Zバッファ

ロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

クレジットカード

Kyashの還元率が2%から最大1%になりQUICPay利用時は還元率0%へと改悪

投稿日:

Kyashのリアルカード
Kyashのリアルカード

常時還元率2%で人気だったKyashが2019年10月から最大でも1%の還元率になることを発表しました。

下記記事内でも言及していますが、Kyashの最高財務責任者(CFO)を務める李さんは、雑誌flickの2019年2月号で2%還元は続けていく予定と述べていましたが、それは裏切られた形となりました。

ただ、Kyashがそう遠くないうちに2%の還元を止めることは多くの人が想定していたことだと思います。

2%もの還元率を維持していたら、利益を出すのは非常に困難だからです。

Kyash利用時の還元率(2019年10月以降)

2019年10月1日以降にKyashを利用した際の還元率について、表にまとめました。

決済種別 実店舗での利用した時の還元率 ネットで利用した時の還元率
リアルカード決済 1% 1%
バーチャルカード決済 - 0.5%
QUICPay決済 0% -

このように、リアルカードでの決済と、すぐに発行できるバーチャルカードでの決済とで還元率が異なります。

2019年9月末までは、リアルカードでの決済も、バーチャルカードの決済どちらも2%の還元率でした。

それが今後はバーチャルカードを利用した際は、わずか0.5%の還元率となってしまいます。

QUICPayを利用した時の還元はなくなります

また、これが個人的には驚いたのですが、QUICPayを利用した時の還元率が0%、即ち現金で支払った時とおなじく還元がまったく無くなります。

これまでQUICPayにKyashのカードを紐付けて高い還元率を授受してきた方も大勢いることだと思います。

私自身も大いに活用させてもらいました。

それが10月以降はできなくなります。

元々Kyashカードは国際ブランドとしてVISAを採用しています。

それなのに、JCBのキャッシュレスサービスであるQUICPayが利用できるのは不思議な感じでした。

 

現金キャッシュバックからポイント還元に改悪

これまでKyashを利用すると、翌月以降に2%分がキャッシュバックされる形で還元が行われていました。

それが10月以降はクレジットカードのようにポイントで還元される形となります。

このポイントは、Kyashポイントと呼ばれることになります。

ポイント還元だと、いちいちポイントを交換する手間が発生するため、使い勝手の面でも改悪が行われたといっていいでしょう。

 

キャッシュバック方式からポイント還元方式に変更した理由は分かりません。

今後、他のポイントサービスとの交換サービスを開始するのかもしれませんね。

ただ10月時点でKyashポイントは、1ポイント1円としてKyashの残高にチャージできることしか出来ません。

 

Kyashの魅力は下がるが、今後も使っていきたいメリット

ここまで紹介してきたようにKyashの還元率はとうとう2%から最大1%へと改悪されてしまいます。

そしてQUICPay利用時にはまったく還元されなくなってしまいます。

このように、これまでKyashのストロングポイントであった点がいくつか失われますが、Kyashのメリットはまだ残っています。

それは、Kyashへクレジットカードチャージすることで、クレジットカードのポイントも貯まり、そしてチャージされたKyashで決済すれば最大1%のポイント還元があることから、二重、三重でのポイント還元できる点です。

例えば、年会費無料ながら還元率1.2%を誇るリクルートカードとKyashを組み合わせれば、2.2%の還元率となります。



-クレジットカード

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.