Zバッファ

ロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

クレジットカード

Kyashカードにチャージして使って、2%の還元を受けるまで一通り利用してみた感想

更新日:

KyashのリアルカードとLINEPayカード
KyashのリアルカードとLINEPayカード

還元率2%を打ち出したプリペイドカードのKyashカード。

kyash.co

LINEPayがプリペイドカードの還元率を2%から大幅に改悪した直後に、2%の還元率を打ち出してきたところに戦略を感じます。

www.zbuffer3dp.com

そんなKyashのリアルカードを1年以上実際に利用してきた中で、使い方含め使い勝手はどうなのかレビューしていきます。

Kyashのチャージ方法について

Kyashへのチャージ方法は4通りあります。

  1. コンビニで現金を使ってチャージ
  2. ペイジーを使った銀行口座からのチャージ
  3. セブン銀行ATMからのチャージ
  4. クレジットカードを利用したチャージ

これらは、直ぐに発行できるバーチャルカードでもリアルカードでも同じです。

Kyashカードへのチャージ方法
Kyashカードへのチャージ方法

ペイジーを使った銀行口座からのチャージは面倒

まず最初に試したのが銀行口座からのチャージです。

チャージするにはKyashアプリでチャージ金額の申請を行います。

最低3000円からのチャージとなっていて、1000円からチャージ出来たLINEPayに比べると劣ります。

Kyashアプリからのチャージ申請
Kyashアプリからのチャージ申請

チャージ金額を指定する画面には3000円と5000円に1万円のみが表示されていますが、その他を選択することで、3000円以上であれば1000円単位で指定が可能となっています。

Kyashカードへのチャージは3000円から3万円まで可能
Kyashカードへのチャージは3000円から3万円まで可能

チャージ金額を決めて申請を行うと、ペイジーを使って銀行口座からチャージするための収納機関番号と確認番号などが通知されます。

ペイジーを使ってKyashカードへチャージするために必要な情報
ペイジーを使ってKyashカードへチャージするために必要な情報

これらの情報を使ってペイジーで手続きを行います。

まず私が試したのが楽天銀行です。

ネット銀行はペイジーに対応していないところが多いのですが、楽天銀行とジャパンネット銀行は対応しています。

楽天銀行のアプリまたはHPからペイジーの申し込みを行います。

この際に先程表示された収納機関番号などを入力します。

楽天銀行でペイジーを利用する
楽天銀行でペイジーを利用する

しかし、楽天銀行及びジャパンネット銀行のペイジーではKyashのチャージは出来ませんでした。

楽天銀行のペイジーではKyashの取引は非対応
楽天銀行のペイジーではKyashの取引は非対応

他に口座を持っているネット銀行は住信SBIネット銀行と新生銀行がありますが、この2行はいずれもペイジーの取引が出来ません。

そのため、仕方なくみずほ銀行のATMでペイジーの取引をすることにしました。

みずほ銀行のATMでKyashカードにチャージ
みずほ銀行のATMでKyashカードにチャージ

みずほ銀行のATMからは無事にペイジーでチャージすることが出来ました。

チャージが完了すると、チャージ金額が書かれた通知がスマホに来ます。

Kyashアプリからチャージ完了の通知が届く
Kyashアプリからチャージ完了の通知が届く

Kyashアプリを開いて確認するとたしかにチャージされていて、残高が増えていました。

Kyashアプリの履歴からチャージ日時と金額が確認できる
Kyashアプリの履歴からチャージ日時と金額が確認できる

このようにペイジーを利用したチャージはATMで行う必要があります。

LINEPayの時は、最小1000円からチャージ出来ましたし、銀行口座を登録しておけばアプリからの操作のみでチャージが出来たので、それと比べるとKyashのペイジーを使った銀行口座からのチャージは不便極まりないです。

www.zbuffer3dp.com

セブン銀行ATMからのチャージを実際に試してみた

セブン銀行ATMからKyashへチャージ
セブン銀行ATMからKyashへチャージ

これまでコンビニでは、事前にKyashのアプリからチャージ申請を行い、コンビニの端末で発券して、レジで現金を払ってチャージする必要がありましたが、新たにセブン銀行ATMを使ってチャージできるようになりました。

