Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

b-mobile S 190 Pad SIMを使ってみた感想

b-mobile S 190 Pad SIMのパッケージ

b-mobile S 190 Pad SIMのパッケージ

日本通信から12月8日に発売が開始された「b-mobile S 190 Pad SIM」を早速ビックカメラで購入してiPadやiPhoneにAndroidスマホで使ってみたので、その使い心地についてレポートしていきます。

b-mobile S 190 Pad SIMとは

そもそも今回発売された「b-mobile S 190 Pad SIM」は、月々190円という低価格からソフトバンク回線を利用できる格安SIMになります。

ソフトバンク回線を利用した格安SIMとしては、ソフトバンク自体が提供するワイモバイルが有名ですが、ワイモバイルのデータ通信専用SIMはMMSに対応したキャリアメールが利用できるという特徴もありますが、1GBで月々980円と割高です。

www.zbuffer3dp.com

 

ワイモバイル以外でソフトバンク回線を借りて、個人へサービスを提供しているMVNOはドコモやau回線を利用しているところと比べるとまだまだ少ない状態です。

そんな中でソフトバンク回線の提供に熱心だったのがb-mobileブランドを展開する日本通信になります。

ソフトバンクと紆余曲折な交渉を経て、ソフトバンク回線のMVNOを提供できることになったことはニュースにもなりました。

格安SIMでは珍しく使った分だけ料金を払う従量課金制を採用

今回日本通信が提供を開始した「b-mobile S 190 Pad SIM」の1番の特徴は料金体系です。

従量課金制を採用していて、使った分だけ費用が請求されるので、月によって使用頻度が多かったり、少なかったりする人に向いています。

格安SIMの中で従量課金制を採用しているのは、非常に少なく、楽天モバイルに事業譲渡されたフリーテルと、エキサイトモバイルが主要な業者です。

このうち、フリーテルSIMについては、今後楽天モバイルとサービス内容の統合が進むと考えられるため、従量課金制を維持するかは不透明です。

エキサイトモバイルについては、最低料金が500円からとなっていて、使わない月でも500円発生します。

それが、今回の「b-mobile S 190 Pad SIM」だと190円だけで済むので節約になります。

料金体系

1ヶ月のデータ通信量 料金
100MB以内 190円
100MB超から1GB以内 540円
1GB超から2GB以内 890円
2GB超から3GB以内 1240円
3GB超から4GB以内 1590円
4GB超から5GB以内 1940円
5GB超から6GB以内 2290円
6GB超から7GB以内 2640円
7GB超から8GB以内 2990円
8GB超から9GB以内 3340円
9GB超から10GB以内 3690円
10GB以上 3690円

1GB以降は1GB使う毎に350円が加算されるシンプルな料金体系となっています。

 

そして、10GBまではソフトバンクの4GLTE回線で高速通信が可能で、10GB以上は低速通信となります。

解約料については、他のMVNOにおけるデータ通信専用SIMと同じでありません。

気になる通信速度は爆速

格安SIMで平日昼間など回線が混雑している時でも、快適な高速通信が可能なところとしては、大手キャリア傘下のサブブランドであるワイモバイルUQモバイルとなっています。 

