Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

楽天モバイルを解約。電話でしか出来ない解約方法や注意点について紹介

楽天モバイルのSIM

楽天モバイルを解約しました。

解約したのは先月楽天モバイルが行っていたエクスペリアなど3端末が半額になるキャンペーンで契約したデータSIMです。

 

楽天モバイルの解約手順

まず、楽天モバイルはネット上からは解約出来ません。

楽天モバイルには会員用のサイトとして「メンバーズステーション」があります。

「メンバーズステーション」では、支払い方法の変更や契約プランの変更、オプション契約の解約ができますが、楽天モバイル自体の契約は解約出来ません。

楽天モバイル,メンバーズステーション

カスタマーセンターに電話する

楽天モバイル自体の契約を解約するには楽天モバイルカスタマーセンターに電話する必要があります。

楽天モバイルの解約電話番号

掛け先は「0800-600-0000」か、「0800-600-0666」にかけましょう。

私はデータSIMの解約だったので「0800-600-0666」にかけました。

尚、楽天モバイルページでは、解約申請には「SIMカード台紙裏面に記載の15桁のSIM番号または電話番号を用意した上で電話してください」とありますが、これらは不要でした。*2016.1.11時点

楽天モバイルのデータSIM解約電話番号

楽天モバイルカスタマーセンターへは、携帯電話からかけても通話料無料なので、楽天でんわなどの通話料半額アプリを使わず、普通に電話をかけましょう。

楽天モバイルのページでは曜日・時間帯別での混雑状況をお知らせしてくれています。

私がかけたのは◯になっている”やや混雑”の時間帯でした。

まずは自動音声ガイダンスに従って、問い合わせメニューを選択します。

流れとしては、以下のようになります。

  • 「0」ボタン 電話機の確認
  • 「2」ボタン 楽天モバイル利用中のユーザー
  • 「6」ボタン 解約・MNP転出手続き
  • 「1」ボタン 解約手続き

最後の「1」を押した後、オペレータに繋がるわけですが、私の場合はオペレータに繋がるまで5~10分ほど待ちました。

なので、時間に余裕を持って楽天モバイルのカスタマーセンターへかけた方がいいでしょう。

オペレーターとのやり取り

無事オペレーターに繋がると、契約を解約したい旨を伝えます。

そうすると、まずは本人確認として以下の内容が聞かれます。

  • 申し込み時に登録した電話番号
  • 契約者の名前
  • 住所の確認

楽天モバイルの解約月

次に、支払料金の確認が行われます。

楽天モバイルは15日締めとなっているため、15日までに解約を行うと、その月末に解約されます。

16日以降に解約を行うと翌月解約になるので注意が必要です。

私の場合は1月11日に解約申請をしたので、1月末で解約となり、1月分の料金が発生します。

尚、解約月中はサービスを利用できます。

楽天モバイルはSIMカードの返却が必要

会社によっては解約後にSIMカードの返却が不要なところもありますが、楽天モバイルの場合は、SIMカードの返却が必須です。

SIMカードを返却できなかった場合は、3000円(税別)の費用が請求されるので、解約申請をしても無くさないようにしましょう。

SIMカードの返却期限ですが、解約月末から1ヶ月間となっています。

今回私は1月末で解約となるのですが、2月末までに所定の宛先に郵送してくださいとオペレーターの方に言われました。

SIMカード返却先

楽天モバイルのSIMカード返却先は、契約時期やどこで契約したかによって異なります。

・2015年10月6日以降にWebでお申し込みの方の返却先

〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F楽天モバイルSIM返却係

・2015年10月6日以降に店舗でお申し込みの方の返却先

楽天モバイルカスタマーセンターにお問い合わせください。

・2015年10月5日以前にお申し込みの方の返却先

〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1物流センターSIM返却係

これらの宛先に82円切手を貼った封筒に解約したSIMカードを送付します。

複数のSIMカードを解約した場合は、まとめて送付します。

これで解約手続きは全て完了です。

解約理由は聞かれず

オペレーターとの会話は、5分ほどでスムーズに終わりました。

解約理由も聞かれませんでした。

しかし、いかんせんオペレータに繋がるまで時間がかかります。

自動音声ガイダンスで解約を選んだから、わざとオペレーターにつなぐのを遅くしているのかと疑ってしまいました。

他のMVNO会社の中にはmineoのようにWeb上で解約が出来るところもあります。

わざわざ電話で解約させるなんて、楽天というITの会社がやることではありません。

オペレーターの仕事を増やし、顧客の時間を拘束して、生産性悪すぎです。

今後格安SIMを契約する際は、解約のしやすさも1つの選択肢としたいと思います。