Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

ワイモバイルが月額500円からのデータ通信専用格安SIM提供を開始。

ワイモバイルのデータ通信専用格安SIM

ワイモバイルが2016年8月1日からデータ通信専用の格安SIM提供を開始します。

これまで音声通話付きプランのみしか提供してこなかったワイモバイルでしたが、MVNOが提供しているデータ専用プランに参入します。

ワイモバイルが提供開始するデータ通信専用SIMの月額費用

気になる月々の費用ですが、1GB(SMS付き)で980円と他のMVNO会社に比べて特段お得感はありません。

1GB(SMS付き)でMVNOの中で最も安いところだとDMM mobileが月額680円というプランを提供しています。

それ以外だとDTIが810円で提供していますが、大体800円台後半から1000円ぐらいの費用となるのでワイモバイルの格安SIMが特段高いわけでもないです。

ワイモバイルユーザの自分からすると、ソフトバンク・ワイモバイルの通信回線を980円で使えるというのは中々興味深いものであると思っています。

ヤフーのプレミアム会員ならずっと月額500円

今回新たに提供が開始されるこのワイモバイルのデータ通信専用格安SIMですが、通常は先程述べたように月額980円なのですが、ヤフープレミアム会員になっている人が契約した場合は、その後もすっと月額500円でずっと利用することが出来ます。

ヤフープレミアム会員拡大が狙いか

ヤフーのプレミアム会員は月額462円(税抜き)なので、プレミアム会員になってワイモバイルの格安SIM契約しても月々の費用は962円と、通常価格の980円よりも安くなります。

ヤフーのプレミアム会員になればTポイントが沢山たまるなどメリットが沢山あるので、これはヤフープレミアム会員を獲得する販促キャンペーンなのではと邪推しているところです。

ワイモバイルの格安SIM契約は少し複雑

今回取り上げたワイモバイルの格安SIMを契約したいと思った場合、どこで契約できるかなんですが、普通ワイモバイルのSIMなんだから家電量販店や道端のワイモバイルショップ、又は公式サイトで申しこめばいいんでしょと思う思いますが、今回のデータ専用SIMは違います。

ワイモバイルの代理店を務めているYahoo!携帯ショップでしか契約出来ません。

Yahoo!携帯ショップ ワイモバイル データ専用SIM

2017年3月23日追記

Amazonからでもワイモバイルのデータ専用格安SIMのスターターキットを購入できるようになっています。

Amazonの方が初期手数料の1つである事務手数料が無料で済むので2300円安くななっておすすめです。

 

ワイモバイルからデータ専用とはいえ他の格安SIM会社並の価格で新たなプランを打ち出してきたことは個人的には評価したいというか嬉しいです。

通話SIMプランの方では、月500円でデータ容量制限が倍に増額するオプションなどワイモバイルの動きが活発になってきていますね。

ワイモバイルの今後の動向から目が離せません。