Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

初期費用無料で0simを試してみた感想

デジモノステーションとSo-netの0円SIMコラボ

雑誌「デジモノステーション 2016年2月号」の特別付録がお得すぎます!

付録として付いているのはNTTドコモのLTE回線を使ったMVNOサービスを提供するソネットのSIMカード。

毎月500MB未満なら利用料0円の0sim

この0simなんと毎月データ通信が500MB未満なら利用料が0円なんです。

過去、3ヶ月や半年間など期間限定で毎月の利用料が0円というキャンペーンはあり、過去にはDTIが半年間利用料無料というキャンペーンを実施していました。

www.zbuffer3dp.com

そして、通常は大体3000円ほどかかる初期費用も今回のデジモノステーションとSo-netのコラボでは無料となっています。

初期費用も無料、月額利用料も500MB未満の利用ならずっと0円と、こんなお得なSIMカード手に入れないのは勿体無いです!

 

因みに500MB以上使った場合は費用が発生します。

料金はb-mobileのように従量制になっています。

www.zbuffer3dp.com

 500MB~1.9GB未満までは100MB利用する毎に100円が課金され、2GB以上利用した場合は、月額で1600円となります。

デジモノステーションとSo-netの0円SIMの基本仕様

0simの開通手続き

デジモノステーションの付録として付いてきた0simですが、2016年2月24日までに開通しないと有効になりません。

ということで早速が開通手続きをして、通信速度を測定してみました。

デジモノステーション0円SIM

付録のSIMカードを取り出して、SIMフリーのNexus5Xに挿します。

APNの設定を行います。

So-netのAPN設定

所定のURLにアクセスします。

So-net0円SIM開通手続き1

SIM電話番号とSIMカードが付いていたところに書かれているパスワードを入力。

So-net0円SIM開通手続き2

プランや費用を確認して、個人情報を入力します。

So-net0円SIM開通手続き3

500MB以上使った場合に支払いに利用されるクレジットカードを登録します。

So-net0円SIM開通手続き4

これで開通完了です。

0simの気になる通信速度は?

夜20時に測ってみたところ、45Mbps出ました。

So-net0円SIMの通信速度

因みに同じ時間、場所でmineoのドコモプランで測定したところ30Mbpsだったのでかなり優秀な成績となっています。

mineoの通信速度

追記:2018年9月末時点では、このような速度は出ず、通信速度については期待出来ません。

 

今までにないお得な0円SIMだけあって、有名どころのネット書店ではデジモノステーション2016年2月号は売れ切れ続出のようですので、近くのコンビニなどリアル書店でお探しになるといいと思います。

通信料の確認方法

以下のソネットのページにアクセスして、ログインIDとパスワードを入力してログインします。

https://www.so-net.ne.jp/retail/w/

すると以下のページが表示されるので、利用状況確認をクリックします。

So-netの0円SIMデータ使用量確認方法

そうすると、

  • 今月分の使用量
  • 一昨日の使用量
  • 昨日の使用量
  • 今日の使用量

が分かります。

 

デジモノステーション電子書籍が3ヶ月分無料で読める

今回のSo-netとデジモノステーションのコラボ0円SIM企画では、デジモノステーションの雑誌(電子書籍版)が3ヶ月分無料で読む事ができます。

個人的にはデジモノステーションは大体毎号買って読んでいるので、これだけでも1500円節約できて地味に嬉しいです。

電子書籍は下記サイトから発売日以降ダウンロードして読むことができます。

https://www.so-net.ne.jp/retail/w/

デジモノステーション電子版プレゼント