Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

滋賀県の琵琶湖周辺で1番のインスタ映えスポットである「びわ湖バレイ」に行ってみた感想

びわ湖テラスのインフィニティ・ラウンジと琵琶湖の景色

びわ湖テラスのインフィニティ・ラウンジと琵琶湖の景色

最近は様々な観光地がインスタ映えを狙ってアピールしている感じがしますが、滋賀県の琵琶湖近辺に新しく登場したインスタ映えスポットして大人気なのがびわ湖テラスやcafe360がある山岳リゾートのびわ湖バレイ&びわ湖テラスです。

びわ湖バレイのパンフレット

びわ湖バレイのパンフレット

インスタ映えスポットのびわ湖テラス

ロープウェイ山頂駅近くのTHE MAIN

THE MAINの屋外テラス

THE MAINの屋外テラス

ロープウェイの山頂駅近くにあるインスタ映えスポットがびわ湖テラスのTHE MAINと呼ばれる場所です。

いくつかのCafeにテラスとレストランがあります。


【公式 びわ湖バレイTV】びわ湖テラス絶景ドローンMOVIE(2017)

屋外で琵琶湖を眺められるグランドテラスはいつも満席ですので、中々席を確保するのは難しいですね。

びわ湖バレイのグランドテラス

びわ湖バレイのグランドテラス

グランドテラスには2つ席があって、テラス席とソファ席があります。

ソファ席は、私が行った平時だと空くタイミングもありました。

グランドテラスのソファ席

グランドテラスのソファ席
ペット同伴について

びわ湖テラスに犬を連れて行かれる方もいるかもしれませんが、ペット同伴の場合はソファ席のみ利用可能です。

ペット同伴の場合は、ソファー席であれば利用可能です

ペット同伴の場合は、ソファー席であれば利用可能です

屋内のテラスカフェや屋外席は利用できません

ノーステラスとインフィニティラウンジ

グランドテラスの次は、ノーステラスとインフィニティラウンジへ行きましょう。

ノーステラスから見た琵琶湖の景色も魅力的

ノーステラスから見た琵琶湖の景色も魅力的

個人的にはこちらから見た景色の方がインスタ映えするかなと思いましたね。

カップルや家族連れの方も色々とポーズを決めて自撮りしていました。

びわ湖テラスのインフィニティラウンジ

びわ湖テラスのインフィニティラウンジ

インフィニティラウンジは、当日の天候次第ではオープンしません。

私が行った日も風が強いということでラウンジは使えまえんでした。

インフィニティラウンジ近くにあるお店

インフィニティラウンジ近くにあるお店

お店自体は営業していて、暖かいコーヒを頼む方が多かったですね。 

蓬莱山の山頂付近にあるCAFE 360

CAFE 360

CAFE 360

続いて行ったのが、蓬莱山の山頂付近にあるCAFE 360です。

蓬莱山の山頂は標高1174m

蓬莱山の山頂は標高1174m

当日は蓬莱山山頂が強風だったため、残念ながら目玉の1つであるラウンドソファは利用禁止でした。

強風のため目玉のラウンドソファは利用できず

強風のため目玉のラウンドソファは利用できず

びわ湖テラス行かれる方は、行く日の天気予報を良く確認して行かれるといいと思います。

ラウンドソファと並ぶインスタ映えスポットがアーチテラスです。

CAFE 360のアーチテラス

CAFE 360のアーチテラス

この日は雲が出ている日だったのですが、そんな雲が手に届くような景色を楽しむことができます。 

びわ湖バレイのアーチテラスとカップル

びわ湖バレイのアーチテラスとカップル

天気が良い日は、CAFE 360で飲み物を買って、壮大な景色を楽しんでみてはどうでしょうか。

CAEE 360の売店

CAEE 360の売店

お弁当を持参してアーチテラスでランチされている方もいましたね。

 

