Zバッファ

ファイナンシャル・プランナー2級の資格を持つエンジニアが実際に体験した内容をもとにしたレビューブログ

クレジットカード

JCBのクレジットカード利用で20%還元対象となる年会費無料のカードと注意点

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン

JCBのクレジットカードを利用すると、利用金額の20%がキャッシュバックで還元されるキャンペーンが開始されました。

キャンペーンの期間は本日8月16日から2019年12月15日までと4ヶ月間と長期間になります。

キャッシュバック金額の上限は、クレジットカード1枚あたり1万円ということで、ここ最近のバーコード決済で行われている20%還元に比べて圧倒的に上限が緩和されています。

また、クレジットカード1枚毎に1万円までキャッシュバックされるので、対象のクレジットカードをたくさん作って利用すれば、それだけお得になります!

キャンペーン対象となる支払い方法

20%キャッシュバックキャンペーンの対象となる支払い方法はスマホ決済となります。

具体的には、iPhoneの場合はApple Payでの支払いが対象となります。

Androidスマホの場合は、Google Pay即ちQUICPayでの支払いが対象となります。

JCBのクレジットカードを単純に街のお店やオンラインショッピングで使った場合は、20%還元とはならないので注意してください。

ココに注意

Suicaチャージ・オンラインショップなどの利用分はキャンペーンの対象にならないことも公式サイトに明記されています。

また、Apple PayでJCBのデビットカードやプリペイドカードを使った場合も対象外となります。

 

キャンペーン対象となるJCBのクレジットカードとは

キャンペーンの対象となるクレジットカードは、JCB及びJCBが指定した会社が発行するクレジットカード及びプリペイドカードとデビットカードになります

ココに注意

クレジットカードにJCBのマークがあるだけでは、キャンペーンの対象になるカードかどうかは判断出来ません。

例えば、JCBのマークが付いている楽天カードはキャンペーンの対象外となります。

 

20%キャッシュバックの対象外となるカード

20%キャシュバックキャンペーンの対象外となる主なカードの条件は、下記5点です。

  1. 指定された発行会社以外のJCBクレジットカード
  2. Apple Pay利用の場合は、プリペイドカードとデビットカードは対象外
  3. 発行会社がジェーシービー以外のプリペイドカード
  4. カード番号が355から始まるカード
  5. みずほWalletの利用

クレジットカードは、カードの券面にJCBマークがあっても、発行会社が指定されたところ以外のカードを使うとキャンペーン対象外となってしまいます。

キャンペーン対象となるクレカの発行元会社は下記リンクより確認出来ます。

上記リストを見てもらえれば分かるようにJCB以外は殆どが銀行となっています。

そのため、楽天カードやポケットカードが発行するP-One Wizやカカクコムが発行するREX CARDといったカードは、今回の20%還元キャンペーンの対象外です。

プリペイドカードに関しては、例えばLINE Payのプリペイドカードは、キャンペーン対象外となります。

JCBブランドのLINE Payカードは対象外

JCBブランドのLINE Payカードは対象外

これは、LINE Payのプリペイドカードは、カード発行元がLINE Pay株式会社だからです。

 

キャンペーンの対象且つ年会費が無料のクレジットカード

キャンペーンの対象となるクレジットカードの殆どは、年会費が有料となります。

その中で、初年度以外もずっと年会費が無料のクレジットカードについてここで紹介しますので参考にしてください。

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料で、なおかつ還元率が1.2%と高いのが特徴のリクルートカードです。

リクルートカードは、JCBブランドとVISA、そしてマスターカードと世界3大ブランドのカードを提供していますが、JCBブランドのカードについては、発行元が株式会社ジェーシービーとなっています。

リクルートカードの発行会社

リクルートカードの発行会社

 

この20%キャシュバックキャンペーンが発表された8月16日に、リクルートカードは、プレスリリースを出してApple PayとGoogle Pay(QUICPay)に対応したことを発表し、20%キャッシュバックの対象になることも合わせて発表しています。

『リクルートカード』『リクルートカードプラス』がJCBブランドで「Apple Pay」に対応開始

『リクルートカード』『リクルートカードプラス』がJCBブランドで「Google Pay」での店舗支払いに対応開始

2019年8月16日(金)~12月15日(日)の間、20%のキャッシュバックが受けられます。あわせて『リクルートカード』は1.2%還元、『リクルートカードプラス』は2.0%還元も受けられます。

筆者追記)リクルートカードプラスは既に新規受付は停止しているカードです。

39歳以下の人ならJCB CARD W

JCBが39歳以下向けに発行しているクレジットカードがJCB CARD Wです。

このJCB CARD Wは、JCBが発行する数少ない年会費無料のクレジットカードとなっています。

 

この2カード以外だとJCB CARD RとJCB LINDAも年会費無料のクレジットカードになります。

しかし、JCB CARD Rはリボ払い専用クレジットカードとなっているため、個人的にはお勧め出来ません。

キャンペーンで20%キャシュバックされても、リボ払いで高い手数料が取られてしまいます。

JCB LINDAは、一般カードでJCB CARD Wのような年齢制限もありません。

ただ、毎月100円のデータ維持手数料が徴収されるので実質年会費が1200円なのと変わらないです。

なお、データ維持手数料は、月々1万円以上利用するなど、所定の条件を満たせば免除されます。

 

マイルを貯めるならソラチカカードもお勧め

20%キャシュバックキャンペーンの対象で、年会費が無料のクレジットカードは前述した通りです。

基本的には、リクルートカードかJCB CARD Wが個人的にはお勧めですが、マイルを貯めようとしている方ならANA JCBカードもキャンペーン対象でお勧めです。

ANAJCBカード

因みに私は、通称ソラチカカードと呼ばれる東京メトロと連携しているANA JCBカードを持っています。

ANA JCBカードのソラチカカード

ソラチカカード

ソラチカカードの発行会社は、株式会社ジェーシービーなので、今回のキャンペーン対象になります。

ソラチカカードの発行会社はJCB

ソラチカカードの発行会社はJCB

このカードを持っていると、貯まったTポイントやLINEポイントを等価交換とまではいきませんが、80%以上の交換率でANAマイルに交換できるため、マイラーの間では必需品となっているクレジットカードです。

ANAJCBカード



-クレジットカード

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.