Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

SBIFXトレードはトルコ円が1通貨から取引可能でスプレッドも狭くて積立FXも出来て最強

外国紙幣

わずか1通貨から為替取引ができ、且つ超低スプレッド(手数料が安い)で個人投資家から支持されるSBI FXトレードで新たなサービスが先月から始まったので早速利用してみました。

始まったのは、定期的に決まった通貨を、決まった量購入できる「レバレッジ付き定期外貨取引」というサービス。

巷に溢れているFXの自動売買と異なるのはアルゴリズムを駆使した使った取引ではなく、単純に決まった量を、決まった時間に取引をするだけというもの。

FXで大儲けしたいという人には全然向いていませんが、逆に資金を溶かしてゼロにしてしまうようなリスクも低いです。


SBI FXトレード 「レバレッジ付き定期外貨取引」

FX初心者に向いているSBIFXトレード

少ない取引量で、毎日コツコツと外貨を積み立てることで、外貨金利(スワップ)を受け取りたい外貨預金的な使い方をしたい投資家に向いていて、まさにFX初心者にはもってこいのサービスだと思うのです。

FX初心者だとレバレッジのコントロールが出来ない人も大勢います。

なので知らないうちに高いレバレッジをかけて取引しているので、他のトレーダーのいいカモにされてしまいます。

もちろんトレードの才能があって、追証になっても大丈夫!なんていう強靭な精神力と努力が出来る人は「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用する必要はないです(笑)

SBIFXトレードの定期外貨取引は値動きが激しい高金利通貨にこそ向いている

SBI FXトレードの「レバレッジ付き定期外貨取引」は値動きが激しい高金利通貨のFX取引に向いています。

高金利通貨の代表的なのは南アフリカのランドやトルコのリラといった通貨。

これらの高金利通貨を、レバレッジを高くかけて取引すれば、少ない資金で大きな為替利益や金利収入が狙える反面、自分の想定と逆に動いた際には、大損害を蒙ります。

ましてやFX初心者がそんな取引をすればまぐれで勝つ時があっても、大体は買って得た利益を一回の大負けで無くしてしまいます。

FXでドルコスト平均法を実践するのに使える

SBI FXトレードの自動買い付けサービスを利用すれば、毎日少量ずつ低レバレッジで購入していくので、購入価格が分散・平均化され、大損するリスクは低くなります。

これは株式投資や投資信託なんかでいうドルコスト平均法の取引を考えかたは同じです。

参考サイト

SBI FXトレードでドルコスト平均法を実践、高金利通貨をコツコツ積み立てる

定期的に自動購入!|SBI FXトレード

このブログにあるように、1通貨から取引できる特徴を利用してSBI FXトレードでコツコツFX取引をしている人はいます。

しかし、これまではいちいちスマホのアプリを開いて、ログインして、取引量を入力して、取引をするということを毎日繰り返す必要がありました。

なので、数日取引を忘れるということもありましたし、為替レートが円高になっていく過程では損失が増えていくので、ついこれ以上損失が膨らんだらどうしようという感情が働き取引を躊躇したりしてしまうことがありました。

それが今回の自動買い付けサービスによって、取引忘れは無くなりますし、人の精神状態関係なく機械的にコツコツ取引されるので、より取引為替レートが分散化できるようになります。

そのため、円高局面で買った分が円安になった時に利益として返ってきます。

ただ、SBI FXトレードの自動買い付けサービスを利用する目的は、長期的に安い為替取引コストで金利収入を狙うことにあります。

FXを利用して金利収入を長期間に渡って狙っていく場合に、SBI FXトレードの自動買い付けサービスは最適だと思うのです。

SBIFXトレードでの定期外貨取引利用手順

ここからは実際にSBI FXトレードで自動売買を利用する手順を紹介していきます。

まずは口座開設です。

口座開設が完了したら、ログインしてみましょう。

ログインするときは「定期取引」を選択します。

会員ログイン | SBI FXトレード

SBIFXトレード自動売買

そして、「定期購入申込」を選びます。

SBI FXトレードの自動売買設定

次にどの通貨を、毎月どれだけ購入するかを選択します。

後は、ひと月に購入する量を毎日に分散して購入するか、1週間毎の購入するか、それともひと月に一回の取引にするかを決めます。

SBIFXトレードの自動売買購入量設定

レバレッジは最大でも3倍までと低く抑えられていて、南アフリカのランドや人民元は最大でも2倍と非常に低くなっています。

私の場合は、ランドをひと月に3000通貨購入するようにし、それを毎日の購入で達成する設定にしました。

すると次の日から自動で取引が行われるようになります。

取引結果は以下のようにメールで通知されていて、この場合南アフリカランドを150通貨購入したことになっています。

SBIFXトレードの自動売買約定通知メール

SBIFXトレードはFX初心者に最適なFX会社

これまでもSBI FXトレードはFX会社の中でも取引手数料が安くて、1通貨から取引できるということで重宝してきましたが、今回の自動売買サービスは個人的に求めていたサービスだったので嬉しいです。

