Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

「LINE Pay」カードの2%という高い還元率が終了

LINE Payカード

LINE Payカード

「LINE Payカード」での利用代金100円あたり2ポイントのLINEポイントが付与される特典を2018年5月31日をもって終了することをLINEが発表しました。

【LINE Pay】利用特典変更とリニューアルのお知らせ : LINE公式ブログ

 

2%という非常に高い還元率が人気だった「LINE Payカード」。

ここ数年高い還元率のクレジットカードが相次いで廃止となるなかで、プリペイドカードでありながら2%の高還元率を実現していた「LINE Payカード」もついに終止符が打たれます。  

www.zbuffer3dp.com

2%の高還元率を終了する理由

LINEがブログで公表した内容を読むと、「LINE Payカード」での支払いよりも、中国などアジアで浸透しているQRコード支払いなどカードレスでの支払いの方に力を入れていくことを感じ取れます。

確かにそれも理由の一つではあるとは思いますが、そもそも2%という高い還元率を設定していたのは、「LINE Pay」の利用者を獲得するための先行投資であり、その先行投資期間が終わったということなのでしょう。

 

「LINE Pay」はここ数年赤字で、そろそろ利益を出せるようにする必要があるのですが、昨今リボ払いなどの手数料収入がプリペイドカードよりもあるクレジットカードでさえ、還元率の悪化が相次いでいるのですから、2%の還元率を維持できないことは誰が見ても明らかでした。

 

「LINE Pay」の新しいポイントプログラムが酷すぎる

「LINE Payカード」の2%還元が5月末で終了するのに伴い、6月1日以降に新たなポイントプログラムが開始されました。

official-blog.line.me

ポイント還元率はこれまでの2%固定から、0%から0.5%刻みで最大2%というポイントプログラムになっています。

それではどんな条件だと従来通り2%の還元率となるのでしょうか?

LINEのサイトでは以下のように書かれています。

新しいプログラムは、前月20日までのQR/バーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高での支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、送金機能などのサービスご利用度合いによって[グリーン, ブルー, レッド, ホワイト]のいずれかのバッジカラーに判定され、カラーによって、段階的にインセンティブがプレゼントされるものです。月々のバッジカラーは変動的で、「LINE Pay」ユーザー全体と個人の利用状況をもとに、相対的に判定、毎月1日に更新されます。

重要な部分を赤字にしましあたが、なんとどれだけの金額を利用すれば、どれだけの還元率になるのか分からない基準になっているのです。

こんな利用者をバカにしたようなポイント還元プログラムは今まで見たこともありません。

これまでの数年間、2%還元という赤字を出しながら気づきあげてきた「LINE Pay」の信用を一気に落とすような愚行を犯しているとしか言えません。 

還元率は改悪も「LINE Pay」カードは引き続き利用可能

「LINE Pay」のポイント還元率は大幅に改悪されてしまいますが、「LINE Payカード」での支払いは引き続きできます。

しかし、2%還元ではなくなってしまうので、今後の利用頻度は少なくなりそうです。 

www.zbuffer3dp.com

プリペイドカードで還元率2%のカードが新登場

「LINE Pay」の還元率が2%から最悪0%へと改悪されたのを狙ってか、新たにプリペイドカードで還元率が2%のカードが誕生しました。

個人間の送金サービスを行ってきたKyashが、新たにVISAプリペイドカードを発行し、利用額に対して2%を還元するということを発表したのです。

campaign-i.kyash.co

このタイミングでの発表はまさに「LINE Pay」を意識したものでしょう。

「LINE Pay」カードがJCBブランドだったのに対して、KyashのプリペイドカードはVISAブランドなので、使えるお店も多くなります。

2%という還元率の高さは、「LINE Pay」の時と同様に先行投資の一種でKyashの利用者を獲得するための広告宣伝費的な意味あいが強いと思われますが、利用者の立場としては還元率が高いプリペイドカードが登場するのは嬉しい限りです。

「LINE Pay」同様いずれ2%という還元率は終わりを迎えることでしょうが、本人確認も不要ですから、利用できるうちに利用しておきたいところです。