Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

手数料無料のSTREAMアプリで株の売買をして感じたネット証券との違い

STREAMというアプリをご存知でしょうか?」

株SNSアプリ STREAM
株SNSアプリ STREAM
開発元:株式会社スマートプラス
無料
posted withアプリーチ

株の売買をするうえで、従来型の手数料が0円すなわち無料というのが大きな特徴となっているアプリです。

以前から口座開設していたのですが、今回実際に株の売買をしてみたので、実際のところどうなのかレビューしていきます。

STREAMの手数料が無料に出来る理由

STREAMでは従来型の株式売買手数料が無料となっています。

ここで言う従来型の手数料というのは、買い注文や売り注文一回あたりの約定時にかかる手数料のことをいいます。 

手数料|株式会社スマートプラス - 株を変える。ゼロから変える。

日本初!従来型の株式委託手数料が、【いつでも何回でも無料】。約定代金にかかわらず、現物取引も信用取引もすべてゼロ。さらに!スマートプラスのSMART取引なら、もっとお得になる可能性も!スマートプラスはお客様の便益を追求することで、多様なニーズに合わせて証券サービスを自由に選べる世界を目指します。

しかし、ここで疑問に思うことがあると思います。

それは手数料を無料にしてしまったら、STREAM側の利益が無いじゃないか?

利益が無ければ会社は倒産してしまいます。

そこで当初私は、FXやCFDのような差金決済方式を採用して約定時の株価にスプレッドを乗せることで利益を得ているのかと思いましたが、それは少し間違っていました。

 

STREAMがどこで利益を得ているかというと、利用者からの注文をSOR(スマート・オーダー・ルーティング)方式で東証と東証立会外取引にそれぞれ出します。

そして、東証立会外取引での約定価格が東証に対して有利な結果となったときに、その差分のうち半分を手数料として受け取るというビジネスモデルになっています。

 

ちなみに、SOR注文はネット証券大手の楽天証券でも利用できるのでSTREAMの専売技術ではありません。

楽天証券でもSOR注文は可能

楽天証券でもSOR注文は可能

楽天証券を12年以上利用して感じたメリットとデメリットを解説 - Zバッファ

 

STREAMアプリを使った株売買方法

STREAMの口座開設が完了して、口座への入金が完了したら、上場企業の株を手数料無料で購入できます。

実際に日産自動車の株をSTREAMアプリを利用して売買してました。

まずは、STREAMアプリ内で取引したい企業を検索します。

検索した結果から、取引したい企業を選択すると、下記のように、企業概要やチャート情報、四季報の情報を閲覧できます。

ここで、取引するボタンをタップすると取引条件の入力画面となります。

アプリ内で取引したい企業を検索し、取引

アプリ内で取引したい企業を検索し、取引

 STREAMでは一般的な現物株の売買以外にレバレッジを効かせた信用取引も可能です。

今回は、現物株の買い注文を出します。

現物株の取引を行う

現物株の取引を行う

買い注文では、注文を成行で出すか、指値で出すかを選択します。

指値注文は、指定した株価以下で取引する注文方法で、成行注文は、株価を指定せずに注文を出す方法になります。

当然成行注文の方が取引は成立しやすいといえます。

買い注文の条件を入力

買い注文の条件を入力

STREAMアプリでは、成行注文と指値注文以外に、逆指値注文も可能です。

逆指値注文は、詳細設定を有効にしていると入力できます。

逆指値注文は、株価が指定した株価以上や以下になったときに注文を出す方法です。

STREAMアプリは逆指値注文も可能

STREAMアプリは逆指値注文も可能

今回は、成行で発注で出してみました。

発注内容の確認

発注内容の確認

 

同一銘柄をSTREAMと楽天証券で同時注文した結果の比較

手数料無料のSTREAMを利用する上で、本当に有利な取引が出来ているか確認する必要があります。

そこで、同じ日に同じ成行注文を楽天証券からも出して、約定結果を比較してみました。

STREAMアプリで現物株を買った約定結果

STREAMアプリで現物株を買った約定結果

楽天証券における買い注文の約定結果

楽天証券における買い注文の約定結果

楽天証券で発生した手数料

楽天証券で発生した手数料

どちらも約定株価は同じ945円でした。

そしてSTREAMの方は手数料が0円ですが、楽天証券では90円の手数料が発生しています。

 

続いて、買った株を売却した場合についても同様に比較してみました。

 

STREAMアプリで保有株を売却するには、アプリ内の資産状況を確認するメニューを開きます。

STREAMアプリで資産状況を確認

STREAMアプリで資産状況を確認

そして、保有株の赤枠内をタップします。

そうすると、保有しているポジションが表示されるので、現物を売却するボタンをタップします。

STREAMで保有株を売却する方法

STREAMで保有株を売却する方法

後は、買い注文の時と同じです。

STREAMアプリからの売却注文

STREAMアプリからの売却注文

 

さて、保有株売却時における楽天証券との比較ですが、注文は同じく成行注文で、取引所が開くタイミングで約定する条件にて比較しました。

約定結果は、以下のようになっています。

STREAMアプリで現物株を売却したときの約定結果

STREAMアプリで現物株を売却したときの約定結果

楽天証券で株を売却した時の約定結果

楽天証券で株を売却した時の約定結果

楽天証券で保有株を売却した時の手数料

楽天証券で保有株を売却した時の手数料

これらを見て頂ければ分かるように、保有株を売却した時についても、約定価格は楽天証券とSTREAMで同じ955円でした。

そして、楽天証券は株を売却した時にも90円の手数料が発生しています。

すなわち、楽天証券を利用すると株の売買で180円の手数料が発生していたのに対して、STREAMだと0円です。

 

今回は単位株の取引で10万円以下の日産自動車を売買したので、これは松井証券を利用していれば、手数料は0円にすることも可能でした。

しかし、10万円以上の取引になる場合であれば、主要なSBI証券含めネット証券を利用するよりもSTREAMを利用した方が手数料分の利益が稼げることになります。

これはかなり魅力的だなと思いましたね。

株SNSアプリ STREAM
株SNSアプリ STREAM
開発元:株式会社スマートプラス
無料
posted withアプリーチ

 

そして、STREAMでは信用口座を開設すれば、取引をしなくとも四季報も見ることができます。

STREAMアプリでは四季報も見ることができます

STREAMアプリでは四季報も見ることができます

 

STREAMで信用口座を開設するメリット

STREAMで信用口座を開設するメリット

 信用口座の開設には、アプリ内の申込から審査に1日程度かかりますが、四季報が見れれたり、板情報も充実するので取引しなくても開設しておくと良いと思います。