利用方法は簡単で、セブン銀行ATMでスマートフォン取引を選択し、表示されたQRコードをKyashアプリで読み取ります。

そうすると、取引に必要な企業番号が表示されるので、それをATMで入力します。

セブン銀行ATMからKyashへチャージする際の企業番号
セブン銀行ATMからKyashへチャージする際の企業番号

因みに、ATMにKyashのリアルカードを入れた場合はエラーとなって、カードが出てきます。

次にチャージする紙幣を投入します。

セブン銀行ATMを使ったKyashチャージ金額の確認画面
セブン銀行ATMを使ったKyashチャージ金額の確認画面

金額を確認して、確認ボタンをタッチすればチャージ完了です。

すぐにスマホへ通知が来ます。

セブン銀行を使ってKyashにチャージした事を知らせる通知
セブン銀行を使ってKyashにチャージした事を知らせる通知

Kyashアプリの履歴を確認すると、セブン銀行ATMからのチャージを確認することも出来ます。

Kyashアプリの履歴からセブン銀行ATMからチャージしたことがわかる
Kyashアプリの履歴からセブン銀行ATMからチャージしたことがわかる

クレジットカードによる自動チャージが便利でポイントの二重取りも可能

ユニーク且つ便利なKyashの自動チャージ
ユニーク且つ便利なKyashの自動チャージ

ペイジーの使ったチャージが不便だったので、次はクレジットカードによる自動チャージを試してみました。

Kyashのクレジットカードを使ったチャージ方法には、他のプリペイドカードと異なって自動チャージという機能があります。

他のプリペイドカードでは、クレジットカードで事前にチャージしますが、Kyashの場合は、使った分だけクレジットカードから自動でチャージされて支払いが行われるのです。

そのため。プリペイドカードでありながら残高不足で決済が出来ないという心配もありません。

また、利用を止める時もちょっとした端数が残ったりしないのも良いですね。

クレジットカードからの手動チャージと注意点

2018年12月25日からクレジットカードを利用した手動チャージも可能になりました。

クレカを使って事前に手動でチャージすることも可能になった
クレカを使って事前に手動でチャージすることも可能になった

Kyashアプリを開いて、カードチャージからカードをタップします。

クレジットカードによる手動チャージ方法
クレジットカードによる手動チャージ方法

続いて、チャージ金額とチャージに使うクレジットカードを選択します。

チャージに使うクレジットカードは、Kyashアプリ内でチャージ前に登録しておきます。

後は、チャージボタンをタップするだけです。

これでまとまった金額をチャージすることが出来ます。

チャージによるKyashアプリからの通知内容
チャージによるKyashアプリからの通知内容

ただ、注意点としては、一日あたりチャージできるのは5万円までとなっている点です。

これは、クレジットカードだけでなく、銀行やコンビニからのチャージも合算しての制限となります。

また、Kyashの残高が5万円以上ある場合もチャージできません。

JCBブランドのクレジットカードだとチャージできない

Kyashのリアルカードへチャージできるクレジットカードは、国際ブランドがVISAかMasterCardのカードです。

逆にJCBのマークが付いているクレジットカードだとKyashカードへのチャージは出来ません。

自動チャージ可能なのはVISAとMasterCardのクレカのみ
自動チャージ可能なのはVISAとMasterCardのクレカのみ

クレジットカードの利用で還元率は3.2%以上にすることも可能

年会費無料で還元率が1.2%のリクルートカードなどをKyashカードで利用するとなんと還元率は3.2%にもなります。

還元率が高いクレカを利用することで、Kyashをよりお得に利用しましょう。

因みに、年会費無料なのに還元率が1.5%もあるP-One WizはKyashへのチャージだと還元率は0.5%へと大幅に低下してしまいます。

なお、自動チャージに利用できるクレジットカードは複数登録可能ですが、一日に一枚のクレジットカードしか登録できないようになっています。

Kyashの自動チャージ用に登録できるクレジットカードは1日1枚まで
Kyashの自動チャージ用に登録できるクレジットカードは1日1枚まで

また、当然ではありますが、プリペイドカードを自動チャージ用に登録することは出来ませんのでLINE Payカードは利用できません。

Kyashの自動チャージにプリペイドカードは使えない
Kyashの自動チャージに他社のプリペイドカードは使えない

Kyashのリアルカードを実際に店舗やネットショッピングで利用してみた

Kyashカードへのチャージが完了したので、実際に街なかの店舗で利用してみました。

まず利用してみたのが、ドラッグストアのクリエイトS・Dです。

ペイジーでチャージした3000円で利用してみましたが、無事決済されました。

決済されるとすぐにスマホへ利用額と、利用した店舗情報、そしてカードの残額が通知されます。

Kyashカードで支払いを行った時にスマホへ通知される情報
Kyashカードで支払いを行った時にスマホへ通知される情報

続いてAmazonで利用してみました。

Amazonでの買い物は999円だったので、残高だけだと不足します。

しかし、クレジットカードによる自動チャージを設定していると、特にエラーにならずに決済が完了となります。

KyashカードのAmazonで利用した通知
KyashカードのAmazonで利用した通知

自動チャージを利用すると、不足分が登録しているクレジットカードで補われる形となり、残高は0円という状態となります。

そのため、LINEPayカードとは異なり、残高を使い切るのが面倒ということがありません。

Kyash自動チャージ利用時のクレジットカード利用明細
Kyash自動チャージ利用時のクレジットカード利用明細

モバイルSuicaへのチャージ方法

Kyashカードは、モバイルSuicaへチャージした場合も2%の還元対象となるのが大きな特徴の1つです。

Suicaへチャージするカードは、バーチャルカードでも、リアルカードどちらでも構いません。

モバイルSuicaへのチャージ方法ですが、モバイルSuicaのアプリを起動し、チケット購入Suica管理を選択します。

モバイルSuicaアプリ
モバイルSuicaアプリ

次に「登録クレジットカード情報変更」を選択します。

モバイルSuicaへチャージするクレジットカードの変更
モバイルSuicaへチャージするクレジットカードの変更

変更後のクレジットカード情報にKyashのカード番号と有効期限を入力します。

モバイルSuicaにKyashカードを登録
モバイルSuicaにKyashカードを登録
モバイルSuicaへ登録するKyashカード情報を確認
モバイルSuicaへ登録するKyashカード情報を確認

登録が完了したら、チャージ画面でVISAマークがある方を選択してチャージします

モバイルSuicaにKyashでチャージ
モバイルSuicaにKyashでチャージ

モバイルSuicaにKyashでチャージするメリットはまだあるのか?

