期設定が完了したところで、通信速度について確認してみました。

ワイモバイルは楽天モバイルやmineoといったMVNOと呼ばれる格安SIM会社とは異なりソフトバンクのキャリア回線となっています。

ソフトバンク自体が提供しているサービスなので当然ですね。

そのため、回線が混雑するといったことが少なく、通信速度の高さが期待できます。

Speedtestというアプリで夜7時に測ったところ、下りで55Mbpsという非常に早い速度を叩き出しました。

同じ時間にNTTドコモの回線を使うMVNOであるSo-netのSIMで測定すると下りは10Mbps前後だったので、ワイモバイルの驚速ぶりが分かります。

ymobileの通信速度

今や格安SIMで通信速度を求めるのであれば、大手キャリアの傘下にあるサブブランドを選択するしかありません。

www.zbuffer3dp.com

www.zbuffer3dp.com

データSIMプランなのにキャリアメールが使える!

ワイモバイルのデータSIMプランのメリットは通信速度だけではありません。

NTTドコモやau、ソフトアンクといった大手キャリア同様MMSに対応したキャリアメールが利用できるんです。

www.zbuffer3dp.com

キャリアメールを利用するためには、My Y!mobileに登録する必要があります。

My Y!mobileへの登録は無料で、データ通信料を確認したり、オプションサービスに申し込んだりするために必要なので必ず登録しておきましょう。

My Y!mobileログイン|My Y!mobile|サポート|ワイモバイル

My Y!mobileに登録してログインすると、請求額の確認や契約内容の確認など色んなメニューが表示されます。

その中にY!mobileメールというところがあります。

これが、先ほど設定した@yahoo.ne.jpというアドレスのメールのことになります。

そして、その下にSMS/MMSというところがあり、「メールアドレスの変更、迷惑メール対策の設定」と書かれているところがあるので、ここのクリックして下さい。

My ymobile

すると、My SoftBankというサイトに移動します。

My SoftBankはソフトバンクの携帯・スマホを使っている人ならお馴染みのサイトですね。

ここで「次へ」をクリックします。

ワイモバイルのキャリアメールアドレス変更

すると、下記画面が表示されます。

ここでメールアドレスを見ると最初は意味不明の英数字の羅列のメールアドレスになっているところがあります。

アドレスを見ると@ymobile.ne.jpとなっていますね。

これがMMSに対応したワイモバイルのキャリアメールです。

そのままでも良いですが、自分の好きなアドレスに変えてたい場合はここでアドレスを変更出来ます。

Y!mobileメールアドレス(ymobile.ne.jp)

MMSに対応したワイモバイルのキャリアメールの送受信はAndroidならワイモバイルメールアプリか、ハングアウトやメッセンジャーといったGoogleのメールアプリで送受信できます。

play.google.com

また、MMSに対応しているキャリアメールなので、iPhoneのメールアプリでもメールの送受信が出来ます。

www.zbuffer3dp.com

通信速度が爆速でMMSに対応したキャリアメールも利用できるのがワイモバイルのデータSIMプランの特徴です。

ただ、あくまでデータ通信専用のSIMなのでIP電話以外の音声通話は出来ません。

そこで個人的にお勧めなのが、3Gと4G(LTE)を同時待受出来るたスマホを使う手です。

これなら1つはmineoや楽天モバイルで音声通話ありのSIMを挿して、もう1つには今回紹介したワイモバイルのデータ専用SIMを挿すことで、格安SIMでもキャリアメールが使える環境が構築出来ます。

ただ、ワイモバイルのデータSIMプランは1GBのデータ量で月額980円もするので、ワイモバイルを利用するなら音声通話プランの方がキャッシュバックもあって良いと思っています。

もしデータSIMプランを使いたいならば、UQモバイルのデータSIMプランであるデータ高速プランの方が良いでしょう。

UQモバイルのデータSIMプラン

UQモバイルのデータSIMプラン

ワイモバイルのデータSIMプランと同じ料金で月々3GBまで利用できますし、ワイモバイル同様にKDDIのサブブランドとしてどの時間帯でもMVNOとは異なり回線速度が高速です。



-格安SIM

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.