Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

iOS11ベータ版の新機能やスクリーンショットをブログやTwitterで公開するのは機密保持契約違反です

iOS11パブリックベータ

6月27日から誰でもiOS11の新機能を無料で試せるパブリックベータ版の提供が始まりました。

https://beta.apple.com/sp/betaprogram/

 

早速私もインストールして色々触って楽しんでいます。 

www.zbuffer3dp.com

しかし、このパブリックベータ版を利用する上で注意事項があります。

特にTwitterやフェイスブックといったSNSを利用している人で利用規約や契約をちゃんと読まないまま利用してしまっている人は注意が必要です。 

新機能情報の一部は機密情報、特にSNSへの投稿に注意

iOS11の新機能をいち早く体験すると、まだどこでも紹介されていないような細かい変化点に気づくことがあります。

そしてそういった事をTwitterやブログを通じて”こんな便利な機能あったよ!”と知り合いやフォロワーに共有したくなるものです。

しかし、開発者向けβ版やパブリックベータ版の利用契約内容やFAQを確認すると下記のように書かれており、AppleがWWDCで行ったiOS11に関する発表やホームページで公開している情報を除いた新機能の内容や、iPhoneの画面を記録したスクリーンショットなどを公開することは機密保持契約違反(NDA違反)となります。 

質問:パブリック・ベータ・ソフトウェアは機密情報ですか?

回答:はい、パブリック・ベータ・ソフトウェアは Apple の機密情報です。そのため、自分が直接管理していないシステムやほかのユーザと共有しているシステムにパブリック・ベータ・ソフトウェアをインストールすることや、スクリーンショットを公開または投稿すること、パブリック・ベータ・ソフトウェアに関する情報を Twitter などのサービスで公開すること、Apple Beta Software Program の参加者以外の人にパブリック・ベータ・ソフトウェアの話をしたりその画面を見せたりすることなどは禁止されます。ただし、Apple がパブリック・ベータ・ソフトウェアに関する技術情報を公開した場合、その情報は機密扱いではなくなります

引用:https://beta.apple.com/sp/betaprogram/faq?locale=ja

 

Appleが一般向けに公開している情報

AppleがiOS11の新機能について一般向けに公開している情報としては、WWDCでのプレゼン動画やiOS11の新機能説明ページがあります。

www.apple.com

www.apple.com

一般公開されているiOS11の新機能

Appleから一般向けに公開されているiOS11の新機能としては、以下のような機能が公開されています。

  • iMessageアプリのインターフェイス更新
  • iMessageアプリ内にApplePayの機能が追加され個人間で送金可能に
  • Siriの機能改良、一部言語間での翻訳に対応
  • カメラで撮影した静止画や動画のフォーマットがHigh Efficiency Image File Format (HEIF)に変更されて、ファイルサイズが削減
  • ライブフォトの編集機能
  • コントロールセンターのカスタマイズが可能に
  • マップアプリで一部都市の建物内の表示が可能に
  • 運転モード「Do Not Disturb While Driving」の追加
  • サードパーティー製アプリからApple Musicに直接アクセスが可能に
  • App Storeのインターフェイスが全面的に変更、ランキングが廃止に
  • キーボードの片手操作用モード追加と、iPadでは新しいQuickTypeキーボードによって、数字や記号、句読点をすばやく表示できるようになっています。
  • iPad専用の機能として"ドック"表示、"ドラッグ&ドロップ"機能や"Filesアプリ"といったパソコンチックな機能が提供

これらの情報については、β版利用者に限って提供している情報ではないので機密情報にはあたりません。

しかし、ここに列挙されていないβ版利用者にしか分からない情報については機密情報にあたるため、ブログやTwitter、フェイスブックなどのSNSで情報を公開することは機密保持契約違反(NDA違反)となります。

iOS11β版の画像なんかを公開してしまっているブログやTwitter

さきほど紹介したAppleが一般向けに公開している以外にβ版を利用したことで分かった情報を公に公開してしまっているブログは多数あります。

appbankやgori.meのように規模の大きなところから、個人ブログまで多岐に渡ります。

www.appbank.net

gori.me

kiwipan.hatenablog.com

mac-iphone-2017.hatenablog.com

Twitterでも、検索してみるとiOS11ベータ版の画面をスクリーンショットを撮って、公開してしまっている人が結構います。

Appleのベータ版インストールページのFAQや契約書を見ればわかるはずなのですが、これらを見ていないのか、無視しているのか・・Appleには契約で謳うのであれば厳密に対処して欲しいところです。

 中には、ちゃんとFAQや契約書を読んでいる人もいて、NDAを無視している人達を心配しているツイートも見かけます。