Zバッファ

元システムエンジニア(SE)でファイナンシャルプランナーの管理人がおくるiPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

ヤフーがアフィリエイトサービスを終了

ヤフーが2005年のサービス開始から10年となる2015年3月でYahooアフィリエイトサービスを終了することを発表しました。

 ヤフーアフィリエイト終了

Yahoo!アフィリエイトからのお知らせ

ヤフーアフィリエイトは、ヤフーショッピングやヤフオクの商品やオークションを紹介して購入や落札につながった場合に、その紹介者に対して代金の1~2%程度の広告料(紹介料)を支払うというもの。

ヤフーアフィリエイトの終了による影響

個人的に一番影響があるのはプログラムを組んでアフィリエイトをしている会社や個人ではないかと思います。

ヤフーはヤフーショッピングやヤフオクなど各種サービスにアクセスできるアフィリエイト用のAPIを提供していて、アフィリエイトサービス開発者がそのAPIを利用して、例えばネット通販の商品横断検索サービスであったり、価格比較サービスといったような物が作られていて多くの人に利用されています。

利用者が、それらのサービスから「お!ヤフーショッピングの商品が1番安いな」と思って、APIを使ったサービスからヤフーショッピングにアクセスして、商品が購入されると、上で紹介した紹介料が貰えるわけです。

ヤフーアフィリエイトが終了してしまうということは、そのマネタイズが出来なくなってしまう訳です。

ヤフーアフィリエイトの代替にバリューコマース

しかし、今回の場合はマネタイズできなくなってしまうというサービス開発者にとっては最悪の展開にはならず、アフィリエイトASP大手のバリューコマース(ValueCommerce)が提供するアフィリエイトAPIを利用することで代替できます。

"バリューコマースYahooた、既にヤフーのAPIを使わずにValueCommerceのAPIを使ってヤフーのサービスを紹介しているWebサービスは実質影響は受けません。</p

しかし、ヤフー自身がアフィリエイトを終了するということは、いずれバリューコマースを始め、他のアフィリエイト広告会社に対してヤフーの広告提供が見直されるかもしれませんね。