Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

LINE Payへ銀行口座とATMからチャージする方法

還元率2%で人気のプリペイドカード「LINE Pay」を利用し始めました。

LINE Payの最大のデメリットというか使い難いところは、住信SBIネット銀行や楽天銀行といった主要なネット銀行を利用したチャージが出来ないことや、クレジットカードを利用したチャージが出来ないところです。

※以前はファミマTカードを利用したクレジットカードチャージが可能でした

 

LINE社もその辺は理解しているのか、2017年10月からコンビニ最大手のセブンイレブンにあるセブン銀行のATMで「LINE Pay」へのチャージが出来るようになりました。

【LINE Pay】セブン銀行ATMで出入金が可能に&記念キャンペーン実施決定! : LINE公式ブログ

 

そして、12月にはネット銀行の大手であるジャパンネット銀行からもLINEPayへチャージできるようになりかなり利便性が向上してきました。

LINEPayへジャパンネット銀行口座からチャージ

まずLINEアプリでLINE Payを開いてチャージをタップします。

LINEアプリ内のLINEPay

LINEアプリ内のLINEPay

チャージ方法の一覧が表示されるので、銀行口座を選択します。

LINE Payのチャージ方法一覧

LINE Payのチャージ方法一覧

チャージに使う銀行を設定

LINE Payのチャージに対応している銀行が一覧で表示されます。

その中にジャパンネット銀行がありますので、そこをタップします。

LINE Payのチャージに対応している銀行一覧からジャパンネット銀行を選択

LINE Payのチャージに対応している銀行一覧

次に銀行口座が本人の口座なのかを確認するために、氏名と生年月日の他に銀行口座の情報を入力します。

本人確認用情報を入力

本人確認用情報を入力

利用規約と申込み内容が表示されます。

LINE Payとジャパンネット銀行口座を連携

LINE Payとジャパンネット銀行口座を連携

最後にジャパンネット銀行のワンタイムパスワードの入力が求められます。

ワンタイムパスワードの入力

ワンタイムパスワードの入力

ジャパンネット銀行のワンタイムパスワードは、口座開設時に提供された機器に表示されるようになっていますので、その数字を入力します。

ジャパンネット銀行のワンタイムパスワードが表示される機械

ジャパンネット銀行のワンタイムパスワードが表示される機械

これで銀行口座からLINE Payへのチャージ設定完了です。

チャージボタンをタップして、チャージします。

LINE Payへの銀行口座からのチャージ設定完了

LINE Payへの銀行口座からのチャージ設定完了

LINE Payへチャージする銀行口座は複数設定できるので、どの口座からチャージするかを選択します。

チャージする銀行口座を指定

チャージする銀行口座を指定

最低チャージ額は100円

続いてチャージする金額を指定します。

 

チャージ額を入力します

チャージ額を入力します

チャージは最低100円からとなっています。

100円以上であれば、任意の金額をチャージすることが出来ます。

チャージする額を指定すると、スマホのロック解除パスワードの入力が求められるので入力します。

チャージの際にスマホのパスワードが必要

チャージの際にスマホのパスワードが必要

これでLINE Payへのチャージは完了です。

 

チャージ完了

チャージ完了

 

 

セブンイレブンにあるセブン銀行ATMからのチャージ

今回実際にセブン銀行のATMを利用してLINEPayへのチャージをやってみたので、利用法を紹介しつつ、お勧めのチャージ方法を解説したいと思います。

尚、セブン銀行ATMを利用したチャージでは、LINEPayカードを利用した方法と、カードが無くてもチャージ可能な2通りの方法があります。

カードを使ったセブン銀行ATMでのチャージ方法

LINEPayカード

LINEPayカード

「LINE Pay」カードを利用したチャージの方が、カードを利用しないチャージよりも簡単でお勧めです。

セブン銀行のATMに通常のキャッシュカードと同じように、LINEPayのカードを入れます。

そうすると、LINEPayのチャージをするか、出金するかの画面が表示されます。

セブン銀行でLINEPayの入出金

セブン銀行でLINEPayの入出金

入金を選ぶと、通常の銀行口座への入金と同様にATMへ紙幣を投入します。

尚、ATMを利用したチャージの場合、最低入金額は1000円からとなっています。

紙幣の投入が完了したら、ATMの画面で金額を確認して確認を押します。

LINEPay入金額確認画面

これで入金完了です。

利用明細票にもLINE Payでの取引であることが記載されます。

LINE Payの利用明細票

また、LINEへセブン銀行ATMからチャージされたことが通知メッセージで届きます。

LINEへセブン銀行ATMでチャージされた通知

LINEへセブン銀行ATMでチャージされた通知

カードを使わずにセブン銀行ATMでチャージ方法

次は、「LINE Pay」カードを使わずにセブン銀行ATMでチャージする方法について紹介します。

カードを忘れてしまった場合なんかに使えます。

必要なのは、スマホのLINEアプリだけです。

まず、セブン銀行ATMでカードを入れない状態で「スマートフォン出金・入金」を選択します。

セブンイレブンでLINEPayにチャージ

QRコードがATMの画面に表示されます。

この状態で、LINEアプリのLINEPayメニューを開いて、残高の横に表示されている+ボタンをタップします。

アプリからLINEPayにチャージ

アプリからLINEPayにチャージ

次に、セブン銀行ATMを選択します。

セブン銀行ATMでLINEPayにチャージ

セブン銀行ATMでLINEPayにチャージ

下の画面が表示されるので、「次へ」をタップすると、カメラが起動してQRコードの読み取りモードになります。

セブン銀行ATMの画面にQRコードが表示されているので、それをスマホのカメラで読み取ってください。

セブン銀行ATMのQRコード

セブン銀行ATMに表示されるQRコード

QRコードの読み取りに成功すると、企業番号の入力画面になります。スマホの画面に表示された企業番号を入力して、確認ボタンを押してください。

LINEPaytチャージの企業コード

LINEPayチャージの企業コード

後は、カードでチャージする場合と同じで、チャージする金額の紙幣をATMに投入します。

QRコードを使ってLINEPayにチャージした場合は、以下のように明細票の取引内容にQRが記載されています。

QRコードでLINEPayにチャージ

QRコードでLINEPayにチャージする場合の明細票

セブンイレブンのATMで2通りのチャージ方法を利用しましたが、「LINE Pay」カードを使ったチャージの方が簡単です。

カードを忘れてしまったり、持っていない場合のチャージ方法では、いちいちスマホアプリを起動して、QRコードの読み取りモードにしないといけないので手間でした。

とはいえ、カードをいつも持っているとは限らないので、そういった場合でもチャージできる手段が用意されているのは考えられているなと感心しました。