読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

MotoGPチャンピオン マルケスの年俸は約18億円でペドロサは約3億円とホンダ中本氏

スポンサーリンク

生きる伝説のライダー バレンティーノ・ロッシとやり合う天才ライダー

バイクレースの世界最高峰「MotoGP」(旧ロードレース世界選手権)。

そのMotoGPには3クラスあり、下からmoto3,moto2,そして最上位クラスのmotoGPがある。

このmotoGPクラスに2013年デビューし、その年にチャンピオンを獲得するという偉業を成し遂げたのがスペイン人のマルク・マルケス選手。

続く2014年もチャンピオンを獲得して現在2連覇中だ。

f:id:Uranff:20150712192102j:plain

膝だけでなく、ヒジに地面に付くくらいのバンク角でライディングするマルケス選手


2014 Repsol Honda Teamプロモーション映像 - YouTube

そんなマルケス選手は、moto3(旧125cc),moto2(旧250cc)もチャンピオンを獲得していて全階級を制覇しているいわば天才ライダーで、その年間契約金は特にヨーロッパでは注目されている。

気になるマルケス選手の年俸

そのマルケス選手の年俸について、motoGPクラスでホンダワークスチームである「ホンダ・レーシング(HRC)」を率いるホンダ・レーシング取締役副社長の中本修平氏が先月日本で行われた3次元CADソフトなど製造業向けのソフトウェアを開発・販売するフランスのダッソ・システムズ社の講演で、日本国内で活動するスポーツ選手で最も高額とされるプロ野球読売巨人軍の阿部慎之助選手を引き合いに、「(彼の年俸が6億円という前提で)マ ルケス選手はその3倍くらい、ペドロサ選手はチャンピオンを獲得していないので(阿部慎之助選手の)半分くらい」だと明かしてくれました。

ライダーを青田買い

また、その講演の中で中本氏はレースに勝つには

強いライダーと強いマシン

が必要ということで、マルケス選手が125ccクラス(現Moto3クラス)のチャンピオンを獲得した瞬間に「青田買いのよう に」契約し、その後、250ccクラス(現Moto2クラス)を経てMotoGPにステップアップさせたことも紹介しています。

講演内容:MotoGPで勝つための戦略、裏事情をHRC中本氏が明かす - Car Watch

 

現在motoGPのホンダワークスチームはマルケス選手とペドロサ選手とチームのライダーはいずれもスペイン人。

そしてチームのメインスポンサーもスペインの石油関連企業であるレプソルということで、まるでスペインチームのよう。

1990年台は日本人ライダーが大活躍していましたが、またそんな時代が戻ってきて欲しいものです。