www.zbuffer3dp.com

それ以外のドコモ回線を利用しているMVNOについては、私も利用しているLINEモバイルをはじめ殆どが1Mbpsも出ないような状況です。

www.zbuffer3dp.com

そんな中、日本通信から登場したソフトバンク回線を利用した格安SIMは、他に利用しているMVNOが非常に少ないことから、快適な高速通信が可能となっています。

そして、今回登場した「b-mobile S 190 Pad SIM」もやはり通信速度は爆速で、軽く30Mbps以上を記録します。

b-mobile S 190 Pad SIMの速度

b-mobile S 190 Pad SIMの通信速度

契約に必要な物

「b-mobile S 190 Pad SIM」を契約するためには、以下の3点が必要となります。

  1. メールアドレス
  2. クレジットカード
  3. 日本国内で契約している090,080,070から始まる携帯及びPHS

メールアドレスは、b-mobileのアカウントを作成するために必要で、クレジットカードは、月々の料金支払いに必要となります。

そして、携帯電話番号は、開通手続時に指定された番号へ電話して、自動音声に従った入力を行う必要があるために必要となります。

購入から開通までに要する時間

「b-mobile S 190 Pad SIM」を取り扱っているビックカメラとヨドバシカメラの店頭でパッケージを購入した場合は、最速で当日中に開通出来ます。

また、b-mobileのサイトからネットで申し込んだ場合でも数日で開通できます。

開通までの流れ

「b-mobile S 190 Pad SIM」の申し込みページ

「b-mobile S 190 Pad SIM」の申し込みページ

まず下記ページにアクセスします、

公式 「b-mobile S 190 Pad SIM」の申し込みページ

 

b-mobileを初めて契約する人は、IDを新規登録してから申し込み手続を行います。

既にIDを持っている人はMy b-mobileにログインしてSIMカードに記載されている電話番号を登録します。

 

次に、下記開通手続ダイヤルに電話を行い開通申請を行います。

186-0120-915-886 (フリーダイヤル)

因みにこの電話番号で電話しても人は出てきません。

なぜかというと、24時間自動音声対応だからです。

そのため、深夜でも早朝でもいつ電話をかけても大丈夫です。

自動音声では、SIMカードに記載されている、電話番号を入力することになるので、手元にSIMカードを用意しておきましょう。

開通申請が終わると、後は開通を待つのみです。

開通までに要する時間ですが、開通手続を行った時間帯によって下記のようになっています。

  1. 午前11時から午後8時までの間に開通手続した場合は、1時間以内に開通します。
  2. 午後8時以降から翌日午前11時までの間に開通手続した場合は、12時までに開通します。

私の場合、深夜1時に開通手続を行ったのですが、開通の完了の連絡(メール)はそこから9時間後に来ました。

Android端末で使う場合の設定

「b-mobile S 190 Pad SIM」は、AppleのiPad専用のSIMで、ソフトバンクから販売されたiPadかSIMフリーのiPadで利用できるとアナウンスされています。

しかし、実際にはiPadと同じiOSのiPhoneはもとより、Androidスマホでも使うことが出来ます。

iPadやiPhoneでは、SIMカードを挿した後に、Wi-Fi環境で、b-mobileのサイトからプロファイルをインストールするだけで利用できます。

b-mobileのソフトバンク用プロファイル

b-mobileのソフトバンク用プロファイル

続いて、Androidスマホやタブレットで利用する方法を紹介します。

といっても、設定は簡単でb-mobileサイト上では公開されていないapnを設定するだけです。

「b-mobile S 190 Pad SIM」のAPNは、以下のようになっています。

APN情報

APN sb.mvno
ユーザ名 bmobile@4g
パスワード bmobile
認証タイプ CHAP

実際にこの設定をファーウェイから最近発売されたばかりの「Mate 10 Pro」 で試して確認しましたが、4Gで通信できました。 

www.zbuffer3dp.com

「b-mobile S 190 Pad SIM」をAndroidで使う設定

「b-mobile S 190 Pad SIM」をAndroidで使うAPN設定

サブ端末などで使うのに従量課金制の格安SIMは重宝するのですが、これまであまり選択肢がありませんでした。

そして、フリーテルが楽天モバイルに買収された今となっては、実質エキサイトモバイルしか選択肢が無い状態だったのですが、そこに更に安くて通信速度も速いソフトバンクMVNO回線が登場したのは利用者にとって凄く良いことです。

本記事でも紹介したように、非公式ではありますが、APNさえ設定すればAndroid端末であったりモバイルルータでも利用できるので、テザリングの代わりに利用する使い方もありだと思います。