Zバッファ

ロボアドバイザーやクレジットカードなどお金にまつわる体験談をファイナンシャル・プランナーの視点で語るライフハックブログ

ふるさと納税

ふるさと納税の還元率ランキング(旅行券やプリペイドカードなどの金券編)

投稿日:

ふるさと納税の返礼品にVISAプリペイドカードまで登場

ふるさと納税の返礼品にVISAプリペイドカードまで登場

今回は、ふるさと納税の返礼品として提供されている商品券や旅行券など金券類の中から高還元率且つ人気の品を厳選して紹介します。

なお、これから紹介する情報は2018年12月19日時点の内容となります。

金券及びプリペイドカードの還元率ランキング

自治体 還元率 返礼品 最低寄付額
佐賀県みやき町 40%

Amazonギフト券7%

Vプリカ 2万5000円
静岡県小山町 40%

Amazonギフト券2%

Amazonギフト券

 

2万5000円
静岡県小山町 40%

Amazonギフト券2%

JCBギフトカード 2万5000円

汎用的な金券やプリペイドカードをふるさと納税の返礼品にしている自治体の中から高還元率の物を厳選しました。

この中で一番魅力的なのが、佐賀県みやき町のVプリカです。

vpc.lifecard.co.jp

ライフカードが発行するVISAプリペイドカードのため、オンラインショッピング全般で利用することが出来ます。

ふるさと納税サイトのふるなびから申し込むと寄付額の7%分がAmazonギフト券として還元されるのでトータル47%もの還元率となります。

 

他にお勧めなのがAmazonギフト券とJCBギフト券を返礼品としている静岡県小山町へのふるさと納税となります。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

 

 

 

 

旅行券の還元率ランキング

自治体 還元率 返礼品 最低寄付額
佐賀県みやき町

50%

Amazonギフト券7%

HISギフトカード 10万円
和歌山県高野町

50%

Amazonギフト券3%

日本旅行ギフトカード 1万円
大阪府熊取町

50%

Amazonギフト券2%

近畿日本ツーリスト旅行券 1万円

次に、旅行券をふるさと納税の返礼品にしている自治体の中から高還元率の物を厳選しました。

旅行券に関しては還元率が50%超えの物が3つもあります。

一番高い還元率なのがトータル57%の還元率になる佐賀県みやき町のHISギフトカードです。

www.zbuffer3dp.com

ふるなびから申し込むことで、寄付額に対して7%分のAmazonギフト券が追加でもらえます。

 

HISではなく、日本旅行や近畿日本ツーリストの旅行券の方が使い勝手が良いという場合は、それぞれ和歌山県高野町と大阪府熊取町へふるさと納税するのが良いでしょう。 

www.zbuffer3dp.com

 

商品券の還元率ランキング

自治体 還元率 返礼品 最低寄付額
茨城県つくばみらい市

50%

Amazonギフト券3%

ジェフグルメカード 5万円
大阪府泉佐野市

50%

Amazonギフト券2%

ピーチポイント 1万円
静岡県小山町 40%

Amazonギフト券2%

リンガーハット商品券

1万円
静岡県小山町 40%

Amazonギフト券2%

サーティーワンアイスクリーム商品券 1万円
長野県小谷村

30%+

Amazonギフト券11%

モンベル ポイントバウチャー

1万7000円
長野県小谷村

30%+

Amazonギフト券11%

ヒマラヤオンラインクーポン 1万7000円

最後に、特定のお店での支払に利用できる商品券やポイントをふるさと納税の返礼品にしている自治体の中から高還元率の物を厳選しました。

 

この中で一番おすすめなのが茨城県つくばみらい市が返礼品として用意している全国共通お食事券のジェフグルメカードです。

ジェフグルメカードは、全国各地の色んな飲食店で利用できる汎用性があります。

 

これ以外には、大阪府泉佐野市のピーチポイントは飛行機を利用する人にとっては使い勝手が良いですね。

 

ふるさと納税で金券類が貰える期限は残り僅か

2019年6月以降のふるさと納税からは、総務省から認可された自治体への寄付のみが税額控除対象となります。

2019年度税制改正大綱(ふるさと納税部分抜粋)

2019年度税制改正大綱(ふるさと納税部分抜粋)

出典:自民党 2019年度税制改正大綱(pdf)

 

そのため、実質返礼品に換金性が高い物を指定している自治体は、総務省から認定を貰うことはできないので、これらの自治体へ2019年6月以降ふるさと納税しても、私達サラリーマンの節税にはなりません。

そういうこともあって、今後ふるさと納税の返礼品から金券や商品券、旅行券は姿を消す確率が非常に高くなっています。

これら返礼品が欲しい場合は、年末までにふるさと納税することが現状は求められます。

2019年1月以降これらの返礼品が残っている保証はどこにもありません。



-ふるさと納税

Copyright© Zバッファ , 2019 All Rights Reserved.