最近は円高傾向なので正直含み損を抱えていますが、毎日コツコツ低レバレッジで取引していることもあって、急激な為替変動にあっても含み損は限定的となっています。

通常の外貨預金だと為替手数料(スプレッド)が高すぎるので、手数料が安いFXは外貨預金として使ううえで便利なのですが、どうしてもFX初心者だとレバレッジのコントロールができなかったり、自分で決めた取引ルールを破って取引してしまうことで、大きな損失を出してしまいます。

それが今回の自動買い付けサービスを利用することでFX初心者が陥りがちなレバレッジコントロールも不要ですし、機械的な取引をしてくれるので安心です。

しかし、為替レートは急激に動く場合があります。

いくら低レバレッジとはいえFX会社に余裕を持った入金をしておかないと強制ロスカットされてしまいます。

強制ロスカットされては、コツコツ取引してきた意味がなくなってしまいますので余裕を持った資金でFXは行いましょう。

最初はFX会社に10万円~くらい入金して、1月に5000円くらいの取引を行うような設定がいいのではないかと思います。

トルコリラ円がSBIFXトレードで取引可能に

2016年11月からついにSBIFXトレードで高金利が人気のトルコリラ円の取引が可能となりました。

もちろん1通貨からの取引が可能で積立FXで毎日コツコツ買い足しすることが出来ます。

トルコリラ円以外に追加される通貨ペアは13ペア

  1. 韓国ウォン/円
  2. 香港ドル/円
  3. 米ドル/カナダドル
  4. 米ドル/スイスフラン
  5. ユーロ/ポンド
  6. ユーロ/豪ドル
  7. ユーロ/NZドル
  8. ユーロ/スイスフラン
  9. ポンド/豪ドル
  10. ポンド/スイスフラン
  11. 豪ドル/NZドル
  12. 豪ドル/スイスフラン
  13. NZドル/米ドル

今までSBI FXトレードで取引できる通貨ペアは12ペアと他のFX会社に比べると少ない部類に入る会社でしたが、今回の通貨ペア追加で他の主要FX会社と同等以上になります。

SBIFXトレード社でFX取引するメリットまとめ

SBIFXトレード社の特徴はなんといっても取引手数料が非常に安いということ。

FX取引は株や他の金融商品と違って名目上の手数料はどこも0円ですが、スプレッドと呼ばれる買値と売値の差があり、これがFX会社の利益となり、我々投資家の手数料になっています。

スプレッドが狭い=手数料が非常に安い

SBIFXトレード社はこのスプレッドが非常に狭い(差が少ない)ことから大変人気があります。

基本的にどの通貨ペアでもFX業界内で最安水準です。

zai.diamond.jp

1通貨から取引できるFX会社はSBIFXトレードとOANDAのみ

スプレッドが狭い会社はSBIFXトレード以外にもヒロセ通商であったり、GMOクリック証券であったり、DMM.com証券など5社~10社程度あります。

hirose-fx.co.jp

www.click-sec.com

しかしSBIFXトレード社が優れているのは非常に珍しい1通貨から取引が可能というところです。

私が知っている限り1通貨で取引できる日本のFX会社はSBIFXトレード以外にはOANDA japanのみです。

それ以外のFX会社では最少取引単位が1000通貨から1万通貨となっています。

ドル円の取引なら1ドルが100円だと10万円の資金が必要となります。

1万通貨だと100万円の資金が必要となります。

レバレッジを効かせることで必要な資金はもっと少なくすみますが、レバレッジを効かせる分値動きに対する利益又は損失が大きくなる諸刃の剣となります。

暴落

それが1通貨から取引可能ということはレバレッジ1倍、即ちレバレッジを効かせなくても100円程度から取引が可能になるわけです。

毎日1通貨からの自動積立FX取引が可能

そしてもう一つSBIFXトレード社でFX取引するメリットが毎日定期的に自動で買い付けができる定期取引サービスがあることです。

世の中に自動売買プログラムを利用したサービスを提供するFX会社は昨今多いですが、プログラム取引も千差万別で、全然万能ではありません。

シストレ24「俺のフルオート!」

 

上手くいく時期があれば、損失を出し続ける時もあるのです。

そしてこれらは基本的にレバレッジを効かせて取引することになるので、知らぬ間に大損していたなんてこともあるわけです。

私自身過去に自動売買プログラムをいくつか利用したFX取引を数年間経験しましたが、結局自分の資金がどうなっているのか気になって気が気がではありませんでした。

そのため今はSBIFXトレード社の定期外貨取引サービスを使って低レバレッジで比較的高金利の通貨を毎日少ない量を買い付ける方法をとっています。

これで大儲けは出来ませんが、安定的な投資成果を挙げられるようになりました。

そこに高金利通貨として人気のトルコリアが加わったので、更に使い勝手がよくなったので一般の人に対してFX取引を行うならSBIFXトレード以外は勧められないぐらい最強になりました。