Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

知ってるとちょっと便利!メーカー別エレベーター行き先階押し間違えキャンセル方法

エレベーター

エレベーターに乗っていて困るのが、目的の階のボタンを押し間違えた時。

自分がやってしまった場合で、同乗者が多い時なんかは気まずい気持ちになった、申し訳ない気持ちになったりしちゃいますよね。

そして、逆に他人がやった場合なんかで急いでいる時なんかは、誰も降りない階に止まったりしてイライラしますよね。

そんな時に知ってると役立つのが行き先のキャンセル方法。

1990年以降に製造されたエレベーターには省エネのため行き先のキャンセル機能が搭載されています。

キャンセル方法はエレベータの製造メーカによって異なっていて、以下のようになっています。

エレベーター製造メーカ別行き先キャンセル方法

メーカー 行き先階のキャンセル方法
三菱電機 キャンセルしたい階のボタンを2回連続で押す。
キャンセルしたい階のボタンを長押しする。
パナソニック
(松下電工)
キャンセルしたい階のボタンを2回連続で押す。
日立ビルシステム キャンセルしたい階のボタンを長押しする。
階のボタンを全てを押す。
東芝エレベータ キャンセルしたい階のボタンを2回連続で押す。
キャンセルしたい階のボタンを3回連続で押す。
キャンセルしたい階のボタンを押して点滅中に再度押す
日本オーチス 扉が開いている時に「開」ボタンを押したままキャンセルしたい階のボタンを押す。
フジテック キャンセルしたい階のボタンを2回連続で押す。
キャンセルしたい階のボタンを5回連続で押す。

見てわかるように大体は「キャンセルしたい階のボタンを2回連続で押す」事で行き先をキャンセル出来ます。

行き先に急いでいて、間違って行き先の階ボタンを連打して階数が点滅した記憶がある人は多いのではないでしょうか。

車いす用のボタンは通常のボタンと異なった機能になっているを知っていますか?

エレベーターには車いす用の方向けに別にボタンが用意されていると思います。

何気にこのボタンの方が押しやすかったりして、利用している方もいると思いますが、これらは通常のボタンと若干機能が異なっているのをご存知でしょうか?

例えば、「開」「閉」ボタンなんかは通常のボタンよりも長い時間開いたり、閉じるのに時間がかかるように設計されているんです。

エレベーターの機能て普段意識しませんが、知っておくと日常生活がほんの少し快適になるかもしれません。