Zバッファ

元システムエンジニア(SE)でファイナンシャルプランナーの管理人がおくるiPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

ここが東京?都内一の秘境駅と言われる白丸駅と奥多摩周辺の絶景を日帰りで楽しむ

白丸駅看板

2017年7月某日東京都内一の秘境駅と言われるJR青梅線白丸駅を訪問してきました。

都内の駅で最少乗降客数はどうやらゆりかもめの市場前駅のようなのですが、JRだと白丸駅が1番少ない模様です。

参照リンク:白丸駅 (東京都) - Wikipedia

 

白丸駅は都心から僅か2時間で行ける秘境駅で、週末の空いた時間に日帰りで自然豊かな奥多摩の絶景を楽しむついでに行ってみました。

尚、市場前駅は先日行ってみたのですが、自分ひとりしか駅で降りる人がおらず確かに別の意味で秘境駅感が漂う駅でした。

豊洲市場がオープンして活気が出る前に一度行って見るのをオススメします。

www.zbuffer3dp.com

まずは青梅駅へ

JR青梅線でまずは青梅駅へ行き、そこで奥多摩行きへと乗り換えます。

青梅駅看板

青梅駅のホームにはレトロ感満載の休憩室があります。

レトロ感満載の青梅駅休憩室

休憩室内には観光スポットのパンフレットなどがあるので、奥多摩へ行く人なんかは乗り換えまでの時間をパンフレット見ながら過ごしてもいいでしょう。

白丸駅に到着

白丸駅にやっと到着しました。

都心からだと約2時間で到着しますが、私が住んでいるところからは2時間半以上かかりました。。

白丸駅ホームとステンレス製車両

白丸駅はトンネルとトンネルの間に設置されています。

上の写真は奥多摩駅方面のトンネルで、下の写真が鳩ノ巣駅方面のトンネルになります。

f:id:Uranff:20170717212327j:plain

白丸駅を探検

最近では白丸駅の秘境感が少し人気が出てきているのか、私が行った時はこの駅に5人ほど降りる人がいて、私と同じように駅の写真を撮影する人がいました。

白丸駅の全貌を撮影したの下の写真になります。

JR青梅線白丸駅の景色

比較的新しい小さい駅舎があるのですが、ウィキペディアによると2011年に新しくなったようですね。

白丸駅で1番目が行くのが白いドーム状の建物です。

この白いドーム状の壁で覆われている中には休憩室があります。

白丸駅の白いドーム状の休憩室

休憩室の中に入ってみると壁一面には花火大会の宣伝ポスターが並んでました。

白丸駅の休憩室内部

白丸駅の休憩室内部の様子

1日の利用者が少なく無人駅の白丸駅ですが、トイレも完備されています。

ただ分かり難いところにあって、駅ホームの奥多摩方面にあります。

白丸駅のトイレ

民家に直結している白丸駅

驚いたことに白丸駅はなんと民家に直結しています 。

ホームに登山計画書提出箱が設置されているのですが、その先へ行くと、民家があるのです。

私が行った時には偶然、その民家へと向かう方が居られました。

白丸駅は民家につながってる

白丸駅の出入り口

一通り白丸駅を散策したら、出口へ向かいます。

駅には簡易Suica改札機が設置されています。

ウィキペディアによると2002年から設置されているので、結構昔から設置されているんですね。

白丸駅の簡易Suica改札機

駅の出入り口も2011年に駅舎が新しくなっています。

白丸駅の新駅舎

ウィキペディアに掲載されている写真を見ると、当初は券売機が設置されていたようですが、私が訪れた2017年7月時点では外されていました。

やはり利用者が少ないため、コスト問題で外したのでしょうか。

白丸駅周辺

白丸駅からの周辺には民家があるだけで、何もありません。

白丸駅から見た景色もご覧のようにとても東京とは思えない自然溢れています。

白丸駅からの長めと景色

白丸駅を出ると直ぐに踏切があります。

そして、下り坂を下っていくと、国道411号線青梅街道へとつながっています。

白丸駅から青梅街道へ

下り終わって、降りてきた道を眺めてみるとこんな感じです。

