Zバッファ

ロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

投資

Tポイントで投資可能なSBIネオモバイル証券を使ってみた感想

更新日:

Tポイントで1株から投資可能且つ実質手数料無料のSBIネオモバイル証券が2019年4月10日からサービスを開始しました。

サービス開始から1ヶ月。

実際に利用してみて感じたことををレポートしたいと思います。

SBIネオモバイル証券


デメリット

ここでは実際にSBIネオモバイル証券を利用してみて感じたデメリットをレポートしていきます。

SBIネオモバイル証券は、従来の証券会社とは異なる部分あるので、しっかりとデメリットも理解してから利用しましょう。

毎月手数料がかかる(回避方法あり)

SBIネオモバイル証券のデメリットとしては、取引をしていなくとも毎月最低200円の手数料がかかる点です。

SBIネオモバイル証券は毎月手数料がかかる

SBIネオモバイル証券は毎月手数料がかかる

50万円までの取引ならば、Tポイントが200ポイント付与されるので実質手数料無料ともいえますが、50万円より多くの取引をする場合は、手数料が発生します。

ただ、SBIネオモバイル証券には一時停止という機能が用意されており、これを利用すると毎月の手数料支払いを止めることが出来ます

一時的に使わないケースでは一時停止を行いましょう。

ちなみに、株の売買で完全手数料無料を求めるならば、このブログでも紹介したSTREAMアプリの方が良いでしょう。

株SNSアプリ STREAM

株SNSアプリ STREAM
開発元:株式会社スマートプラス
無料
posted withアプリーチ

 

スマホアプリが無く使い勝手が悪い

いずれ解決すると思いますが、2019年5月時点でSBIネオモバイル証券用のスマホアプリがありません。

そのため、SBIモバイル証券ではスマホのブラウザまたはパソコンのブラウザから利用することになります。

ちなみに、パソコンのブラウザから利用できますが、あまりPC環境でシステムをテストしていないのか、正常に動作しないことが時々あります。

そのため、基本的にはスマホのブラウザで利用するのが個人的にはおすすめです。

 

リアルタイム売買が出来ない

一般的なネット証券では、当然ですがリアルタイム売買が出来ます。

東証など株式市場が開いている午前9時から午後3時までの間に注文を出した場合は、条件が一致すれば注文を出した時間帯で約定します。

それに対して、SBIネオモバイル証券ではリアルタイム売買が出来ません。

基本的に、注文を出した翌日の後場(午後の取引時間)での取引となります。

SBIネオモバイル証券の注文は、翌日の後場取引される

SBIネオモバイル証券の注文は、翌日の後場取引される

ただ、これはSBIネオモバイル証券のように単元株に満たない取引を行う場合は、どこの証券会社でも同じとなります

例えば、私はカブドットコム証券で単元未満株の売買をしていますが、この場合もリアルタイム売買は出来ません。

ただ、これは大きなデメリットではないでしょう。

そもそもSBIネオモバイル証券を利用する目的は、Tポイントを使って株を購入したいか、少額で単元未満の株を購入するのが目的だと考えるからです。

 

メリット

ここからは、SBIネオモバイル証券を実際に使っている身として感じたメリットについて触れていきます。

Tポイントで投資できる

日本初となるTポイント投資ができる証券会社
日本初となるTポイント投資ができる証券会社

 

SBIネオモバイル証券に口座開設すると、貯まったTポイントを1ポイント1円として株を購入する資金として使えます。

楽天ポイントやdポイントなど他の共通ポイントでは既にポイントを利用した株式投資が可能でしたが、やっとTポイントでも可能になります。

これまで何かとTポイントは貯まる一方でしたが、これで使いみちが増えました。

www.zbuffer3dp.com

50万円まで実質手数料無料

50万円までは実質手数料無料
50万円までは実質手数料無料

 

SBIネオモバイル証券は、従来の証券会社とは異なり取引毎に手数料はかかりません
その変わり、以下の表に示したように一月あたりどれだけの金額を取引したかによって手数料が決まります。

一ヶ月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額)
0円~50万円 200円(税込216円)
300万円 1,000円(税込1,080円)
500万円 3,000円(税込3,240円)
1,000万円 5,000円(税込5,400円)
以下、100万円ごとに1,000円(税込1,080円)が加算。(上限なし)

ひと月50万円までの取引だと200円の手数料がかかりますが、期間固定のTポイントが200ポイント付与されるので、手数料が実質無料だと言えます

なお、付与される期間固定Tポイントは、SBIネオモバイル証券でのみ使えるポイントになります。

ヤフーショッピングなど他のサービスでは使えないので注意してください。

単位未満株の1株から投資できる

単位未満の1株から取引できる
単位未満の1株から取引できる

 

SBIネオモバイル証券では、単位未満株の株取引が可能です。

これは俗にミニ株と呼ばれるサービスになります。

www.zbuffer3dp.com

通常の株取引では、100株や1000株など銘柄毎に決まった単位での取引しか出来ません。

SBIネオモバイル証券なら1株から株を購入できる

SBIネオモバイル証券なら1株から株を購入できる

それに対して一部証券会社では1株から取引できる単位未満株の取引サービスを提供しているのですが、これが可能な証券会社は限られています。

ウェルスナビが1万円から利用できる

SBIネオモバイル証券の口座保有者は、ロボアドバイザーのウェルスナビを1万円から利用できます。

ウェルスナビは通常はじめる際に最低10万円が必要ですが、唯一SBIネオモバイル証券の口座保有者だけ1万円から利用できます。

www.zbuffer3dp.com

また、通常のウェルスナビは月々の積立金額が1万円以上なのですが、SBIネオモバイル証券経由でウェルスナビを利用すると5000円から利用できます。

これまでウェルスナビを利用してみたいと思っていたけど、もっと少額で利用したいなと思っていた人にとってはSBIネオモバイル証券の口座を開設するメリットがありますね。

ここで気になるが、SBIネオモバイル証券を利用すると毎月の手数料がかかる点ではないでしょうか?

200円相当のTポイントが付与されるとはいえ、毎月手数料がかかることに変わりありません。

ただ、一時停止機能を利用すれば毎月の手数料は発生しませんし、一時停止中もウェルスナビはそのまま運用を継続することができますので、ネオモバイル証券経由でウェルスナビを利用するメリットはあります。

SBIネオモバイル証券




-投資

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.