2019年2月2日までは、モバイルSuicaにKyashカードで一度に6000円以上チャージすると2%のキャッシュバック対象になっていたのがの1つの目玉機能でした。

しかし、2月3日以降はキャッシュバック対象外となっています。

KyashカードからモバイルSuicaへのチャージはキャッシュバック対象外に変更
KyashカードからモバイルSuicaへのチャージはキャッシュバック対象外に変更

それでは、もうKyashカードでモバイルSuicaにチャージするメリットはないのでしょうか?
いいえ、これまでよりもメリットは少なくなりますが、まだKyashカードでチャージするメリットはあります。

それは、Suicaへのチャージでポイントが付かないクレジットカードを利用している場合です。

Kyash経由でSuicaにチャージすると、Kyashへのチャージ時にクレジットカードのポイントが還元されるので、Orico Card THE POINTなど高い還元率のクレカを利用していればその分Suicaの利用でもお得になります。

還元率2%のキャッシュバックが行われるタイミング

Kyashからキャッシュバックされたことを知らせる通知
Kyashからキャッシュバックされたことを知らせる通知

Kyashは2%の還元率が魅力的です。

LINEPayはLINEポイントとして還元されますが、Kyashはポイントではなく、直接残高が増える形で還元されるので、LINEPayよりも使い勝手がいいです。

さて、キャッシュバックされるタイミングですが、実際に利用してみたところ、6月にKyashで支払いを行った金額の2%分が7月末にキャッシュバックされたので、一か月分がまとめて翌月末に還元される形ということになります。

いくらキャッシュバックされたかは、Kyashアプリの利用履歴で確認することができます。

Kyashアプリで利用履歴やキャッシュバック額を確認できます
Kyashアプリで利用履歴やキャッシュバック額を確認できます

2%の還元率はいつまで続くのか?CFOからのコメント

KyashのオフィスとCFOの李さん
flick 2019年2月号よりKyashのオフィスとCFOの李さん

Kyashカード最大の魅力はここまで何度も紹介してきた2%もの還元率と、クレジットカードを組み合わせることで2重、3重にもポイント還元可能なことです。

このうち2%の還元率について、Kyashで最高財務責任者(CFO)を務める李さんは、雑誌flick(2019年2月号)で以下のようにコメントしています。

2%還元は続けていく予定です。ただ、どのような還元方法がユーザーに喜んでいただけるのものなのかは検討の余地があるかと考えます。

flick! digital(フリックデジタル) 2019年2月号 Vol.88[雑誌]

flick! digital(フリックデジタル) 2019年2月号 Vol.88[雑誌]

2%の原資をどこから捻り出しているのかについて明言を避けた李さんだが、クレジットカード会社の多くとは異なり、スマホアプリだけでなく決済システム全般を自社開発していることによってベンダー費用がかからない点を1つ挙げていました。

また、出資会社などのステークホルダによる協力もあるという。

未来永劫2%の還元率が続くことはありえないが、いち利用者としては勝手ながら少しでも長くこの還元率を続けてほしいと願うばかりです。

Kyashカードを作るとキャッシュバック

Kyashカードは、プリペイドカードなのでクレジットカードのようにカードを発行する際に大量にポイントが還元されたり、キャッシュバックされるというのは無いのですが、以下の記事に書かれている方法でリアルカードを発行すると若干のキャッシュバックを受けられます。

www.zbuffer3dp.com

LINEPayカードに比べたメリットとデメリットのまとめ

実際にKyashカードを利用してみて、LINEPayカードと比べた場合のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 還元率が常時2%
  • クレジットカードによるチャージが可能※事前チャージは出来ない
  • 自動チャージを利用すると、残高不足で決済できないのが防げる
  • 自動チャージを利用すると、残高の使い切りが簡単
  • 還元方法がポイントではなく、残高が直接増える形なので面倒な手続きが不要

デメリット

  • 銀行口座からのチャージはLINEPayに比べて不便
  • 一部ネットサービスで決済に失敗する

デメリットで挙げた一部ネットサービスでの決済に失敗したケースですが、LINEPayカードだと決済できたサービスだったので、デメリットとしましたが、逆のケースもあるとは思います。

Kyashカードで決済に失敗したときの通知
Kyashカードで決済に失敗したときの通知



-クレジットカード

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.