蓬莱山の山頂には他にもいくつかオブジェがあるので、それらも併せて楽しんでみるのもいいかと思います。

蓬莱山の山頂にある鐘

蓬莱山の山頂にある鐘

CAFE 360までの道のり

CAFE 360までの道のりですが、ロープウェイ山頂駅付近から2つのリフトを使っていくことができますし、リフト使わずに徒歩で登っていくこともできます。

 

打見山側にある打見リフトは、4月27日から10月28日まで運行されていて、5月から7月と9月から10月の多くは土日祝のみの運行となっています。

打見リフト

打見リフト

次に蓬莱山の山頂まで運んでくれるホーライリフトですが、こちらも打見リフトと運行期間は同じです。

ただ異なるのが、平日でも運行されている点です。

ホーライリフトの蓬莱山側

ホーライリフトの蓬莱山側

私の場合は、徒歩で登っていったのですが、登山初心者にとっては勾配がきついので運動靴など動きやすい服装で望むようにしてください。 

CAFE 360へ行く際の注意点

そして1000mを超える山頂ですので、風も強いですし、気温も低くなります。

私が行った日は、20℃前後あった日ですが、蓬莱山の山頂では8℃前後という気温でした。

暖かい服装で望むようにしてください。

THE MAINと蓬莱山の山頂付近にあるCAFE 360では体感温度はまったく異なります。

 

ロープウェイの山麓駅でも、山頂付近寒いので注意してくださいと言われます。

これをTHE MAINがあるロープウェイ山頂駅付近のことだと思っている人がたくさんいましたが、蓬莱山の山頂付近は周りを遮るものもなく、風が強いのでより体感温度は下がります。

 

ホーライリフト前にあるレストラン「バードキャッスル」

レストランのバードキャッスル

レストランのバードキャッスル

ホーライリフト前にあるレストランが「バードキャッスル」です。

このレストランは、冬季限定での営業となります。

そのため、私が行った10月だとトレイが利用できるのみで、店内はガランとしています。

オフシーズンのバードキャッスル店内

オフシーズンのバードキャッスル店内

びわ湖へと向かうブランコ

インスタ映えする写真が撮れるブランコ

インスタ映えする写真が撮れるブランコ

ホーライリフトの近くにあるブランコには、インスタ映えする写真を撮ろうとする人が多くいました。

ブランコが琵琶湖に向かう形になっているので、下から撮影すると、天空に向かうような写真が撮れるので、一生懸命下からブランコに乗っている彼女とかを撮影している人がいましたね。 

気になるアトラクション1:ジップライン

森に張り巡らされたロープに滑車をスライドさせて滑空するアトラクションがジップラインです。


【公式びわ湖バレイTV】ジップライン(2018)

全7コースあります。

当日その場で楽しむこともできますが、ウェブでの予約が優先されます。

気になるアトラクション2:スカイウォーカー

標高1100mの大空を渡るアトラクションがスカイウォーカーです。


【公式 びわ湖バレイTV】スカイウオーカー(2017)

こちらも、当日その場で楽しむこともできますが、ウェブでの予約が優先されます。

びわ湖バレイ&びわ湖テラスへのアクセスと行き方

びわ湖バレイ&びわ湖テラスへの行き方については下記記事を御覧ください。 

www.zbuffer3dp.com

車で行くのが便利ですが、土日や連休時には駐車場が一杯になって入れない場合もあります。

そのようなリスクを侵さないのであれば、公共交通機関である電車とバスを利用した方がいいですよ。

実際に行ってみた感想

今回実際にびわ湖バレイに行ってみた感想としては、これは滋賀県では見逃せないスポットだということです。

まだ出来て間もない所なんですが、既に人気スポットとなっています。

特に、びわ湖テラスのうちTHE MAINとCAFE 360からの眺望は絶景です。

Instagramをやっている人にとっては、絶好の景色だと思います。

 

ただ、ここに限った話ではないですが、インスタでいいねを一杯貰いためなのか、水辺で片足で立ったりしているシーンをよく見ました。

運営側も警備員を置くなどして対処していますが、事故が起きないようちゃんと注意すべきだと思いますね。