Zバッファ

ファイナンシャル・プランナー2級の資格を持つエンジニアが実際に体験した内容をもとにしたレビューブログ

クレジットカード

ソラチカルートが終わる!LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了

LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了

LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了

ついにこの時が来ました!

本日LINEポイントが、メトロポイントへのポイント交換を2019年12月27日15時で終了すると発表しました。

これによって、LINEポイントからメトロポイントに交換し、メトロポイントをANAマイルへと高い交換率で交換するソラチカルートが終了となることが明らかになりました。

ソラチカルート

ソラチカルート

ソラチカルートとは?

ソラチカルートは、ソラチカカードと呼ばれる「ANA To Me CARD PASMO JCB」というクレジットカードを利用したANAマイルを大量に獲得する手法のことを言います。

このソラチカカードを保有すると、メトロポイントを90%の交換率でANAマイルへと交換することができ、そしてメトロポイントには、LINEポイントから同じく90%の交換率で交換できます。

また、一部カードを利用すれば、Tポイントからも同じ交換率でANAマイルへと交換できます。

www.zbuffer3dp.com

ポイントサイトでためたポイントをLINEポイントに交換し、そこからメトロポイントを経由して、ANAマイルへと交換することで、一般の人でも大量にANAマイルを貯めることができ、ビジネスクラスやファーストクラスに乗ることができるため、人気の手法でした。

飛行機に乗らずにマイルを貯める、陸マイラーと呼ばれる層に大変重宝されていました。

ソラチカルートがいずれ終了することは誰しもが想像していたこと

ソラチカカードは、クレジットカードであるため、ショッピングなどの決済に利用してもらうのがカード発行会社としては望むところです。

しかし、実体は、ソラチカルートを使ってANAマイルを獲得したいがためにこのカードを作る人が多かったとのこと。

これではカード発行元としては、旨味が少ないわけです。

元々、ソラチカルートは今のようにLINEポイントからメトロポイントに交換し、そこからANAマイルに交換するという流れではなく、ポイントサイトから直接メトロポイントに交換するルートがありました。

これだとポイントからANAマイルへの交換率は90%を超えていました。

しかし、このルートは2018年に終了しました。

この時にすでに多くの陸マイラーは、いずれソラチカルートは閉鎖されるだろうと考えたことでしょう。

そして、2019年終わりについにLINEポイントからのソラチカルートも閉鎖されます。

今後、新たに高い交換率でメトロポイントへ交換できるルートが誕生すればソラチカカードの人気は維持されるでしょうが、今の所は、解約が相次ぎそうです。

ただ、最近ではJCBの20%還元キャンペーンの対象カードにソラチカカードがなっていることも手伝ってカードの発行が増えていると聞きます。

ソラチカルートに変わるルート

2019年12月27日まではソラチカルートが使えますが、その後は使えません。

これに変わるルートとしては、東急ルートがあります。

交換率は、75%と現状のソラチカルートに比べて6%低下しますが、それでも高い交換率を誇ります。

東急ルート

交換率75%の東急ルートは、下記の流れとなります。

  1. ポイントサイトからドットマネーへ交換
  2. ドットマネーから東急ポイントへ交換
  3. 東急ポイントからANAマイルへ交換

この東急ルートを実現するには、ドットマネーへの登録と、 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO」というクレジットカードが必要となります。

ソラチカカード同様に、2年目以降2000円の年会費がかかるクレジットカードです。

東急ルートは、これまでのソラチカルートに比べて経由ポイントが少ないのがメリットです。

これは即ち、ポイント獲得からANAマイルへ交換に要する時間が短いことを意味します。

ということで、今後の陸マイラー活動は、東急ルートが主力になっていきそうです。



-クレジットカード

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.