Zバッファ

元システムエンジニア(SE)でファイナンシャルプランナーの管理人がおくるiPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

元SEK48梅本まどかさんとの1泊2日スーパーフォーミュラ観戦ツアーに参加してきた

10月29日~30日にかけて三重県鈴鹿サーキットで開催された全日本選手権スーパーフォーミュラ(Super Formula)最終戦JAF鈴鹿グランプリを観戦に行ってきました。


2016 SuperFormula Rd.7 Suzuka Race 2

鈴鹿サーキットに行くのは何年も前のF1観戦以来かなり久しぶり。

スーパーフォーミュラは毎回テレビ観戦だったのですが、今回は非常に珍しい観戦ツアーがあったので行ってみることにしました。

元SEK48梅本まどかさんとの1泊2日観戦ツアー

それは元SKE48の"梅本まどか"さんと元F1フェラーリチームのエンジニアで現在はスーパーフォーミュラに参戦するセルモインギングチームの総監督をされている浜島裕英さん、そしてモータースポーツジャーナリストとして有名な小倉茂徳さんとスーパーフォーミュラを観戦できるというツアー。

スーパーフォーミュラ観戦ツアー♡ | 梅本まどか|うめもとまどか(タレント) official ブログ by ダイヤモンドブログ

 

梅本まどかさんとのスーパーフォーミュラ観戦ツアーの特徴

このツアーの特徴はなんといっても梅本まどかさんと2日間非常に近い場所で過ごせるということでしょう。

ツアー中、参加者の皆さんはサーキット内やバスの中、そして宿泊ホテル内で梅本まどかさんと気軽にお話することが出来ていました。

私自身はF1速報(F1レースの雑誌)などで梅本まどかさん名前を知っている程度で、これまでアイドルのコンサートや握手会含めイベントには一回も行ったことがないのですが、梅本さんのファンにとっては夢のようなツアーだったと思います。

因みにツアーの参加者は約30名で、その多くは梅本まどかさんのファンだったと思います。

ツアー1日目

1日目、名古屋駅から鈴鹿サーキットまでの道が渋滞していたこともあって、鈴鹿サーキットへの到着が遅れたのですが、鈴鹿サーキットのバス駐車場では梅本まどかさんと小倉茂徳さんが待ってくれていました。

そして、バスの中に梅本さんが乗車してきた時には皆さんかなりハイテンションになっていました!!(笑)

その後、サーキットの観戦エリアまで梅本さん達と一緒に移動。

この移動中も皆さん梅本さんとお話するなどして楽しそうでした。

その後スーパーフォーミュラーの予選をA席で観戦。

久しぶりのモータースポーツ生観戦だったのですが、やっぱレーシングカーの音はいいですね~

以前鈴鹿サーキットに来たときはF1観戦ということを最初に書きましたが、その時はまだF1カーは自然吸気エンジンだったので、ものすごい甲高い爆音だったのですが、今回のスーパーフォーミュラーもターボエンジンにしては結構大きな音で興奮しました。

そして、やっぱりコーナリングスピードが速い!

コーナリングスピードだけでいえば、2016年時点ではF1カー*とも同等といわれるスーパーフォーミュラーのレーシングカーですからね~

*2017年からF1は規則変更で大幅にコーナリングスピードが上がる予定になっています。

ツアー参加者皆さんもスーパーフォーミュラーの爆音と、近くで一緒に観戦しているまどかさんの姿に興奮しているようでした。。

レース期間中のガレージ内部見学という貴重な体験

今回の観戦ツアーではいくつかの特典を用意しているということを事前に事務局から伝えられていたのですが、その1つがレース期間中にも関わらずスーパーフォーミュラーのチームタイトル、そしてドライバーズタイトルチームメート同士で争っているセルモインギングのガレージを見学させてくれるという特典でした。

www.inging.co.jp

これはセルモインギングの総監督を今年からされている元ブリジストンのモータースポーツ部門代表で、2年前までF1フェラーリチームでもエンジニアとして活躍された浜島さんのご協力によって実現しました。

ガレージには5,6人ほどの班に分かれて交代で見学させてもらいましたが、タイヤの管理やデータ分析エンジニアのお仕事風景や燃料の計量カップ、マシンの整備やマシン自体の説明などを受けました。

