Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

LINEモバイルが他のMVNOに続いて2月から初期費用を3400円に値上げ

NTTドコモのMVNOとして格安SIMを提供しているLINEモバイルが2月1日から初期費用を3000円(税抜き)から3400円(税抜き)に値上げすることを発表しました。

これまでは登録事務手数料として3000円だけだったのが、そこにNTTドコモのSIMカード発行手数料400円が上乗せされる形となります。

 

NTTドコモ MVNO各種費用

https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/corporate/disclosure/mvno/business/gaiyou.pdf

 

石川温のスマホ業界新聞:NTTドコモがMVNOに394円のSIM発行手数料を徴収――ビジネスモデルの変更を余儀なくされる格安スマホ会社たち - ITmedia Mobile

 

尚、SIMカード発行手数料を徴収するのはLINEモバイルが初めてではなく、既に昨年10月にはFREETELなど他のNTTドコモのMVNOでも同様に手数料を徴収しているところもあるので、逆に今まで徴収していなかったのが良心的なほどです。

FREETEL、10月よりSIMカード発行時に394円の「docomo SIM発行料」を請求 | MVNO&格安SIMインフォ

LINEモバイルの初期費用の値上げを回避するには

この400円の手数料を回避するには、2017年1月31日までに本人確認書類アップロードが完了し、お申込み受付完了のメールが送付される必要があります。

LINEモバイルのサイトからいきなり契約した場合はもちろんのこと、Amazonでエントリーパッケージを購入する場合も同様です。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルは現段階では格安SIMの中において、通信速度がダントツの状態です。

LINEモバイルの速度について最新状況を随時更新中

 また、LINEだけでなくTwitter、Facebook、Instagramの通信についてはデータ容量をカウントしない所謂カウントフリーになっているので契約を検討している方もいると思います。

そういったLINEモバイルとの契約を検討している方は1月中にどうするか決断を迫られることになりますね。