Zバッファ

ロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

格安SIM

HISモバイルが最低利用期間と解約違約金無し且つMNP転出手数料割安な通話SIMを販売

投稿日:

HISモバイルが、最低利用期間なし且つMNP転出手数料が割安な通話SIMを3月22日からサービスを開始しました。

 

HISモバイルは、音声通話プランが月々945円から利用できる格安SIMとなっていて、今回のキャンペーンと併せて音声通話プランをお試して利用してみたい方に最適なプランとなっています。

HISモバイルの月額料金

HISモバイルの月額料金

尚、5月31日までの期間限定となっているので、利用する場合は、契約時期に注意しましょう。

HISモバイルの解約に伴う手数料を確認

HISモバイルが始めた格安SIMお試しキャンペーン。

気になる手数料は以下のようになっています。

  • 契約事務手数料:3000円
  • 解約違約金:8000円0円
  • MNP転出手数料:3000円

格安SIMの音声通話プランで、解約金が無料のところはいくつかありますが、殆どのMVNOではMNP転出手数料が8000円以上に設定されています。

また、MNP転出手数料がHISモバイル同様に3000円のところもありますが、それらは、最低利用期間が半年以上に設定されていて、半年以内にMNP転出すると解約違約金として8000円ほど発生するところが多いので、今回のHISモバイルのキャンペーンは、短期でMNP転出する場合において費用を低く抑えることが出来ます

格安SIMの音声通話プランで最低利用期間とMNP転出手数料を比較

1ヶ月以内にMNPした場合の費用を計算

もしMNP弾をするために一時的にHISモバイルを利用する場合に発生する費用を計算すると、下記費用を合算した6947円となります。

  • 3000円(契約事務手数料)
  • 945円(月額料金) ※日割りなし
  • 3000円(MNP転出手数料)
  • 2円(ユニバーサルサービス料)

 

注意点のまとめ

今回のキャンペーンを利用する上での注意点についてまとめました。

  1. ドコモ回線のみ対象(ソフトバンク回線はキャンペーン対象外)
  2. 3月22日以降に新規契約した回線が対象
  3. 2019年5月31日までに解約手続きを完了しなかった場合や、MNP予約番号取得後期日までに転出しなかった場合は、キャンペーンの適用を受けられない
  4. キャンペーン期間中に解約した場合でも、通常の解約金が受付画面上に表示される場合がある

 

今後、NTTドコモやソフトバンクにauといった大手3キャリアでは、政府からの縛りによって今後端末分離プランを導入することになります。

最大手のドコモは、既に2019年4月から6月の間に端末分離プランを導入すると発表していることから、この場合、これまでのようにMNP対象者を優遇した一括0円や一括1円といった販売手法は7月以降無くなる可能性が高くなっています。

HISモバイルのキャンペーンは、これと端末分離プランの導入または発表時期に連動していることから、MNPを利用する駆け込み需要を狙っているのかもしれませんね。



-格安SIM

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.