車一台が通れるほどの道幅でそれほど急ではありませんでした。

国道411号から白丸駅への道

国道411号からの分岐部分には白丸駅入口という看板もあります。

国道411号から白丸駅へと向かう道

白丸駅から奥多摩駅までを散歩

白丸駅から奥多摩駅までのルート

 白丸駅から奥多摩駅までは約3キロで、徒歩で45分ほど。

奥多摩の自然を満喫してみることにしました。

数馬峡橋(かずまきょうばし)からの絶景

白丸駅から一番近くにある橋が数馬峡橋(かずまきょうばし)になります。

橋の上から見る渓谷の景色は下の写真のように、ここが東京なのだろうか?という自然豊かな景色で多くの人が写真を撮っています。

f:id:Uranff:20170718210644j:plain

かずまきょうばし

 

数馬峡橋を渡って右側にはアースガーデンという飲食店・カフェがあり、その脇を通っていくとハイキングコースへとつながっています。

数馬峡橋(かずまきょうばし)

tabelog.com

数馬峡橋を後にして青梅街道をまた進むと直ぐにトンネルがあります。

そのままトンネルを進んでも良いのですが、トンネルを迂回する道があるので、そこを探検してみました。

少し進んでみるとちょっとしたトンネルが見えてきます。

f:id:Uranff:20170718220738j:plain

トンネル前の右側には、ちょっと道があって、そこを登ってみるとちょっとした山水が流れる景色が見えてきます。

最終コンビニ

トンネル脇を通っていくと、道脇の看板に目がとまりました。

最終コンビニがこの先2キロ地点にありますというデイリーストアの看板です。

奥多摩方面最終コンビニ

こういう看板が東京にあるのも意外な感じがします。

海沢大橋(うなざわおおはし)からの景色

最終コンビニの看板を過ぎて更に歩いていくと、今度は海沢大橋が見えてきます。

海沢大橋

橋の先にはアメリカキャンプ村という看板が目につきます。

http://www.アメリカキャンプ村.com/

 

橋の上から見た多摩川の眺めは下の写真になります。

海沢大橋(うなざわおおはし)からの景色

うなざわおおはし

こう見ると数馬峡橋からの眺めの方がインパクトはあります。

奥多摩温泉もえぎの湯

海沢大橋から先に奥多摩方面に向かう途中には、「もえぎの湯」という温泉があります。

ハイキングで疲れた足などを癒やすのに利用している方なんかが多いようです。

www.okutamas.co.jp

もえぎの湯は、白丸駅から奥多摩駅方面だと新氷川トンネルの脇を行ったところにあります。

新氷川トンネル

車やバイクでは奥多摩方面から道が通っています。

吊り橋のもえぎ橋

もえぎの湯近くには吊り橋があります。

もえぎ橋

もえぎ橋の入口

もえぎ橋の上から多摩川を見てみると、夏場では多くの子供連れのファミリーがキャンプをして楽しんでいる姿がありました。

奥多摩近辺の多摩川上流でのキャンプ風景

夏場は天候が急変する事もあるので、是非天気には気をつけて楽しんで欲しいと思います。

最終ガソリンスタンド

白丸駅から歩いて約50分、ようやく奥多摩駅周辺に到着です。

そして、またまた最終看板がありました。

今度は最終ガソリンスタンドです。

奥多摩駅近辺の最終ガソリンスタンド

車やバイクで来ている方は、燃料の残りに注意しましょう。

奥多摩駅

終点奥多摩駅に到着です。

駅舎が雰囲気があって良いですね。

奥多摩駅の外観

夏場の7月に約1時間白丸駅から歩いたわけですが、汗だくになりました。

途中水分補給をこまめにしながら歩いてきたのですが、日差しが強くて湿気が高い日なんかはには熱中症対策をしっかりしてから望んで下さい。

 

奥多摩駅周辺には飲食店もありますし、駅の中にも改札に入る前にポートおくたまというカフェが2016年にオープンしているので、空いたお腹を満たすのも良いですよ。

奥多摩駅内部

ferryglide.jp

JR東日本:大人の休日倶楽部|特典詳細: ポートおくたま