Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

THEO+docomoとTHEOの違いとメリット及びデメリットについて実際に使って分かった事

THEOを運営するお金のデザイン社

THEOを運営するお金のデザイン社

ロボアドバイザーのTHEOは、各企業とコラボレーションしたサービスとしてTHEO+(プラス)を運営しています。

THEO+の中で有名なのがNTTドコモと連携してサービスを行っているTHEO+docomoです。

THEOとTHEO+docomoの違い

THEOとTHEO+docomoの違いですが、投資先内容であったり、最低投資額といった資産運用サービスについては違いはありません。

これは、THEO+docomoを利用したとしても、口座自体はお金のデザイン社が運営するTHEOとして開設されるからです。

 

THEO+docomoのメリットはdポイントが貯まること

THEO+docomoは、本家のTHEOと違い運用している資産額に応じてdポイントが貯まるというメリットがあります。

溜まったdポイントは、残念ながらTHEOでの投資には使えませんが、ドコモが運営するポイント投資というサイトを利用することで、dポイントを利用した投資ができます。 

www.zbuffer3dp.com

実はこのポイント投資は、お金のデザイン社が運用しているTHEOでの価格に連動してdポイントの残高がプラスになったり、マイナスになります。

そういった意味では間接的にdポイントでTHEOを利用しているとは言えます。

THEO+docomoのデメリットは手数料

THEO+docomoは2019年3月まで特になかったのですが、2019年4月以降はデメリットがあります。

それは、本家のTHEOが手数料を引き下げるからです。

ロボアドのTHEOが手数料を最大35%安くする事を発表したので内容と注意点を解説

 

これまでTHEOとTHEO+docomoの手数料は年率1%で同じでしたが、今後はTHEOの方が10%から35%も安くなります。

そのため、これからTHEOを利用しようと思っているならば本家のTHEOで口座開設して利用した方が良いです。

 

THEO+docomoはドコモを契約者以外も口座開設できる

私自身は、もともと本家のTHEOに口座開設して利用していました。

www.zbuffer3dp.com

これはTHEO+docomoはNTTドコモの契約をしていないと利用できないと思ったからです。

しかし、お金のデザイン社のセミナーに参加して社員の方に確認したところ、dアカウントさえあればTHEO+docomoを利用できるということでした。

dアカウントは誰でも開設できるので、事実上だれでもTHEO+docomoの口座開設は可能ということになります。

docomoのロゴがあるのでドコモを利用していないと使えないと思う人もいるのではないでしょうか?

THEOからTHEO+docomoへの移行も可能

先程も述べたように私自身は既に本家THEOで口座開設をして資産運用を行っています。

そういった既にTHEOを利用している人でも、THEO+docomoにサービスを切り替えることが出来ます。

間違っても、THEO+docomoを利用するために、THEOを解約するようなことはしないようにしましょう。

一度解約してしまうと、解約した年度中は再度THEOやTHEO+docomoのアカウントを開設することができません。

移行手順

実際にTHEOからTHEO+docomoに移行してみたので、手順を解説します。

まずTHEOにログインします。

THEOのマイページを開く

THEOのマイページを開く

ログインしたら、マイページを開いて「THEO+docomoへ切り替える」という文字の部分を選択します。

 

次にTHEO+docomoへ切り替える上での注意事項が表示されます。

THEO+docomoへ切り替える上での注意事項

THEO+docomoへ切り替える上での注意事項

注意点としては、一度アカウントを切り替えると、再度本家のTHEOへ戻すことは出来なくなるという点です

 

THEO+docomoへの切り替えに同意して、切り替えるボタンを押すと、dアカウントのログイン画面が表示されます。

dアカウントでログイン

dアカウントでログイン

 次に、THEO+docomoのサービス連携に同意します。

THEO+docomoへの同意確認

THEO+docomoへの同意確認

 これでTHEOからTHEO+docomoへのアカウント切り替え作業は完了です。

THEO+docomoへの切り替え完了

THEO+docomoへの切り替え完了

 今後は、dアカウントのIDとパスワードでログインして利用することになります。

THEO+docomoはdアカウントを使ってログインする

THEO+docomoはdアカウントを使ってログインする

まとめ

今回は、ドコモ契約以外でもロボアドバイザーのTHEO+ドコモが利用出来ることと、既にTHEOを利用している人も、簡単にTHEO+ドコモへと切り替えることが出来ることを紹介しました。

THEO+ドコモというサービス名は、ドコモを契約している人しか利用できないイメージを持たれるので、THEO+dポイントとかにした方が良いのにと思ってしまいますね。