梅本まどかさんと浜島裕英さんとのセルモインギングガレージ見学

ガレージ見学中の様子をピットウォーク中に撮影。浜島さんのお腹が以前よりかなり発達したような・・

 

企業秘密満載のエンジンも見える状況での見学ということで、ガレージ内での写真撮影はNGだったのですが、モータースポーツ好きの自分にとってはかなり貴重な体験でした。

因みに個人カメラでの撮影はNGでしたが、ツアー主催者によってガレージ内で梅本まどかさんと浜島さんと皆さんで記念撮影を行いました。

まだその写真は主催者から上がってきていませんが、観るのが今から楽しみです。

ピットウォーク初体験

今回の観戦ツアーは1泊2食付きの宿泊代と高速バス代、2日間の観戦券がセットで税込4万9800円だったのですが、スーパーフォーミュラーの予選・決勝レース以外では自由時間が結構ありました。

なので私はパドックパスを購入してサポートレースを別の場所で観戦したり、各チームのモーターホームがあるパドックを散策したり、ピットウォークに参加することにしました。

パドックパス

因みにパドックパスには2日分のピットウォークチケットが含まれています。

ピットウォークは下の写真のような感じで、ピットを解放してお客さんが自由に散策できるイベントです。

お気にい入りのドライバーのサインをもらったり、レースクィーンの写真を撮ったり、スーパーフォーミュラーのマシンを撮影したりします。

スーパーフォーミュラーのピットウォーク

スーパーフォーミュラーの車

ピットからサーキットを観るということも中々ないので、もしサーキットに行った場合はピットウォークは一度は体験したいところです。

鈴鹿サーキット

ホテルで梅本まどかさん達と夕食

鈴鹿サーキットでのスーパーフォーミュラー観戦1日目が終了し、ツアーバスで梅本まどかさん、浜島さんと一緒にホテルへと向かいました。

ホテル到着後、小倉茂徳さんとも合流して、梅本まどかさんとその日の予選について話ながらみんなで夕食をとりました。

ホテルで梅本まどかさん、浜島さん、小倉茂徳さんのトークショー

夕食後は、そのままホテルで90分間のトークショー。

岡山での雨による中止の理由は、本当はこんな理由だったんだよいった裏話から次の日の決勝レース戦略について、梅本さんから浜島さんや小倉さんへ質問が投げかけられていました。

ツアー関係者が疲れからか途中うとうと寝ていて浜島さんから睨まれるぐらい出演者の方々は疲れている状況ながら、私達ツアー参加者からの質問にもお三方は答えてくれました。

個別に梅本まどかさんと写真撮影

トークショー終了後は、今回の観戦ツアー参加者一人一人と梅本まどかさん、浜島さん、小倉さんとの記念写真撮影が行われました。

きっと、今頃ツアー参加者の皆さんは毎日この写真をスマホなどで見てニヤニヤしているのではないでしょうか(笑)

ホテルで梅本まどかさんとプチ握手会ならぬ物販開催も

トークショーが終わり、各参加者との写真撮影が終わったのはもう夜の10時半を過ぎていました。

ホテルの一室では、梅本まどかさんとのプチ握手会ならぬ物販コーナーが設けられていて、ファンの皆さんが集まっていました。

私もせっかくなので参加してTシャツを購入して色紙を頂きました。。

因みにこのTシャツデザインを来たツアー参加者が多かったです。

梅本まどかさんファンTシャツ

梅本まどかさんからの色紙

そしてこの物販コーナーならぬプチ握手会も夜中の12時前には終わったのですが、とにかく思ったのが、朝から晩まで働いていて凄いなと。

梅本まどかさんだけでなく、いつも隣にいたマネージャーさん?に対してもそう思いました。

長い時間色んな人に囲まれて過ごすのが苦な人にはこの仕事はできないなと思いましたし、自分の中で夢というか目標みたいのがないとやっていけないなと感じました。

そういった意味では思わぬ良い刺激をもらいました。

ツアー2日目

朝起きてホテルの大浴場を満喫しつつ、朝食をとってバスに乗り込みます。

すでにバスの前では梅本まどかさんがツアー参加者に挨拶してます。

*睡眠時間どれくらいなんだろう・・

 

2日目はメインスタンドから決勝レースを観戦です。

通常、スーパーフォーミュラーは土曜日に予選を行い、日曜日に決勝レースを一回行いますが、最終戦だけは決勝レースを2回、午前と午後に行います。

フォーミュラカーレースの1番の見どころはスタートシーンなので、それが2回見れるのはちょっと得した感じがします。

貴重なグリッドウォークを初体験

今回の観戦ツアー特典2つ目としてグリッドウォークへの参加がありました。

グリッドウォークというのは、各レーシングカーが予選のタイム順に並んでスタート直前のグリッドを観ることができるというものです。

ピットウォークやパドックはそれほど高くないチケットを購入すれば参加したり観ることが出来ますが、このグリッドウォークは通常のチケットでは参加出来ず、3万3000円するVIPチケットが必要です。

VIPチケット以外では、各チームのスポンサーなどのなっている企業の関係者なんかが参加できます。

スーパーフォーミュラー VIPスイートプレミアムチケット

スーパーフォーミュラーのチケット価格

 

グリッドウォークの様子は下の画像のような感じです。

スーパーフォーミュラーのグリッドウォークにてレースクィーン

元F1ドライバーの小林可夢偉選手の近くにいって、関係者と話している内容を聞いたり、

スーパーフォーミュラーのグリッドウォークで小林可夢偉選手と

これから10分後にはレースを行う準備中のフォーミュラカーを見たりできます。

小林可夢偉選手のスーパーフォーミュラーマシン

スーパーフォーミュラーでのグリッドウォークの様子

今回のグリッドウォークは僅か10分間だけだったので、急いで目的の場所までいって写真撮影して終わりといった感じでした。

決勝レース観戦

世界最高峰のF1(フォーミュラーワン)が、各参戦チームが独自の車両を開発してレースを行っているのに対して、スーパーフォーミュラーは各チームが同一の車両を使って行うワンメイクレースです。

そのため、各チーム間の差が小さく、レース中の追い抜きが難しいためスタート以外の場面では単調なレースになりがちです。

しかし、今回は途中大きなアクシデントなどもあり、セーフティーカーが2度も入る大混乱のレースとなりました。

因みに今回のレースから最新型のホンダNSXがセーフティーカーになりました。

お客さんの注目度もかなり高かったですね!

新型NSXがセーフティーカーに

新型NSXのリア

梅本まどかさんもこのNSXのセーフティーカーに乗車したようで、AUTOSPORTで記事になっていました。

梅本まどかがホンダNSXのセーフティカーに座ってみる。「緊張しました!」

 

さて、話を戻すとセーフティーカーが入ると、各順位のタイム差がなくなり、接近した状態となります。

また、リスタートということで、またレーシングカー同士のバトルが発生しやすくなります。

今回は最終戦ということもあって、特にドライバーズチャンピオンの栄冠を誰が撮るのか最後まで分からない状態だったので、非常に見応えがあったレースとなりました。

また、私達が座っていた最終コーナー付近で大きなクラッシュがあって記憶に残るレースにもなりました。

お別れの挨拶

決勝レースが終わり、各表彰式も終わって鈴鹿サーキットも日が暮れてきました。

鈴鹿サーキットの夕日

楽しかった2日間も終わりということで、最後は観戦ツアーの関係者及び梅本まどかさんからお別れの挨拶がありました。

そして梅本まどかさんのブログでも紹介されている手書きのメッセージがツアー参加者1人1人に手渡しされてフィナーレとなりました。

梅本まどかさんからの手書きメッセージ

梅本まどかさんのブログ

モータースポーツ界へ大きく貢献している梅本まどかさん

モータースポーツは地上波での放送が昨今殆どなく、レース自体も分かり難い面もあるため熱狂的なモータースポーツファンに支えられている状況です。

そのためモータースポーツの裾野を広げて、今後更に人気を出していくためには、梅本まどかさんのようなモータースポーツを好きだったり理解してくれる有名人・アイドルの貢献は欠かせません。

きっと梅本まどかさんをきっかけにモータースポーツを観戦したり、モータースポーツファンになった方もいることでしょう。

今回のような観戦ツアーが次いつ開催されるかは分かりませんが、スーパーフォーミュラーに限らず色んなレースにおいて、色んな方の観戦ツアーが行われればいいなと思った次第です。

 

梅本まどかさん、浜島さん、小倉さん、ツアー関係者の皆さん準備期間も含めてお疲れ様でした!